ネタバレ

【危険なビーナス】第2話ネタバレ感想!勇磨の意外な過去が明らかに!?

【危険なビーナス】第2話ネタバレ感想!

東野圭吾さん原作の小説をもとに、妻夫木聡さん主演でドラマ化され話題となっている「危険なビーナス」。

2020年10月11日に第一話が放送され、これからの展開が気になるところですね。

今回は第二話のネタバレ&感想をまとめてみました!

危険なビーナス第二話のネタバレ

第一話は、動物病院の獣医である伯朗(妻夫木聡)のもとに「弟の妻」を名乗る楓(吉高由里子)が突然現れるところから始まりました。

弟の明人(染谷将太)が突然姿を消し、その失踪には親族の誰かが関わっているといいます。

親族とは「矢神家」のことで、伯朗は連れ子だったため肩身の狭い思いをして育ちました。

母の死後は疎遠になっていましたが、弟の明人は総額30億円もの遺産を相続する権利があります。

そのため楓は当主が危篤状態になった今、遺産目当てで明人が誘拐されたと考えていました。

仕方なく伯朗は楓と共に矢神の屋敷へ向かい、養子・勇磨(ディーン・フジオカ)らと顔を合わせることになります。

そんな中、伯朗は楓の不思議な魅力に惹かれていき・・・・というお話でした。

そして気になる第二話は、「違う顔を見せる女…敵か味方か?仕掛けられた罠」というサブタイトルとなっています。

楓(吉高由里子)は牧雄(池内万作)に襲われそうになり、逆に呼び出すことになります。

しかし牧雄も何者かに襲われ、矢神家の誰かに口封じのためエスカレーターの上から突き落とされてしまいます。

そして今屋敷にいない、もしくは帰宅したばかりの人物怪しいとにらみます。

当主の妹・波恵(戸田恵子)、異母妹・祥子(安蘭けい)、祥子の夫で医師の隆司(田口浩正)、看護師の杏梨(福田麻貴)は在宅していました。

アリバイがないのは養子の勇磨(ディーン・フジオカ)と、佐代(麻生祐未)、車で戻ったばかりの使用人兼執事・君津(結木滉星)の3人です。

しかし、転落直前牧雄と連絡を取っていた楓はスマホの履歴から疑いの目が向けられてしまいます。

一方遺産相続争いで勝ちたい勇磨(ディーン・フジオカ)は、楓の正体を暴くためひそかに動き出すことに。

伯朗は楓を信じたい半面、楓の怪しい行動を目にしてしまい、だんだんと疑いをもつようになっていきます。




危険なビーナス第二話の感想とネットの声は?

危険なビーナス第二話放送終了後、ネット上での感想を調べてみました!

 

すでに犯人は誰か?真相は?という考察合戦が始まっているようですね!!




危険なビーナス第三話の予告動画

いよいよ10月25日には第三話が放送されますね!

伯朗(妻夫木聡)は、看護師の元美(中村アン)から楓(吉高由里子)が救急搬送されたと聞き、病院にむかいます。

しかし楓はすでに帰宅していたようで、伯朗はそのまま楓が住む明人(染谷将太)のマンションへむかいました。

楓は階段から突き落とされたと主張し、その犯人は誰だかはわからないのですが「いい匂いがした」ことは覚えているとか。

翌日、楓は矢神家を訪ね、当主・康治(栗原英雄)の病状がよくないことを聞きます。

そして叔母の波恵(戸田恵子)祥子(安蘭けい)を心配するふりをしてハグをし、「匂い」を確かめようとします。

康治の看護師・杏梨(福田麻貴)の髪からする匂いが、楓を突き落とした犯人と同じことに気づきました。

さらに、祥子の娘・百合華(堀田真由)もあやしいとにらみます。

楓は動物病院に行って伯朗に怪しい人物がいることを伝え、伯朗は百合華と会うように約束を取り付けました・

その一方、勇磨(ディーン・フジオカ)は楓が帰宅するのを待ち伏せており・・・



まとめ

今回は「危険なビーナス」の第二話ネタバレについて紹介しました!

物語が進むにつれ、楓の謎や勇磨の意外な過去が明らかになっていきますね。

次回、第三話も見逃せません!