芸能人

髙田彪我は双子じゃないのに双子と検索される理由。兄弟について調べてみた!

髙田彪我は双子じゃないのに双子と検索される理由。

俳優、ミュージシャンとして活躍している髙田彪我(たかだ ひょうが)さん。

双子ではないのになぜか「双子」と検索されているようです。

今回は、髙田彪我さんが双子ではないのに双子と検索される理由について調査しました!

髙田彪我は双子じゃないのに双子と検索される理由は?

髙田彪我さんは、もともとスターダストプロモーションの若手男性タレント「EBiDAN39&KiDS」のメンバーとしてデビューしました。

仲良しの田中雅功(がく)さんと一緒に、2014年6月14日「さくらしめじ」というフォークデュオを組んでおり、ボーカル、ギター、タンバリン、エッグシェイカー、アコーディオンなどさまざまな楽器を演奏しているんですよね。

髙田彪我さんはダンスも踊れますし、俳優業のかたわら、音楽、ラジオなどもこなしているんです。

相方である田中雅功さんも、髙田彪我さんとおなじくかなりのイケメン!髙田彪我さんより低音ボイスなので、2人の声がとても良いハーモニーを奏でているんです。

そんな田中雅功さんと髙田彪我さんが、びっくりするほど似ているんです!

見分けがつかないことから、髙田彪我さんを「右しめじ」と呼ぶようになっているとか。

髙田彪我さんが出演した「家族のカタチ」の最終回では、髙田彪我さん演じるこうたが学校の友人を家に連れてくるシーンがありました。

そのときに「左しめじ」こと田中雅功(がく)さんが登場したのです!

髙田彪我は双子じゃないのに双子と検索される理由。

その際は「え、双子?」とプチ騒動になるほど、2人が似ていると話題になっていました!

このことから、髙田彪我さんは双子でフォークデユオをしているという噂になったんですよね。

また、髙田彪我さんはドラマ「5→9 ~私に恋したお坊さん~」で、俳優デビューをしています。

この際に、ヒロインの桜庭潤子(石原さとみ)に恋する女子高生・由希ちゃんを演じ、女装にも初挑戦しているんです!

このことから、髙田彪我さんに妹がいると勘違いする視聴者も・・・(笑)

あるシーンでは、ホテルに石原さとみさんを呼び出し、服を脱ぎながら「由希、男だよ」と告白していました。

「女装をする男の子」を演じた当時はまだ13才。

演技もほぼ初体験だったので、すごい才能ですよね。

当時、その美貌からまったく男子だと気づかなかった!と話題になっていました。

声も高音でかわいらしく、見た目も可愛いので、気づかない視聴者が多かったんでしょうね。

現在19歳の髙田彪我さん。とてもかわいらしい表情は健在ですが、立派に男らしくなっていますよね。

髙田彪我の兄弟について調べてみた!

髙田彪我は双子じゃないのに双子と検索される理由。

高田彪我さんには、お兄さんが1人いらっしゃいます。

さくらしめじ公式ブログによると、髙田彪我さんのお兄さんが映画「すみっコぐらし」を見たそうで、そのお土産をくれたというエピソードが書かれていました。

他にも兄弟がいるかは定かではありませんが、お兄さんが1人いらっしゃるのは間違いないですね

前述したように、『さくらしめじ』の相方・田中雅功さんと間違われて、電車に乗っている時に声を掛けられたというエピソードも。

本当にしょっちゅう双子だったり、兄弟に間違われるみたいですね。

2人は結成当初、特に似ていると騒がれることもなかったのですが、成長するにつれて見間違えるほどそっくりになっていきました。

髙田彪我は双子じゃないのに双子と検索される理由。

ちなみに髙田彪我さんの父親についてですが、『さくらしめじ』結成理由でもあるギターを始めたきっかけをつくったのが父だったそうです。

もともとアコースティックギターをしていた父の影響で、家にギターがあり、小学6年生のときから教わっていたとか。

最初に弾いた曲はどぶろっくの「もしかしてだけど」(笑)ノリではじめたギターでしたが、いまでは仕事に生きているからすごいですよね。

そして、母親とは反抗期もあって、衝突することが多かったそうです。

無意識に無視してしまったり、なかなか謝ることができなかったりと、普通の高校生らしいエピソードがあるみたいです。

ファンからすると、とても微笑ましいですね!




まとめ

今回は、髙田彪我さんが双子ではないのに双子と検索される理由について紹介しました。

「さくらしめじ」の相方である田中雅功さんとそっくりということで、たまに双子だと間違われるそうです。

たしかにとっても似ていましたね!実際には、髙田彪我さんはお兄さんが一人いるようですね。

朝ドラ「おかえりモネ」の出演も、いまから楽しみですね!