芸能人

【画像】片岡愛之助の若い頃が衝撃的!両親や養子になった経緯とは?

片岡愛之助 若い頃

「半沢直樹」シリーズ金融庁監察官の黒崎駿一を演じ、強烈なクセのあるキャラでブレイクした片岡愛之助さん。

プライベートでは女優の藤原紀香さんと結婚し、公私ともに順調な人生を歩んでいますよね。

そんな片岡愛之助さんの若い頃の画像が衝撃的だという噂がありますが、本当でしょうか?

今回は片岡愛之助さんの若い頃の画像や、養子になった経緯について調査してみました!

【画像】片岡愛之助の若い頃が衝撃的!

その端正なルックスとニヒルな表情で、若い頃から女性ファンが多かった片岡愛之助さん。

昔の画像を見てみると、人気が出るのも納得の美形ですよね!

片岡愛之助 若い頃

また以前、自身のブログにて19歳のときの写真を公開していました。

19歳のときに十三世から「愛之助」を継ぐよう言われ、当時大阪の中座で上演だった『勧進帳』で六代目片岡愛之助を襲名し、駿河次郎役を演じた。
そのような経緯もあり片岡は、「僕にとっては、愛之助の名になったとても思い入れ深い お役です そこで、愛之助を襲名させていただいた時のお役、駿河次郎の、写真を」と19歳の頃の写真を載せ、現在45歳の写真と比較して、「若いなぁ」とコメントした。

歌舞伎の化粧をしていますが、たしかに今とはいでたちが違いますよね。

片岡愛之助 若い頃

歌舞伎の世界は襲名もそうですし、大きな役をもらうことで一段一段階段を上がっていくような辛い道のりがありますよね。

片岡愛之助さんの場合は血縁関係で受け継いだわけではなく、セリフもない役から始まり、毎月だんだんと役が上がっていったそうです。

お役を頂くようになってからが大変で、あの時期がいちばん苦労しました。それまでは”その他大勢”として、主役級の役者の邪魔にならないように、けれどお役としては死なないように舞台に立つことを学んできたのに、急に「自分を出せ」と言われて、お役の存在感をアピールしなくてはならない。
一生懸命に動きやセリフを学んでも、この存在感だけは一朝一夕の練習で簡単に身に付くものではありません。先輩の舞台を観て必死に研究するなど、本格的に「芸を盗む」ことを覚えたのもこの頃だったと思います。

若い頃からイケメンで女性にモテまくってきた片岡愛之助さんですが、過去に噂になった熱愛彼女もそうそうたる顔ぶれでした。

片岡愛之助 若い頃

北新地の元ホステスとの間には隠し子がいて騒動になりましたし、佐藤江梨子さんや熊切あさ美さんなど、美女ばかりと浮名をながしてきましたね。

現在は藤原紀香さんと結婚し、落ち着いているようですが、若い頃の画像をみるとモテたのも納得のイケメンです!




片岡愛之助の両親や養子になった経緯とは?

片岡愛之助さんは2代目片岡秀太朗(かたおか しゅうたろう)さんの養子として歌舞伎界に入りました。

片岡愛之助さんは大阪府堺市出身で、本名は山元寛之さんといいます。

実家がスクリュー製造工場をしていてダンプカーが出入りする環境のため、危険なのでずっと家にいるように言われて育ちます。

しかし子供たちの遊び場がないことを不憫に思った両親が、習い事として松竹芸能の子役募集に応募し、合格します。

それがきっかけで子役として芸能界に入りました。

片岡愛之助 若い頃

週1回通って発声練習や芝居の練習をしていたら、NHK連続テレビ小説『欲しがりません勝つまでは』の子役をきっかけに、少しずつお仕事を頂くようになりました。

歌舞伎を知ったのは、小学2年生の時。初めて歌舞伎の仕事を頂いた時は、カルチャーショックでしたね。

子供の目にはまるでテーマパークのようでした。あんなに顔を白く塗っている人は見たことがなかったし、お兄さんやおじさんが突然きれいな女の人に変身する。

きらびやかな花道や役者が宙づりになって飛んで行く仕掛け(宙乗り)もおもしろかった。それ以来、ずっと僕は歌舞伎が好きですね。

それ以降歌舞伎公演に出演するうちに学校の勉強についていけなくなり、芝居をやめざるをえなくなりました。

そのとき声をかけてくれたのが、片岡秀太郎さんだったそうです。

『勧進帳』の太刀持でじっと座っていた片岡愛之助さんを見て、「この子は芝居が好きそうだなあ」と思ったそうです。

弟子入りの話をされるも、血縁重視の世界で一般家庭出身の子が歌舞伎役者になれるのか、両親はかなり悩んだそうです。

最終的には片岡愛之助さんの希望もあり、十三代目片岡仁左衛門の部屋子として入門し、千代丸を襲名されます。

その後高校卒業前に愛之助を襲名するタイミングで、片岡秀太郎さんの養子となったそうです。

実の父が背中を押してくれたそうで、「男は仕事が大事。一生歌舞伎の世界で生きていくなら、行ってきなさい。」といって送り出してくれたそうです。

片岡愛之助さん自身も中卒で歌舞伎役者になっていいと思うほど情熱をそそいでいたので、まさに天職だったのでしょう。

歌舞伎とはまったく縁のない家庭に生まれ育った片岡愛之助さんの、歌舞伎役者としての才能を見出してくれた片岡秀太郎さんには感謝ですね。




まとめ

今回は片岡愛之助さんの若い頃について紹介しました!

若い頃から端正なルックスで人気をあつめていた片岡愛之助さん。かなり女性にもモテてきたみたいですね。

養子になった経緯も実の父が背中を押してくれたからということで、周りの環境に恵まれていたのですね。

今後もたくさんの作品に出演し、活躍していってほしいですね!