季節のイベント

ホワイトデーのお返しで脈ありか見分ける方法は?男子中学生の本音やあるあるを調査!

1年に1度の告白チャンスであるバレンタインデー。好きな人に気持ちを込めて贈り物をする女子も多いでしょう。

そしてホワイトデーは「本命の彼はどんなお返しをしてくれるのか」と気になりますよね。

そこで今回は中学生男子のホワイトデーのお返しで脈あり・なしを見分ける方法について調査しました!

ホワイトデーのお返しで脈ありか見分ける方法は?

ホワイトデーのお返しで脈ありか見分ける方法は?

ホワイトデーといえば定番のお返しがお菓子ですよね。

そのお菓子によって意味も様々で、マカロンであれば「特別な人」、マシュマロであれば「友達として好き」、クッキーであれば「ただの友達」という意味になります。

中学生でマカロンをお返しされたら・・・かなり「脈あり」なのではないでしょうか!

しかし最近は昔ほどこだわりはなく、特に中学生男子だと意味は考えていない人が大半です。

お返しがマカロンのように特別なお菓子でなくても、自分が好きなチョコをくれたりしたら嬉しいですよね。

もちろんまだ中学生ですから、「お返しなし」という結果もあるかと思います。

ホワイトデーのお返しで脈ありか見分ける方法は?

単純に「お返しがめんどくさい」「何を選んだらいいかわからない」という中学生は多いと思います。

昔は「バレンタインデーのプレゼントの3倍をホワイトデーでお返しする」という暗黙のルールがありましたが、ここ近年でそんな意識をもっている人はごくわずかです。

しかし、ほとんどの女子は「最低でも同じ金額くらいのお返しがほしい!」と思っていることでしょう。

たとえば1000円のチョコレートを贈ったのであえば、最低でも1000円以上でないと損な気分になりますよね。

しかし、中学生男子は想像以上に金額について無頓着です。

中学生の場合、お返しの平均相場は本命:1000円~1500円、義理:500円未満とかなり低額

まだ中学生でバイトもしていないでしょうから、これくらいが妥当でしょう。

お小遣いの範囲内でお返しを考えてくれただけでもすばらしいことですよね。

中学生の場合はプレゼントの価格よりも、ちゃんとお返ししてくれたことに意味がありますね。

バレンタインデーからホワイトデーまでは1か月もありますから、そこでお返しをくれるか・・・ドキドキしてしまいますね。

ホワイトデーのお返しで脈ありか見分ける方法は?

脈ありの可能性が高ければ、ホワイトデーに本命の方から告白してくれるというパターンもあるでしょう。

ホワイトデーはバレンタインデーに比べて盛り上がりに欠けることが多いので、告白するタイミングを失う場合もありますね。

また中学3年生だと卒業・受験シーズンですから、春休みに持ち越すなんて人もいるかもしれません。

男子中学生の本音やあるあるを調査!

前述したように、男子中学生はお返しの意味をほとんど意識していません。

そのため、思っていたお返しと違ってもがっかりするのは早いです。中学生男子は特別で、イベントにそもそも無頓着だったりします。

恋愛経験も乏しいので、本当は本命なんだけど、お返しができなかった、というパターンがあります。

また、女子の好みがわからないので、コンビニに売っているような安いスイーツで済ませる男子も多いでしょう。

反対に本命であれば、お返しをリサーチしたり、女性側にほしいものを聞いてくるかもしれません。

そして中学生といえども女子であれば、本命以外の男子にもバレンタインを渡すこともあるでしょう。

ホワイトデーのお返しで脈ありか見分ける方法は?

あくまでその他大勢なんですが、人付き合いや部活の中で渡したりしますよね。

しかし、本命以外の男子にバレンタインをあげるのは、仲のいい友達でもなるべく控えた方がよいかもしれません。

中学生男子はとてもデリケートなので、その気になって傷つくことが多いです。

本命に勘違いされないように、配るのであれば手の込んでないものにするいといいですね。




まとめ

今回は中学生男子のホワイトデーのお返しで、脈ありかどうか見分ける方法について紹介しました!

中学生ということで品物の金額自体は低いと思いますが、お返しをくれる時点で結構脈ありであることがわかりました。

中学生男子は女子とうまく接せなかったり、イベントに無頓着だったりしますよね。

決して思い通りのお返しでなくてもがっかりしないようにしましょう!