ネタバレ

【危険なビーナス】第4話ネタバレ感想!アキトは見つかった?

危険なビーナスネタバレ

東野圭吾さん原作の小説をもとに、妻夫木聡さん主演でドラマ化され話題となっている「危険なビーナス」。

2020年10月25日に三ニ話が放送され、ますますこれからの展開が気になってきますよね。

今回は第四話のネタバレ&感想をまとめてみました!

\ドラマをイッキ見できるのはパラビだけ!/

危険なビーナスをパラビで一気見する

▲初回登録で2週間無料▲

危険なビーナス第4話のネタバレ

伯朗(妻夫木聡)百合華(堀田真由)から、母の祥子(安蘭けい)が置手紙を残して行方不明になったことを聞きます。

弟の明人(染谷将太)のケースと同じ状況になってしまったのです。

伯朗は一緒に探してほしいと頼まれますが、その昔、母・禎子(斉藤由貴)をいじめていた祥子を助ける気にはなれません。

伯朗が探すのを断ると、百合華は「このことは楓さんには言わないで」と言い残して帰って行きました

一方、楓(吉高由里子)は寝たきりの康治(栗原英雄)を看病するため矢神家を訪れていました。

 

波恵(戸田恵子)が遺産管理をどうするかについて康治に相談すると、康治は文字盤を使ってまばたきで『あきとをまて』と返しました。

仕事を終えた伯朗は、百合華のその後が気になってしまい、支倉家へ向かいます。

祥子の手掛かりを探すために百合華とともに家の隅々を調べます。

そして伯朗は、祥子の部屋でどこから届いたかわからない奇妙な手紙をみつけました。

なんとそこには「あなたは夫に殺される」と衝撃的な言葉がつづられていたのです。

まさか、祥子の夫・隆司(田口浩正)に殺された・・・?そして隆司の部屋も調べてみると、とんでもないものが発見されます。

その瞬間、伯朗は背後から何者かに口を塞がられてしまい・・・!?

危険なビーナス第4話の感想とネットの声は?

危険なビーナス第4話が放送されましたが、ネットではどのような感想があがっているのでしょうか?




危険なビーナス第5話の予告動画

動物病院で勤務中の伯朗(妻夫木聡)のもとに差出人不明の手紙が届きました。

その手紙には「今夜、康治が殺される」と書かれていたのです。

伯朗は楓(吉高由里子)元美(中村アン)と3人でランチにいき、手紙のことをうちあけました。

伯朗は誰かのイタズラだと深く気にしていませんでしたが、楓と元美は「誰かが康治さんを殺そうとしており、それを止めようとしているのでは」と考えます。

一方矢神家では、波恵(戸田恵子)が親族を集めて「開かずの間」を開けることになり、遺産を再確認しようとしていました。

そして禎子(斉藤由貴)の遺品もあるため、伯朗にも来てほしいといいます。

遺産をすべて手に入れるため、康治(栗原英雄)の殺害を企てていた祥子(安蘭けい)。

その殺害を今夜一族が”開かずの間”を確認中に実行することを君津(結木滉星)杏梨(福田麻貴)に宣言します。

矢神家を訪れた伯朗と楓は、康治が無事であることを確認します。

伯朗は育ての親・康治に対する複雑な思いを吐露し、楓は康治殺害計画を阻止するよう作戦を提案します。

楓はベッドの下にひそみ、伯朗は親族が揃う部屋へむかい、“開かずの間”を開ける時刻が近づいてきますが・・・



まとめ

今回は「危険なビーナス」第4話のネタバレ&感想について紹介しました!

回を重ねるごとに面白さがましてきていますよね。

次回「危険なビーナス」第5話も楽しみです!

\ドラマをイッキ見できるのはパラビだけ!/

危険なビーナスをパラビで一気見する

▲初回登録で2週間無料▲