季節のイベント

【2021最新】ゴールデンウィークの学校の休みはいつからいつまで?

少し気が早いですが、2021年のゴールデンウィークが気になる方も多いと思います。

お子さんがいらっしゃれば、学校のお休みはいつからいつまで?と気にする方も多いでしょう。

今回は、2021年のゴールデンウィークは学校の休みがいつからいつまで?について調査しました!

2021年のゴールデンウィークの学校が休みの期間はいつからいつまで?

2021年のゴールデンウィークは、土日と祝日が重ならず、振替休日が無いのが特徴です。

カレンダーを見てみると、通常であれば5月1日(土)~5月5日(水・祝)が休みとなっています。

お子さんからすればもっと休みたいと思うかもしれませんが、休みが続くと休み明けが億劫だったり、家での食事の支度など大変な面もありますよね。

ゴールデンウィークはもともと、1948年に施行された「国民の祝日に関する法律」から生まれました。

4月末~5月初めの1週間は映画館入場者数が増加するため、大日本映画製作株式会社(大映)が放送業界用語の「ゴールデンタイム」をヒントに作りました。

「最高に素晴らしい1週間」ということで、「黄金週間」=「ゴールデンウィーク」となったのです。

ゴールデンウィークは毎年変わり、振替休日があるか無いかで関わっています。

【2021最新】ゴールデンウィークの学校の休みはいつからいつまで?

「国民の祝日」が日曜日であれば、直後の「国民の祝日でない日」が休日になります。

その前日および翌日が「国民の祝日」である場合は、休日になります。

そして、2021年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催にあたり、「国民の祝日に関する法律」の特例が施行されました。

2021年に限り、「海の日」は7月22日(木)に移動、「スポーツの日」は7月23日(金)に移動となります。

「山の日」は8月8日(日)に移動するので、8月9日(月)は振替休日になります。

紙のカレンダーだと印刷が間に合わずに変わっていない場合があるので、注意が必要ですね。

2021年ゴールデンウィークの休み期間は最大で何連休取れる?

2021年のゴールデンウィークは、カレンダー通りの休みの場合は5/1(土)~5/5(水)
となります。

4/30に休暇をとれば、4/29から最大で7連休にもなりますね。

もし4月26日~28日、30日、5月6日、7日と6日間有給を取得できれば、なんと16連休になります!

この機会にゆっくりと大型連休を過ごすのも良いですね。

一般的には5日間となる2021年のゴールデンウィークですが、業種や企業によっても期間が変動しますね。

行政機関や銀行・郵便局に勤めている方は、完全にカレンダー通りなので、5日間の連休となるでしょう。

ゴールデンウィーク期間中でも、平日であれば窓口開設期間となります。

福利厚生に厚い会社や、工場などの製造業は、生産の関係で4月30日(金)を休みにする場合があります。

【2021最新】ゴールデンウィークの学校の休みはいつからいつまで?

そうなると、4月29日(木)~5月5日(水)の7連休になりますね。

コロナ禍でなければ遠出の旅行でもしたいところですが・・・近場で済ましたり、ゆっくり帰省する方もいるかもしれません。

一方、サービス業や飲食店は繁忙期となりますので、ゴールデンウィーク期間は休む暇がありませんね。

ショッピングモールやフードコート、行楽地は人でにぎわいますので、ゴールデンウィークは休みが無いでしょう。

5月になると汗ばむ陽気になって、お出かけするにはとても良い時期ですよね。

感染対策をばっちりしてお出かけするのもいいですし、自宅でゆっくり過ごすのも良いですね。




まとめ

今回は、ゴールデンウィークの学校休みについて紹介しました。

カレンダー通り5月1日(土)~5月5日(水)がお休みという学校がほとんどでしょう。

社会人は業種によっては有給取得が可能で、最大4月29日(木)~5月5日(水)の7連休になる人も出てきそうです。

それぞれのゴールデンウィークを有意義に過ごしたいですね!