ネタバレ

【七人の秘書】第5話ネタバレ感想!

七人の秘書

七人の秘書第5話ネタバレと感想

東都銀行の常務秘書・望月千代(木村文乃)は、幼い兄妹が東京都知事・南勝子(萬田久子)の乗った車に泥だんごを投げつけながら、「僕たちの家を返せ!」と怒鳴っているところに遭遇します。

2人を制止し、自宅まで送っていくことになりましたが、2人が住んでいるのは児童養護施設でした。

児童養護施設の職員に話を聞いてみると、勝子が老朽化したこの施設を“ハイクオリティーな児童施設”にリニューアルすると言い出したものの、突然その計画を撤回したといいます。

さらにその土地はもう東京都のものになっているので、子どもたちは住む場所を奪われてしまいます。

この突然の決定には、財務大臣・粟田口十三(岸部一徳)が裏で糸を引いているようで・・・

お金持ちだけが私腹を肥やし、貧しい子どもたちが泣きを見るという都知事のやり方に怒りをあらわにした千代は、秘書軍団に相談します。

都知事秘書・風間三和(大島優子)は、「そんなのよくあることでしょ?」と冷たくあしらい、この一言にイラっとした千代とは険悪ムードにになってしまいます。

さらに三和は、子どもたちを助けたいと立ち上がるほかのメンバーとも対立してしまいます。

そんな中、ラーメン店「萬」に粟田口がやって来ました。

すると店主の萬敬太郎(江口洋介)は表情を一変させ、千代たちの緊張感が高まります。

粟田口は、自分の周りの悪事を暴き、世間から葬っているのが「萬」ではないか?と疑っていたのです。

一方、裕福な家庭に育ったもののある闇を抱えてきた三和は、自分を認めてくれた萬のために、粟田口と自分のボスである勝子を成敗する決意をします。

秘書軍団は、まず勝子の弱点を探し始めますが・・・?




七人の秘書第5話の感想

※第5話放送後に追記します!




七人の秘書第6話の予告

※第5話放送後に追記します!



七人の秘書第55話の見逃し配信は?

七人の秘書は「abemaTV」で見逃し配信中です!

\初回登録は14日間無料でお試し/

ABEMAで7人の秘書を視聴する

全話一気見できるのはABEMAだけ!