芸能人

小川彩佳と旦那(豊田剛一郎)の結婚から不倫、離婚までの経緯を時系列でわかりやすくまとめ!

フリーアナウンサーの小川彩佳さんといえば、『NEWS23』のメインキャスターとして、報道第一線で活躍していますよね。

2019年に結婚を機にテレビ朝日を退社していますが、どうやらすでに離婚に向けて同意しているとのスクープが舞い込んできました。

今回は、小川彩佳アナと旦那の馴れ初めについて、調査してみました!

小川彩佳と旦那(豊田剛一郎)の結婚から不倫、離婚までの経緯を時系列でわかりやすくまとめ!

小川彩佳アナは父が医師で、幼少期をアメリカで過ごした帰国子女。青山学院大学附属校出身の、筋金入りのお嬢様です

アナウンサーデビューしてからは、『報道ステーション』や『NEWS23』など、有名番組のキャスターに抜擢されていますよね。

そんな小川彩佳アナですが、現在の旦那とはどのようにして結婚に至ったのでしょうか。時系列でみていきましょう。

1.出会い

小川彩佳さんの旦那は豊田剛一郎さん。

2021年現在は37歳になります。父は医師で元国会議員の豊田潤多郎さんというサラブレットで、幼少期から英才教育を受けてきました。

高校卒業後、東京大学医学部に進学した豊田さんは、アメリカに留学し、2013年からヘルスケア事業のコンサルティング業に転職します。

その後、医師でありながら医療ベンチャー企業『メドレー』の代表取締役となり、共同経営で多くの事業を展開しています。

このように超ハイスペックな彼とは、どのようにして出会ったのでしょうか。

2人が出会ったのは、いわゆる「ブラインドデート」でした。

平たく言うと知人の紹介だったのですが、お互いの友人がお似合いだと思う2人を引き合わせてくれたのですね。

2018年4月、白金にある高級和食レストランで初めて出会った2人は、「ミシガントーク」で盛り上がったといいます。

小川彩佳さんは父の影響で、幼少期をアメリカのミシガン州で過ごしています

豊田剛一郎さんも大学卒業後、アメリカのミシガン州に留学しており、医師免許を取得しています。

お互い父が医師で、アメリカのミシガン州に住んでいたという共通点があり、すぐに意気投合したそうです。

2.交際へ

豊田剛一郎さんはよくニュース番組をチェックしているそうで、小川彩佳さんが出演する番組も見ていたといいます。

小川彩佳さんのような清楚でキレイ系の見た目がタイプだそうで、知人から小川彩佳さんを紹介してもらえたときは、かなり驚いたといいます。

「私が豊田さんと出会ったのは、2018年の12月。IT関係者が集まるイベントでした。初対面の時から、笑顔が素敵な人でした。年齢も近く、スキューバダイビングやスノーボードなど趣味も多かったし、何より彼と話していると楽しかった。」
どちらともなく連絡を取り合い、翌年(2019年)2月には自然と男女の関係になりました。
週刊文春より引用

小川彩佳さんも豊田剛一郎さんも結婚願望が強かったため、出会ってすぐに結婚を前提とした交際がスタートします。

すぐにお互いの両親に紹介し、順調に結婚への準備を進めます。それから一年後、めでたく2人は結婚したのでした。

3.結婚

2019年7月に結婚を発表した小川彩佳さん。当時テレビ朝日のアナウンサーで、『報道ステーション』を担当していましたが、結婚を機に退職することとなりました。

小川彩佳アナは「公私ともに新しい環境に身を置く」と言い、大きな話題となりました。

基本的にアナウンサーが番組内で、結婚などのプライベートなことを報告することはないのですが、小川彩佳さんは「お世話になっている視聴者に自分の口から報告したかった」と話していました。

その後、結婚相手は誰なのか、という話題になり、週刊誌からマークされるようになった小川彩佳さん。

しかし、いつまでたっても結婚相手と一緒に暮らしている姿が目撃されなかったことから、「結婚報告はデマ」という話まで出てきます。

その後、旦那が豊田剛一郎さんであることが分かり、都内の高級マンションから一緒に出てくる様子もスクープされました。

結婚から翌年にはお子さんも誕生し、とても幸せな結婚生活を送っているかのように見えましたが・・・

4.不倫発覚から離婚へ

2021年2月4日、小川彩佳アナをまさかの「文春砲」が襲います。

豊田剛一郎さんが、妻別の女性と密会を重ね、長年にわたり不倫をしていたと報じられたのです。

不倫相手・Aさんは、ウェブ関係の仕事をしており、小川彩佳アナと同い年だそうです。

結婚する前から関係は続いていたようで、その出会いは2017年末から。小川彩佳アナと出会ったのが2018年なので、二股交際とも言われています。

2020年7月に第一子を出産し、わずか3か月後には仕事復帰した小川彩佳アナ。

アナウンサーとして、コロナ禍で自粛を訴え続けていた小川彩佳アナとは裏腹に、緊急事態宣言下でもAさんとの逢引を重ねていました。

さらに文春では、豊田氏がAさんに引越し費用と毎月10万2000円の金銭的援助をしていたことや、小川アナが仕事と育児の両立に追われている傍で3泊4日の沖縄旅行を楽しんでいたことも明かされた。
週刊文春より引用

小川彩佳アナはAさんとの不倫を知り、離婚も考えましたが、まだお子さんが小さいことで悩んでいたそうです。

実際、アナウンサーとして忙しい身である小川彩佳アナは、旦那の協力が不可欠で、シングルマザーになるには不安要素が多すぎたのでしょう。

Aさんは週刊文春の取材に答え、豊田氏との関係を赤裸々に語っています。

結婚前、豊田氏が福岡に出張する際は一緒に行こうと誘われ、初めて恋人がいることを伝えられたそうです。

Aさんはその相手が小川彩佳さんだとは知らず、自分が浮気相手ということを知ってショックだったそうです。

しかし、結婚を知った後も関係は続き、週3日はAさんのマンションで逢瀬を重ねていったそうです。

そのすぐ後に『週刊ポスト』でAさんが不倫関係を告白し、豊田さんからの“結婚後は肉体関係がなかったことにしてほしい”という口裏合わせの連絡を明かしたことで、小川さんのショックは絶望に変わった。“彼との将来をもう描くことはできない”と話していました。
週刊文春より引用
 
豊田氏は小川彩佳アナと離婚をしたくなかったため、Aさんとキッパリ別れる決意をします。

しかしすでに遅かったようで、小川彩佳アナの家族も断絶しており、離婚せざるを得ない状況でした。

不倫発覚から1か月後には、すでに別の生活が始まっていたといいます。

「小川さんは4月、豊田さんと暮らしていた高級タワーマンションから都内の別のマンションへ引っ越し。豊田さんも3月には家を出たそうなので、完全に別居状態が続いています。もちろんお子さんは小川さんと一緒です。生活全般や子育てについては、小川さんのお母さんがマンションに通ってサポートしているようです。
週刊文春より引用

すでに離婚に向けて代理人が話し合いをしており、今後離婚報道が出るのはそう遠くないでしょう。




まとめ

今回は、小川彩佳アナと旦那の馴れ初めについて、紹介しました。

小川彩佳アナが結婚した豊田剛一郎さんは、医師でありベンチャー企業の社長というやり手実業家だったのですね。

知人の紹介で知り合い、すぐに意気投合して結婚しましたが、このたび豊田剛一郎さんの不倫問題で離婚することになりそうです。

今後の報道にも注目ですね!