ネタバレ

【3年A組】第一話ネタバレ感想!永野芽郁と上白石萌歌の百合物語だった?!

3年A組 ネタバレあらすじ感想

2019年冬ドラマ「3年A組~今から皆さんは、人質です」が1月6日からいよいよ始まります!

鳴り響く爆発音。騒然とする生徒たち。
『教師=生徒』の関係は一言で『犯人=人質』へ変貌を遂げる。
この瞬間から教師と29人の人質生徒による、『最後の授業』が始まった―――。
最後の授業……、それは数ヶ月前に自ら命を落とした『ある一人の生徒の死の真相』について。
遺書もなく、何かを告げることもなく、突然この世を去ったかつての学園のスター生徒。
29人の生徒は一人の教師に人質に取られ、自ら蓋をし、目を背けていたその『真実』と向き合うことに。
なぜ、生徒は突然命を落としてしまったのか。
なぜ、教師は「人質」というセンセーショナルな方法を取って最後の授業を行うのか……。

謎と事件が連鎖的に絡み合う、一人の教師の『最後の授業』!
たった10日間という日々を描き、死ぬ気で生きる人々を紡ぐ超限定的連続ドラマ!
誰も想像していない衝撃的学園ミステリーがここに開幕!
―――この真相を知るまで、誰も卒業なんかできない。

公式サイトより

3年A組は、自殺してしまった生徒の死の真相を知るため、担任の先生である柊が生徒を人質にとり、教室に立てこもるところから始まります。

 

「最後の授業」と称して、人質となっている卒業までの10日間がドラマとして描かれます。

はるかぜ
はるかぜ
新しいタイプの連続ドラマですね!

原作はなく、脚本家の武藤将吾さんのオリジナルストーリーなので、今後の展開が全く読めません!

【3年A組】第一話あらすじとネタバレ

3年A組第一話のあらすじ

1日目

魁皇高校の卒業式まで、残り10日。あとは卒業を待つのみとなった生徒たち。
冬から春へ季節を変え始めたこの時、高校生活という一つの舞台は平穏に幕を閉じていく。
……はずだった。
3年A組の扉が開く。担任の美術教師:柊一颯(菅田将暉)は、教卓の前に立ち、いつもと変わらぬ表情で、29人の生徒に衝撃的な一言を言い放つ。
「今から皆さんには、人質になってもらいます」

ポカンとする生徒たち。そしてそれはやがて嘲笑へと変わる。一部の人間が呆れて帰ろうとする。が、教室の扉には一颯によって特殊な鍵が取り付けられ、自由に開けられなくなっていた。そしてその時、廊下の外から突然爆発音が! 一颯が仕掛けた爆弾が爆発したのだ。衝撃の一同。この爆発によって3年A組は孤立し、完全に閉じ込められてしまう。一颯は「これから、俺の最後の授業を始める」と生徒たちに告げ、数ヵ月前に3年A組のある生徒が自殺したその理由を答えるようにと求める。その答えを夜8時までにみんなで導き出し、不正解の場合は誰か一人に死んでもらうと宣告する。そして彼は、クラスの代表として回答役に学級委員の茅野さくら(永野芽郁)を指名する…。

―――なぜ、一人の生徒は自ら命を失う事を選んだのか。なぜ、一人の教師は『人質事件』という方法をもって『最後の授業』を行うと決断したのか。生徒たちの想いは、そして抱えるその『秘密』とは。謎が連鎖し絡み合う、衝撃の学園ミステリー。ここに開幕。

公式サイトより

 

菅田将暉さん演じる担任の美術教師である柊一颯が、自殺してしまった生徒の真相を解き明かすために生徒を人質に撮って最後の授業を行うところから始まるのですが

ということは、

自殺の理由が生徒たちにあるということなのではないでしょうか。

 

そうすると必然的にイメージするのは”いじめ”

だから生徒たちを人質にとって、原因を話すまで帰さない!

としたんじゃないでしょうか?  

 

ラストは、生徒たちがこの経験を通して改心することで「最後の授業」は終了

屋上から倒れ込むようなシーンを伺わせる部分もあり、もしかしたら先生は「最後の授業」を終えて死を選んでしまうのかもしれません。

 

一体どんな展開になるのか、ドラマが始まるのが楽しみです!

【3年A組】第一話は永野芽郁と上白石萌歌の百合物語?

3年A組で、自殺してしまった生徒というのが上白石萌歌さん演じる影山レイカ

鍵となる永野芽郁さん演じる茅野さくらと、どうやって仲良くなっていったのかが描かれたのですが

茅野さくらは影山レイカにずっと憧れていて、隠し撮りをしたり、スマホの待受にしたり、と、ちょっと普通の友人になりたい!というよりは、恋をした少年のような雰囲気を醸し出していました!

隠し撮りをしていたことがバレてしまったさくらは、

なんで私なの?というレイカに

「エロいから!」と衝撃発言!

究極の曲線美というか、レイカ様のクビレが尋常じゃない色気を醸し出していて

しかもそこに水泳界のスターって肩書が加わると、それはもう神々しいくらい尊いっていうか

エロがエモに変わる瞬間っていうか…

レイカに「友だちになろう」と言われ、名前を呼ばれると

さくらは「名前呼び…死ぬ」の一言!

すごい展開ですよね!

 

最近のドラマは、LGBT描くのに抵抗がなくなってきているなぁと常々感じます。

一昔前なら考えられませんよね?!

【3年A組】第一話の感想と次回予告(動画)

「3年A組~今から皆さんは、人質です」の第一話は衝撃的な内容とストーリー展開に引き込まれてしまった、あっという間の1時間半でした。

「ネット社会で現実味がない」ことが原因でいじめが起こるし

「SNSによるいじめ」という現代ならではの社会問題がテーマ

 

自分さえよければいい、自分さえ助かればいい

お前らクズだな!

と柊先生は吠えましたが、

確かにそう思ってしまう人って、特に最近は多いような気がします。

インターネットが身近になりすぎて、ネットの中だとすべてのことが現実味がなくなってしまうんですよね。

ハッとさせられた一言でした。

 

「影山レイナが自殺した理由を答える」という課題に、さくらは自分がレイナのSOSに気づけなくて見捨ててしまったことが原因で自殺した、自分のせいだ

というもっともらしい理由で、第一話からあれ?これもう最終回?のような展開でしたが、結局その理由は違う!と言われてしまいました。

なぜ先生はさくらを指名したのか、それはさくらに影山レイナの死から目を背けるな!向き合え!というメッセージだったように感じます。

スポンサーリンク



 

3年A組の第一話は最初から最終回のような展開で大好評の声が多数!

第二話予告動画

影山レイナはドーピングしていないのに、ドーピングした、とSNSを拡散した人物がいて、それがきっかけで影山レイナはクラス中から無視されることになるのですが

それが次回判明されるようです。

でも、それが直接の自殺の理由ではないですよね!?

次回も楽しみです!

【3年A組】第一話の見逃し配信はHuluで!

日テレ系ドラマの見逃し配信は、Huluがオススメ!

月額933円(税抜)で人気のドラマやTV番組が今すぐ見放題!

スマホやタブレットがあればいつでもどこでも視聴可能!

今なら2週間無料で体験できます!

無料期間が終了する前に解約すれば一切費用はかからないし

解約もすごく簡単なので、気軽に試すことができるのも魅力!

3年A組第一話を見てみる!

 

 

スポンサーリンク