芸能人

斉藤ちはるアナウンサーは下手と評判!?モーニングショーの動画で検証してみた

斉藤ちはるアナウンサー 下手

元乃木坂46の斎藤ちはるアナウンサー

『羽鳥慎一のモーニングショー』のアシスタントとして、現在のテレビ朝日の朝の顔を担っています。

斎藤ちはるさんがアナウンサーとしてテレビに出てからはまだ日も浅く、アシスタントとしてのその手腕には色々な噂が飛び交っています。

中には下手すぎる!という評判もあるほどです。

斎藤ちはるさんは本当に原稿読みやアシスタントが下手なのでしょうか?

下手と言われる理由をモーニングショーの動画で検証・確認していきたいと思います。

また、斎藤ちはるさんがモーニングショーのアシスタントに突然抜擢された理由についても説明していきます。

斎藤ちはるアナウンサーは下手と評判?

View this post on Instagram

: 今年もあと5日✧ 今日で仕事納めの方も多いかな? : 31日は毎年恒例のなってる、 MK CAFEでのカウントダウンイベント! : SNSを見てくれてる方、 お店に来てくれてる方etc…..が 全国各地から集まります! : ぜひ一緒にカウントダウンしましょう♪ : ———-✄詳細✄ ———- : ▫️2019年12月31日~2020年1月1日 ▫️22:00~26:00 ▫️参加費3900円 (飲み放題&ブュッフェフード、年越しそば付き) ▫️場所 MK CAFE : #朝#年越し#カウントダウン#2020##司会#MC#アナウンサー#ボブ#外ハネボブ#ニットコーデ#ポートレート#綾瀬はるか似#綾瀬はるか 似 #小雪 似#乃木坂46#斎藤ちはる 似#安めぐみ 似#エムケー#mkcafe#mktv#桜井有里#165cm#お仕事の依頼はdmまで

A post shared by 桜井有里 (@yuri_s_official) on

斎藤ちはるさんは元乃木坂46のアイドル。

『羽鳥慎一のモーニングショー』のアシスタント抜擢されたのは入社当日の2019年4月1日でした。

朝の情報の番組アシスタントは、研修を終えてコーナーなどの経験を一通り積んでから抜擢されることが大半です。

経験の全くない状態で始まったアシスタント。

どうやら原稿読みが下手だとツイッター上でも話題になってしまっています。

酷評されているものもありますね。

経験のない新人なので、技術が足りずに風当たりが強いのも当たり前かもしれません。

斎藤ちはるアナウンサーのモーニングショーの動画で検証

https://twitter.com/hime_chichan/status/1112495788381224960

斉藤ちはるアナのアシスタント初仕事の動画ですが、見事に噛んでしまっています。

しかし、慌てることなく落ち着いて対処できていますね。

アナウンサーらしい発声ではありませんが、聞き取りづらいということは感じられません。

しかし、ではなぜ下手だという噂が広まってしまったのでしょうか?




斎藤ちはるが下手と言われる理由は?

https://www.instagram.com/p/B6eTkSDAl8S/?utm_source=ig_web_copy_link

アシスタント業務やアナウンサーとしての原稿読みが下手だと評判の斎藤ちはるさん。

ではなぜ下手だと言われているのでしょうか?噛み砕いて分析していきたいと思います。

1.噛みすぎ

斉藤ちはるアナの初仕事動画を見てもわかりますが、噛んでしまっていますね。

いくらテレビ慣れしている斎藤ちはるさんとはいえ、アイドルから転向したばかり。

アシスタントデビューしたてです。

たとえ十分に練習をしたとしても、そんな状況で緊張しないわけがありません。

原稿読みの出来だけでなく、緊張もあってか噛んでしまっているのが下手に見えてしまう一番の理由です。



2.空気が読めない

アシスタントとして必須の能力それが“空気読み”です。

メインキャスターの羽鳥慎一さんが進行しやすいようにすることや、ゲストから適切なコメントを引き出すのはこの能力にかかっています。

天性の才能で備えている方もいますが、経験によって育つ能力と言えます。

アシスタント経験や社会人経験の少ないと思われる斎藤ちはるさん。まだ空気を読むのは上手いとは言えません。

これから成長が見込まれるので、これは改善させるのではないでしょうか。

3.アナウンサーとして経験が足りない

日本人が聞き取りやすい話し方というのは、いくつかのコツがあります。

間の取り方や相槌などは言葉の技術といえる手法の一つに過ぎません。

また、言葉一つをとっても単語のアクセントは決まってます。

それらのプロとなるのがアナウンサー。

本来なら研修期間でそれらを取得してから初めてカメラの前に立つので、斎藤ちはるさんが下手に見えたのは仕方がないことだと思います。



4.前任と比較すると下手?

『羽鳥慎一のモーニングショー』アシスタントの前任アナウンサーは、テレビ朝日アナウンサーとして10年のキャリアを持つ宇賀なつみさん。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

宇賀なつみ(@natsumi_uga)がシェアした投稿

アシスタントとしての仕事はもちろん、他の番組でも長くサブキャスターの経験があります。

そのベテランアナウンサーの翌日からの後任が研修も受けていない新人アナウンサー。

急に下手なアナウンサーになったように感じるのも当たり前です。




斎藤ちはるが大抜擢された理由は?

アナウンサーとしての経験がないまま、朝の情報番組のアシスタントに着任した斎藤ちはるさん。

斎藤ちはるさんはなぜ突然、大抜擢されたのでしょうか?

その理由を説明します。

乃木坂46としての話題性がある

乃木坂46として選抜にも選ばれ、知名度のある斎藤ちはるさん。

その清楚でクリーンなイメージはアナウンサーとして適任です。

『あの乃木坂46の元アイドルが、テレビ朝日の朝の顔に!』と話題性を狙っての抜擢だった可能性が高いのは言うまでもありません。



人材不足

View this post on Instagram

#斎藤ちはる

A post shared by 海月 (@wittachoco) on

2019年3月に10年間アナウンス部で活躍していた宇賀なつみアナウンサーがテレビ朝日を退職。

2019年4月にこちらも12年間アナウンス部で活躍した小川彩佳アナウンサーがテレビ朝日を退職。

テレビ朝日を牽引してきたベテランアナウンサーの退職が続き、アナウンス部が人材不足であったのは火を見るよりも明らかです。

しかもそのうちの一人は、斎藤ちはるさんが引き継いだ『羽鳥慎一のモーニングショー』のアシスタントをしていた宇賀なつみアナウンサー。

大きく空いた穴を埋めるために話題性も合わせて必要だったのかもしれません。

元アイドルなのでテレビ慣れしてるのが評価された?

斎藤ちはるさんは、幼少期から子どもモデルとして活躍していました。

ディズニーの雑誌や花王やマクドナルドのCM、しまじろうのビデオなど多数の人気企業のメディアに出演していたようです。

しかしずっと芸能活動をしていたわけではなく、「同級生の友達を作りたい」という理由で芸能活動は引退、その後は学業に専念したそうです。

その後、中学最後の思い出として乃木坂46のオーディションに応募し、合格。

2011年8月からアイドルグループ乃木坂46で活動。2018年7月までメンバーとして活動しました。

その間アイドルとして活動中も幼少期より観ていたという『世界・不思議発見!』のミステリーハンターとして抜擢されたこともあります。

2018年5月に行われたライブツアーの千秋楽では民放テレビ局への内々定が決まったことを報告しています。

アナウンサーへ転向することはしばらく前から考えていたんでしょうね。

このようにテレビに出たことのない一般人から比べると、斎藤ちはるさんは幼い頃からの長い芸能生活でテレビ慣れしていると言えます。

他のアナウンサーではいきなりテレビに出るなんてまず考えられません。

そのため、テレビ慣れしていたことは斎藤ちはるさん抜擢の大きな理由であったことは間違いありません。

これらの理由から、斎藤ちはるさんがテレビ朝日の新人アナウンサーとして就職当日にアシスタントデビューしたと考えられます。

とはいえ斎藤ちはるさんにとってチャンスめあった可能性がありつつも、これだけ下手という評判が立っているとやはり時期尚早だったのかもしれません。

アナウンサーとしての研修終了後であれば出なかったであろう指摘もあるので、斎藤ちはるさんが少しかわいそうにも思えます。



アシスタントは何年目から勤めるもの?他のアナウンサーと比べてみた

https://www.instagram.com/p/B6cB725gxW2/?utm_source=ig_web_copy_link

入社当日から朝のニュース番組のアシスタントを任された斎藤ちはるさん。

テレビ番組のアシスタントは何年くらいすると任せられることができるのか、他のアナウンサー3人と比べてみました。

今回比較したのは、

『羽鳥慎一のモーニングショー』アシスタント前任者の宇賀なつみさん。

同じ乃木坂46出身アナウンサーの市来玲奈さん。

斎藤ちはるさんと同期入社した下村彩里さんです。

宇賀なつみアナウンサーの場合

羽鳥慎一のモーニングショーのアシスタント前任者、宇賀なつみアナウンサー。

宇賀なつみさんは1代目、斎藤ちはるさんが2代目アシスタントにあたります。

宇賀なつみさんは2009年にテレビ朝日アナウンス部に入社。

入社当日に『報道ステーション』のお天気キャスターとして就任。

スポーツキャスターの経験も経て、2014年『グッドモーニング』サブキャスターに抜擢。

バラエティー番組のMCやアシスタントを長く担い、2015年『羽鳥慎一のモーニングショー』のアシスタントに着任した。

2019年3月で同番組を降板、10月にテレビ朝日を退職。現在はフリーアナウンサーとして活動している。

斎藤ちはるさんと同様、入社当日からテレビ出演!そしてコーナーを担当しています。

しかし、コメント力やメインキャスターやゲストの空気を読む力などが試されるアシスタントを担ったのはその5年後のこと。

斎藤ちはるさんがいかに早い抜擢であったかがわかります。




市来玲奈アナウンサーの場合

同じく乃木坂46の1期生からダンサーを経てアナウンサーへ転向した市來玲奈さんの場合です。

市来玲奈さんは2014年に乃木坂46を卒業し、その後女優・ダンサーとして活動。

2018年4月に日本テレビアナウンス部に入社。

同年10月に『行列のできる法律相談所』でアシスタントデビュー。『NEWS ZERO』のコーナー担当もこの時期から始まりました。

2019年10月、早朝枠『Oha!4 NEWS LIVE』で水曜担当のメインキャスターに就任。

2018年4月に入社し、10月からアシスタントとしてテレビ出演。おそらくその間は研修を受けていたんでしょうね。

入社からアシスタントデビューまで約半年ほどかかっています。

入社1年半でメインキャスターの仕事もこなし、着々と成長されているようです。

同じ乃木坂46出身の市来玲奈さん。放送局は違いますが、6ヶ月でアシスタントデビューしているようです。

下村彩里アナウンサーの場合

2019年、テレビ朝日アナウンス部に入職したアナウンサーは2人。斎藤ちはるさんと下村彩里さんです。

斎藤ちはるさんとは違い、まずはお天気キャスターとして『報道ステーション』や『サンデーステーション』に出演しています。

本来であればこのようにコーナーからの下積みで経験を磨いてからアシスタントに入るんですよね。

3人と比較しても、やはり斎藤ちはるさんが特例であったことがわかります!

 

斎藤ちはるアナウンサーは下手?まとめ

2019年4月にテレビ朝日に入社、その日に『羽鳥慎一のモーニングショー』のアシスタントとしてデビューした斎藤ちはるさん。

ツイッター上で、アシスタントの仕事や原稿読みが下手だと悪い評判になっています。

斎藤ちはるさんが下手と言われる理由は4点考えられます。

  • 原稿読みの噛みすぎ、
  • 空気が読めないこと、
  • アナウンサー経験が足りないこと、
  • 前任アシスタントのアナウンサーと比べて下手

だということです。

そもそも、朝の情報番組への大抜擢の理由は3つほど考えられます。

  • 斎藤ちはる自身が乃木坂46で活動していた元アイドルとしての話題性
  • テレビ朝日アナウンス部の人材不足、
  • 子どもモデルやアイドルの経験を見込んだテレビ慣れ

などです。

本来情報番組のアシスタントは入社から半年以上経ち、研修が終了してから任されることが多いです。

まだまだ経験が浅く伸び代の大きな斎藤ちはるさん。

笑顔が可愛く、声は落ち着いた優しい印象。

そんな斎藤ちはるさんの笑顔と成長を見ながら、画面越しに朝から笑顔なってしまうのではないでしょうか。

これからの成長と活躍が楽しみですね。