芸能人

松本まりかは演技上手い?怪演と言われる理由や評判を調査!

松本まりかは演技上手い?

2018年放送のドラマ「ホリデイラブ」であざとかわいい不倫妻を演じ、一気にブレイクした女優の松本まりかさん。

遅咲きの女優と呼ばれることもありますが、その演技に夢中になった方も多いと思います。

今回はそんな松本まりかさんの演技の評判について調査しました!

松本まりかは演技上手い?

松本まりかさんは下積み時代が長く、女優として長く日の目をみない日が続きました。

昔は自分のアニメ声をコンプレックスに感じていましたが、それを個性ととらえ仕事に向き合ったことにより、ブレイクしたと言えますね。

松本まりかさんの演技については賛否両論あるようで、演じる役が女に嫌われる女ですと「ぶりっ子すぎる」といわれることもあります。

数多くの作品に出演してきた松本まりかさんですが、ブレイクするきっかけになったのがドラマ「ホリデイラブ」ですよね。

W不倫する妻役で、相手の奥さんに嫌がらせをしたりやることなすこと癇に障るいわゆる「あざとかわいい」役を熱演していました。

松本まりかさんの演技がうますぎて、視聴者をむかつかせてしまったということですね。

その特徴的な甘い声も鼻につくと感じる人がいるようで、声が個性的すぎて演技が入ってこないという意見も・・・

やはり声にイライラしてしまい、その結果『演技が下手』という意見もでてきてしまうようです。

しかし、「嫌い」という意見が多いということはそれだけ人の感情を揺さぶることができる演技をしているということなので、松本まりかさんの演技力の高さを物語っているのかもしれません。




松本まりかが怪演と言われる理由や評判を調査!

松本まりかさんは2000年にNHKドラマ『六番目の小夜子』で女優デビューし、学級委員長の花宮雅子役を演じていました。

普段は可愛らしいが、サヨコ伝説にまつわる話を聞くと豹変した顔となり、ヒステリックな叫び声を出したりと当時からテンションの高い演技が上手でした。

今では“遅咲き女優”と紹介されることが多いのですが、デビュー時からにすでに演技力はずば抜けていたそうです。

それから18年後に放送された『ホリデイラブ』。最近ではめずらしく昼ドラ風のドロドロとした愛憎劇で、例えば『牡丹と薔薇』の小沢真珠さんのような狂気的なキャラクターを演じれるのが松本まりかさんだったということでしょう。

昔から松本まりかさんを知っている業界人からすると「松本まりかの魅力にようやく時代が追いついた」とまで思えるそうです。

松本まりかさんの演技については評価が高く、「怪演」「悪女ぶりが最高」というその個性を褒める意見も多いです。

ホリデイラブの怪演によってブレイクした松本まりかさんですが、今後もクセ者ばかりを演じていくのでしょうか。

『ホリデイラブ』と同年に放送された吉岡里帆さん主演のドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』に出演した際も、生活課に怒鳴り込みにくる役がハマっており、鬼気迫るものを感じました。

女優としてキャリアが長いので、ひとつひとつの役を自分のものにするのが上手なんですね。

さまざまな場面で何かしらの爪痕を残してきた松本さん。画面に出てくると何かを期待してしまう女優、そんな印象を与えた一年となったのではないだろうか。

今年11月に行ったインタビューでは、決して仕事がなかったわけではないというが、早々とスター街道を駆け上ったわけでもない女優人生について、「私は求められていないし、現実的な希望も見えない中やっていくというのは、すごく苦しかった。表現する場がないのがどれだけ苦しいことか……。20年ってなかなか苦しいです」と振り返っていた。

yahooニュースより引用

しかし、現在はとても手応えを感じているそうで、これからも松本まりかさんの怪演をたくさん見ることができそうです!

松本まりかの怪演が見たい!

ホリディラブをU-NEXTで視聴する

▲ホリディラブはU-NEXTで見るのがよき▲

見逃し配信バナー

 

まとめ

今回は松本まりかさんの演技力について紹介しました!

ホリデイラブで魅せた怪演でブレイクし、たくさんの作品で個性を発揮している松本まりかさん。

演技の評判については賛否両論ありますが、演じる役が女に嫌われる女だと、その演技力で視聴者をイラつかせてしまうみたいですね。

今後の活躍も楽しみです!