ドラマ

【下町ロケット2】第四話ネタバレ感想!殿村の退社理由が感動的!見逃し配信もあります!

こんにちは、はるかぜです(@harujournal)

2018年11月4日(日曜日)に下町ロケット2の第4話が放送されました!

見ましたか?

見逃してしまった方は、Tverで11月11日(日曜日)の20:59まで見れますよ!

 

【下町ロケット2】第三話の簡単なあらすじとネタバレはこちらもどうぞ!

下町ロケット2第三話ネタバレ アイキャッチ
下町ロケット2第三話ネタバレ感想!田植えのシーンがいい!見逃し配信あります!こんにちは、はるかぜです(@harujournal) 2018年10月28日(日曜日)に下町ロケット2の第3話が放送されました! 見...

 

【下町ロケット2】第四話のあらすじ、ネタバレ、感想を書いていきたいと思います。

下町ロケット2第四話あらすじ・ネタバレ

第三話では、ギアゴーストの内通者について言及されたところまででした。内通者は一体誰なのでしょうか?

ギアゴーストの中に内通者がいるのではないか、と言われ、社員を信用している丹波は神谷をよく思わないでいた。

神谷がいろいろ調べていくと、ある雑誌に末永が中川と知り合いであるという証拠が載っていることに気づき、末永と中川が親しい仲であることに気づく。

そのことを神谷は伊丹と島津に伝えた。驚きを隠せない二人は、15億について中川と話した後、末永に中川と親しい仲であったりするなら、なんとかもう一度話し合いができないか、と相談を持ちかけるが、末永に知り合いではない、と嘘をつかれる。

それがきっかけで、二人も末永を疑うようになる。

そこへ、中川の弁護士事務所から伊丹に連絡が入ったので、島津には伝えず伊丹は1人で弁護士事務所へ戻ることに。

弁護士事務所へ戻ると、ある会社がギアゴーストを買収したい、と言っている、と伊丹に伝える。

その会社は、伊丹が帝国重工時代に下請け切りした会社の息子(古舘伊知郎)が経営している会社ダイダロスだった。

ダイダロスがギアゴーストを買収したい

しかし、条件は現在のギアゴーストの社員は切り捨てなければならない、というものだった。伊丹はこの条件はのめない、と買収を断る

なぜなら帝国重工時代に下請け切りを公開していた伊丹の信念は、社員は何がなんでも守り抜くと決めたからだった。

ダイダロスはどうしてもギアゴーストを手に入れたい

邪魔なのは佃製作所

そして、ついに裏切り者が発覚!

神谷が睨んだ通り、ギアゴーストの弁護士末永弁護士が中川と繋がっていました

裏切り者は末永でした。

 

一方、佃たちは論文の中からギアゴーストを救う手立てを探すことにした。1パーセントでも救える可能性があるなら諦めない

佃が娘との会話からヒントを得て、学生時代の論文を探して見ると、そこにある論文が見つかった。

神谷は負ける裁判はやらない主義だが、この論文が見つかったおかげで、裁判に勝つ手立てが見つかり、神谷が弁護を担当することに。

 

父が病気で倒れた殿村は、実家を手伝っていた。心臓を患った父は田んぼを譲る決意をする

最初をそれを勧めていた殿村も、父が田んぼに頭を下げる姿を見て、心を打たれる。

 

農業で食べていくのは大変だから、自分は違う道を選んだけど、やっぱり…

そして、殿村が会社を辞める意志を佃に伝えた。

佃は、「殿がいなければ会社はなかった、殿村には感謝しかない

今度は俺にお前の背中押させてくれ」と、殿村の退社を受け入れた。

殿村は、「この裁判だけはみんなと最後まで戦わせてください」と裁判までは残ることを約束する。

論文が見つかり、これで裁判は万全!と思われたが、

この論文だけでは証拠としては不十分であることがわかる。そして、このままでは負けてしまうことを伝えられる。

下町ロケット2第四話感想と次回予告

第五話で、ゴースト編が完結します!

今回は、殿村が会社を辞める決意をしました。田んぼに向かって手を合わせる殿村父の姿には心を打たれました。先祖代々守ってきた田んぼを手放さなければならない気持ちを思うと目頭が熱くなりました。

そして、その気持を受け継いだ殿村さん。

 

下町ロケット2次回予告はこちら

なんと!まださらなる裏切りがあるとは!!

内通者は末永だとわかったけど、まだ裏切り者がいるのか!?

もう一体誰を信じたらいいのかわからなくなりますね…

次は一体何がおきるのでしょうか!

そしてついに財前部長(吉川晃司)が出演されますよ!

下町ロケット2 財前

 

次週も楽しみですね!

スポンサーリンク