トレンド

橋本聖子の子供の現在!障害の噂やキラキラネームについて調査

橋本聖子さんは、なんと子供が6人もいるそうです!

そして、お子さんの名前がキラキラネームだったり、障害があるなんて噂も・・・

今回は、橋本聖子さんの子供の現在について、調査しました。

橋本聖子の子供の現在!

橋本聖子さんは、1998年に石崎勝彦さんと結婚しています。

年齢は9歳年上で、職業は警察官をしていたそうです。

石崎さんは警察官として農林水産大臣のSPをしており、そのことがきっかけで橋本聖子さんと出会いました。

スポーツを引退し、政治家という慣れない仕事で、精神的に追い詰められていた橋本聖子さんを救ったのが、夫の石崎勝彦さんでした。

石崎勝彦さんには死別した奥さんおり、娘2人、息子1人の計3人連れ子がいました

「結婚相手は警視庁に勤める警察官で、当時の農林水産相のSPを務めていた。ご主人は死別した前妻との間に子供がいて、聖子さんは当時中学生の長女を頭にいきなり3人の子供の母になったのです」
週刊現代より引用

橋本聖子さんと再婚した際は、すぐに子供たちも「お母さん」と呼んでくれたそうで、大変嬉しかったと話します。

結婚当初、橋本聖子さんは年齢的な面もあって自然妊娠をあきらめていました。

しかし、奇跡的にお子さんを授かり、2000年4月に第一子となる女の子が誕生しています。

6人のお子さんたちの情報は、以下の通りです。

  • 長女・・・先妻の子、年齢不明
  • 次女・・・先妻の子、年齢不明
  • 長男・・・先妻の子年齢不明
  • 三女・・・実子、年齢21歳
  • 次男・・・実子、年齢17歳
  • 三男・・・実子、年齢15歳

橋本聖子さんのお子さんたちは現在、大学生、高校生、中学生になりますね

長女は日大のスポーツ科学部に入学しているそうで、女子競泳選手の池江璃花子さんと同じ学年だと話していました。

次男は中学2年生のときに、豊島区春季陸上競技大会で100mタイムレースに出場しています。

麹町中学の代表として出場していたそうで、現在はどこかの高校に進学しているはずです。

麹町中学は議員宿舎がありますし、当時はそこに住んでいたのでしょう。

三男は現在高校に入学する歳ですが、どこの学校に入ったかは定かではありませんでした。

橋本聖子さんが長女を出産した際は、35歳でした。今でこそ当たり前の年齢ですが、当時は高齢出産の範囲だったと思います。

さらにその4年後、2004年のアテネオリンピックイヤーで第二子をさずかり、石崎家にとっては次男が誕生します。

そしてさらにその2年後には、2006年のトリノオリンピックイヤーで、石崎家にとっての三男が誕生しています。

橋本聖子の子供に障害の噂が!キラキラネームって本当?

2000年のシドニーオリンピックの年にうまれた長女は、聖火にちなんで「せいか」と名付けられました。

そして、アテネオリンピックの2004年に誕生した長男は、「亘利翔(ぎりしゃ)」と名付けられます。

最後に、トリノオリンピックの2006年に誕生した次男は、「朱李埜(とりの)」と名付けました。

当時はキラキラネームという事で、ネットでも批判を浴びます。しかし、子どもたちは特に気にしていないようで、気に入っているそうです。

もともと、橋本聖子さんがオリンピックイヤーに子供を産みたいと思っていたため、そのとおりに全員授かるというのはすごいことですよね。

3人の子供たちはそれぞれ、オリンピック出場を目指してスポーツに打ち込んでいるそうです。

橋本聖子さん自身も、日本で初めて東京オリンピックがおこなわれた年に誕生し、オリンピックにちなんで「聖子」と名付けられました。

その名の通りにスポーツの才能に恵まれ、3歳から始めたスピードスケートと自転車競技で、7つのオリンピックに出場することとなります。

これは、日本女子史上最多の記録となっています。

そんな橋本聖子さんのお子さんたちですが、障害があるという噂があるようです。

しかし、この件は完全なるガセネタのようですね

国会議員の野田聖子さんのお子さんが障害があることを公表しているので、情報が混同してしまったのかもしれません。

野田聖子さんは、講演会の中でも自身の子供の障害について、お話をしています。




まとめ

今回は、橋本聖子さんのお子さんについて、紹介しました。

夫の連れ子と実子、計6人のお母さんとして、日夜奮闘している橋本聖子さん。

子供たちにはオリンピックにちなんだ珍しい名前をつけたことでも話題ですが、本人たちは気に入っているようですね。

これからの活躍も楽しみですね!