芸能人

大島優子はハーフかクォーター?在日韓国人という噂や両親について調査!

大島優子はハーフかクォーター?

元AKB48の大島優子さんと言えば、トップアイドルとして活躍し、女優に転向後もその活躍はとどまることを知らないですね。

そんな大島優子さんですが、実はハーフかクォーターだという噂があるんです!

今回は大島優子さんのハーフかクォーターという情報について調べてみました!

大島優子はハーフかクォーターという情報が!

大島優子さんはネット上で「ハーフ・クォーター説」が浮上しています。

実は母親がアメリカ人と日本人のハーフだそうで、父親が日本人なので、クォーターだと言われています。

子役時代から芸能活動をしている大島優子さんですが、昔の写真をみても日本人にしか見えませんよね。

父親が純日本人で、母親がアメリカ人とのハーフですから、日本人の血のほうが濃いということになりますね。

クォーターは外国人の血が4分の1混ざっているので、祖父または祖母が日本人ではないということになります。

アメリカの血が混ざっているとなるともっと外国人のような顔立ちになりそうですが、生まれつき純日本人のような顔つきをしています。

大島優子さんは「実はハーフ・クォーターだと知って驚いた芸能人ランキング」の1位に選ばれています。

生まれつきの和風美人ですから、アメリカのクォーターだと知って驚いた人も多いでしょう。

母親がアメリカ人のハーフというわけですが、欧米系の血が入っているような顔の印象はないですよね。

もしかしたら国籍がアメリカで在米韓国人だったという可能性もありますね。




大島優子は在日韓国人で両親は?

大島優子さんは在日韓国人という噂がありますが、これはガセネタのようです。

祖母がアメリカ在住の日系韓国人で、祖父がアメリカ人だったということで母親は韓米ハーフとなります。

そして大島優子さんの父親が日本人なので、クォーターだというわけですね。

大島優子さんは日本人の血が1/2、1/4ずつ韓国人とアメリカ人の血が流れています。

しかし生まれた時から日本国籍ですから、在日韓国人ということではありません。

アメリカ人と結婚した祖母が日系韓国人(韓国籍を持つ純日本人)だったため、在日韓国人という噂に発展したのでしょう。

祖母は韓国籍でしたが純粋な韓国人というわけではないので、ややこしく感じる人もいたのでしょう。

大島優子さんがクォーターということは自ら明かしていないため、「そんな風に見えない」という驚きの声が多数寄せられました。

本籍は父の実家である栃木県下都賀郡壬生町なのですが、12歳までほぼ横浜市港北区の綱島に住んでいました。

栃木で生まれたのですがすぐに横浜へ転居します。サラリーマンとして働いていた父は、病弱な伯父が経営する割烹料理店を手伝うために再度栃木県に転居します。

しかしその直後に両親が離婚し、父子家庭で育ったそうです。

母親もお店を手伝っていましたが見知らぬ土地で知り合いもいなく、かなり辛い思いをしてたそうです。

そしてなんと、店の常連客と恋仲になってしまい、父親と大島優子さんを置いて出て行ってしまいます。

今でも両親は絶縁状態ですが、大島優子さんは高校生の時に再会し、現在は良好な関係を築いています。

AKB48加入後は父親が大島優子さんの面倒を見ていたそうで、レッスン後は父親が駅まで迎えに行っていました。

毎日学校が終わってから片道2時間掛けて東京にレッスンしにき、終電で帰宅するという生活を続けていたそうです。

父親は大好きなお酒を絶って、車で大島優子さんを迎えにいったり、苦手な料理を練習してお弁当を作り、夕食も作っていたそうです。

父の愛情いっぱいに育った大島優子さんは今でも大の仲良しで、親子水入らずで食事デートをする姿も目撃されています。




まとめ

今回は大島優子さんがクォーターという情報について調べてみました!

母親がアメリカ人と日本人のハーフで、父親が日本人というクォーターだった大島優子さん。

祖母が在米韓国人だったため、在日韓国人の噂が浮上していたようですね。

複雑な家庭に育った大島優子さんですが、今後も笑顔を絶やさず頑張っていって欲しいですね。