ネタバレ

【危険なビーナス】第9話ネタバレ感想!楓の正体がついに判明!?

危険なビーナス9話9

東野圭吾さん原作の小説をもとに、妻夫木聡さん主演でドラマ化され話題となっている「危険なビーナス」。

2020年11月29日に8話が放送され、ますますこれからの展開が気になってきますよね。

今回は第9話のネタバレ&感想をまとめてみました!

危険なビーナス第9話のネタバレ

伯朗(妻夫木聡)母・禎子(斉藤由貴)の死の真相、明人(染谷将太)の失踪、後天性サヴァン症候群についての康治(栗原英雄)の研究記録とさまざまな謎がかさなり混乱していました。

それらの関係が事件の真相を解くカギになるのか?そして、楓(吉高由里子)は伯朗を裏切って、勇磨(ディーン・フジオカ)とつながっていたと知り、悩み苦しんでいることを元美(中村アン)に相談します。

翌朝、楓が勇磨と共に「誤解を解きたい」ということで伯朗のもとにやってきました。

おどろくべきことに勇磨は伯朗に手を組もうと提案します。

康治の研究記録をどうしても手に入れたい勇磨は、その代わりに明人捜しに協力するというのです。

楓も3人で明人捜しをしようといいますが、伯朗は楓への不信感がぬぐえず、2人を追い返してしまいます。

康治の死期がどんどん迫っていく中、矢神家で親族会が開かれました。

遺産相続人として指名されている明人が帰ってこなければ、遺産は親族で均等に分けあうしかありませんが・・・。

重苦しい空気の中、波恵(戸田恵子)が衝撃発言をします!

“楓は本当に明人の妻なのか”という疑問をもった伯朗は、元美とともに楓の正体を探るべく実家だという焼き鳥屋を訪ねますが・・・。

危険なビーナス第9話の感想とネットの声は?

ついに最終回直前となった第9話。ネット上での感想をあつめてみました!!

皆さん様々な考察をしていますが、最後まで予想できないようですね!




危険なビーナス第10話の予告動画

矢神家の親族会が開催されました。当主・康治(栗原英雄)が亡くなったことにより、明人(染谷将太)が戻らない状況になると、矢神家の遺産は康之介(栗田芳宏)の子たちに均等に分配されることになりました。

しかし、楓(吉高由里子)は後天性サヴァン症候群の研究記録さえ見つかれば明人を救い出せると波恵(戸田恵子)に主張し、勇磨(ディーン・フジオカ)も楓に賛同します。

すると行方不明になっていた牧雄(池内万作)が突然現れ、矢神家一族で言い争いが勃発してしまいます。

見かねた波恵が全員を制し、康之介に関する重大な事実を語りながら、「矢神家はこの代で終わりにします」と衝撃発言をします。

一方、「母から譲り受けた貴重なものを渡さなければ明人を殺す」という脅迫メールが届いたことを親族に告白する伯朗(妻夫木聡)。

「明人は必ず僕が救い出します!」と近い、矢神家をでていきます・・・

ついに、伯朗と犯人との直接対決になります!伯朗はその「貴重なもの」を探し出し、明人を救えるのでしょうか?そして犯人は一体誰なのでしょうか?母の死の真相や、楓の正体が明らかになります・・・・!!

全ての謎が明かされ、ラストには大ドンでん返しが待ち受けているかも・・・?最後まで目が離せない最終回となっています!



まとめ

今回は「危険なビーナス」第9話のネタバレ&感想について紹介しました!

回を重ねるごとに面白さがましてきていますよね。

次回「危険なビーナス」第10話も楽しみです!