トレンド

映画「ジョーカー」をまだ見る方法はある?お蔵入りする前に視聴する方法を調査!

2019年に公開され、世界的大ヒットとなった映画「ジョーカー」。

「バットマン」シリーズに登場する悪役ジョーカーをベースにしたオリジナル作品ですが、2021年のハロウィンに起きた京王線無差別殺傷事件の影響で、地上波での放送ができなくなる恐れがあります。

今回は、映画「ジョーカー」がお蔵入りする前に視聴する方法について、調査しました!

映画「ジョーカー」をまだ見る方法はある?

2019年に公開された映画「ジョーカー」。バットマンシリーズに登場する悪役で、今まで数多くの俳優が演じてきましたが、今回のジョーカーは名優ホアキン・フェニックスが熱んしています。

世界中で大ヒットを記録し、ホアキン・フェニックスはアカデミー賞主演男優賞を受賞し、世界三大映画祭の「ベネチア国際映画祭」最高賞である金獅子賞を受賞しています。

そんな大ヒット作品ですが、現在〝完全お蔵入り〟の大ピンチを迎えているそうです。

2021年10月31日、ハロウィンの日に起こった悲劇。京王線特急の京王八王子発新宿行きの電車内で、男が人を刺し、車内に放火するという事件が起こりました。

ハロウィンで沸いている人々をあざ笑うかのような犯行で、車内は逃げ惑う乗客たちでパニックとなりました。

「特徴的だったのは、服部容疑者が映画『ジョーカー』を思わせる派手なスーツを着ていたことです。警察の取り調べに対し、同容疑者はジョーカーへのあこがれを口にしています」とは捜査関係者。

Yahooニュースより引用

2019年に公開された「ジョーカー」は、精神的な問題や貧困に苦しんでおり、コメディアンを目指すものの、突然笑い出してしまう病気を患っており、やがて常軌を逸していきます。

「もう地上波での放送は無理ですよ。容疑者が憧れたように、映画ではジョーカーが電車内で人を殺害するシーンがある。しかも、最近同容疑者にならうかのように電車内での凶行が相次いでおり、完全にお蔵入りになるでしょう。放送すれば『犯罪を助長するつもりか』と批判されかねませんからね」

Yahooニュースより引用

もともとこの作品はR15指定だったので、地上波で放送するにはハードルは高かったのですが、うまくいけば可能だったはずです。

視聴率もかなりの数字が期待できましたが、今回の事件で地上波の放送は絶望的のようです・・・

映画「ジョーカー」がお蔵入りする前に視聴する方法を調査!

2021年現在、映画「ジョーカー」を視聴できるサイトはいくつかあるようです。

中には無料で見ることができる動画配信サイトもあるので、一つずつ見ていきましょう。

1.Amazonプライムビデオ

映画『ジョーカー』の動画は、Amazonプライムビデオで見放題で配信されています。

Amazonプライムビデオは30日間の無料お試し期間があるのが特徴で、この期間中は、見放題作品の動画全てが無料で見ることができます。

サブスクリプションサービスの中でも無料期間が長く、話題の映画やアニメ、ドラマなども多数そろっているので、お勧め度が高いです。

Amazonプライムは月額500円(税込)ですが、30日の無料お試し期間中に解約すれば、全て無料で見ることができます。

アマゾンプライムビデオで「ジョーカー」を視聴する>>

2.U-NEXT

U-NEXTは、見放題作品数が国内最大となる21万本を誇る動画配信サービスとなっています。

特典でもらえる600ポイントを使れば、映画「ジョーカー」をフルで視聴することができます。

U-NEXTには31日間の無料お試し期間があるので、映画『ジョーカー』以外にも、見放題作品は全てフルで無料視聴できます。

U-NEXTは人気の邦画、アニメ映画、海外ドラマや韓国ドラマといった、幅広いジャンルの作品を楽しむことができます。

継続特典として毎月もらえるポイントがあるので、ポイントを駆使すれば有料で配信される新作映画も見ることができます。

U-NEXTで「ジョーカー」を視聴する>>

3.music.jp

music.jpは、映画やアニメのみならず、音楽や電子書籍などのコンテンツも楽しめます。

映画『ジョーカー』の動画はフルでレンタル配信されているのですが、music.jpには30日間の無料お試し期間があります。

映画『ジョーカー』は、無料期間中にもらえるポイントを使えば、無料視聴可能です。

ポイントは登録直後に付与されるので、無料体験中に通常ポイント600円分+動画ポイント1,000円分を使うことが可能です。

music.jpで「ジョーカー」を視聴する>>

まとめ

今回は、映画「ジョーカー」がお蔵入りする前に視聴する方法について、紹介しました。

京王線でおこった痛ましい事件が原因で、名作映画がお蔵入りする可能性が出てきてしまいましたね。

いまのところAmazonプライムビデオで見放題なので、この機会にぜひ無料お試し期間から入会してみてはいかがでしょうか。

アマゾンプライムビデオに登録する>>