芸能人

高橋一生の私服はダサくない?チェーンやブランドについても調査!

高橋一生 私服

大活躍中のブレイク俳優・高橋一生さん。ドラマや映画にひっぱりだこのイケメン俳優ですが、なんでも私服に注目が集まっているようなんです。

実は私服にウォレットチェーンをつけていて、その姿がダサい・ダサくないと論争になっているとか・・・

今回は、高橋一生さんの私服姿について調査しました!

高橋一生の私服はダサくない?

高橋一生 私服

高橋一生さんの私服が物議となったのは、2018年3月13日に女優の森川葵さんと熱愛をスクープされたことがきっかけでした。

この際写真をとられた高橋一生さん。全身黒の洋服に帽子をかぶり、鞄まで黒でコーディネートしていました。

そして腰にはウォレットチェーンがつけられており、パンクロッカーのような恰好になっていました。

この姿に熱愛報道よりも、高橋一生さんの私服が個性的!という話題になってしまったのです。

たしかにシンプルな服装をしそうな高橋一生さんが、パンクロッカーな恰好をしているのはギャップがありますよね。

このウォレットチェーンが、「ダサい」と物議をかもしたようです。

たしかに腰につけるウォレットチェーンは、昔から女性からの評価がいまいちですよね。

高橋一生 私服

男性やパンクファンからしたらかっこいいとおもいますが、女性にとってチェーンはダサいという感覚のようです。

しかし中には、「高橋一生の私服ダサいって言ってるやつの大半が私服ダサい」といった擁護派の声もありました。

おぎやはぎの矢作さんもラジオで「高橋一生さんの格好、全然違和感ない。こういう人でいいじゃん」と肯定していました。

高橋一生さんは誠実なイメージがあるので、恰好もキレイめだったり、スーツのような姿が理想なのかもしれませんね。

実際にドラマや映画ではスーツ姿やシンプルな恰好は多いため、今回のスクープで見慣れない姿に驚いた人が多かったようです。

「たしかに、一点残念なところがウォレットチェーン。長めのボールチェーンはパンクロックな印象が強く、ここだけ“若い”イメージが強調されてしまいます。細めで短い喜平チェーンなどに代えたら、より一層、年相応のコーディネートになるのではないでしょうか」
月間SPAより引用

良くも悪くも高橋一生さんへのイメージが定着してしまっているため、批判的な意見が集まってしまったのでしょう。

高橋一生 私服

ダサい・ダサくないという論争になる時点で、一定数ダサいと思っている方がいるのは明らかですね。

ダサいと感じている方の意見だと、高橋一生さん=シンプルな恰好というイメージのため、私服がおもったより個性的だったというわけですね。

反対に「案外ダサくなかった」「むしろおしゃれ」という声もあります。服装は好みが分かれますし、おしゃれの定義も難しいですよね。

高橋一生の私服のチェーンやブランドについても調査!

高橋一生 私服

ウォレットチェーンが話題となった高橋一生さんの私服ですが、他の私服に関してはどうでしょうか?

あるときはゆったりしたズボンにGジャンを着ており、帽子がとても個性的で顔がすっぽりと入るくらい大きく、とても目立っていました。

また、第35回ベストジーニスト賞を高橋一生さんが受賞した際は、授賞式に私服で登場していました。

黒パンツにデニムジャケットとブーツでとてもカジュアルな格好で登場し、私服を披露した高橋一生さん。

「きょうはこの後現場なので、『普段の格好で来ていただきたい』とのことで、コレ全部普段(着)です。このまま僕、スタジオ行きます。デニムのジャケットを着ることは多いですね。レイヤードできるので」
ORICON NEWSより引用

パンクロッカーのような恰好をするときもあれば、カジュアルな恰好をすることもあり、服装によってその雰囲気はさまざまですね。

そんな高橋一生さんが愛用しているブランドは、どんなものがあるのでしょうか?

1.ルイスレザー

高橋一生 私服

高橋一生さんが愛用しているブランドの一つ目は、イギリス発祥のオートバイ衣料品ブランドのルイスレザーです。

FLASHにスクープされたときに着ていたレザージャケットが、これですね。

有名人にも愛用者が多いことで知られており、ビートルズのポールマッカートニーさんや、ロックバンドTHE BLUE HEARTSのボーカル・甲本ヒロトさん、お笑い芸人の小峠英二さんも愛用者です。

2.クロムハーツ

高橋一生 私服

アクセサリーブランドとして人気の高いクロムハーツ。高橋一生さんのウォレットチェーンがクロムハーツのものでは?と言われています。

値段は高価なものが多く、10万前後~50万円を超えるものも多数あります。

ウォレットチェーンは女性受けがあまりよくないことで知られていますが、男性受けはよく、カジュアルな服装にとても合いますね。

男性はよくズボンの後ろポケットにこのチェーンをつけて財布を持ち歩きますね。

実は高橋一生さんは大のパンクバンド好きだそうで、ブールハーツやエレファントカシマシに憧れていたとか。

このことからも、バンドマンの服装を意識しているのでしょう。




まとめ

今回は高橋一生さんの服装について紹介しました!

ウォレットチェーンを付けた私服姿を撮られたことで、不覚にも世間から私服がダサいと言われるようになってしまったみたいです。

しかし中には擁護派もいるようで、見る人いよってダサい・ダサくないは分かれてくるようですね。

高橋一生さんは爽やかなイメージが定着していますが、私服は革ジャンやチェーンなどパンクな服装を好んでいるようです。

今後の活躍も楽しみですね!