芸能人

芳根京子の歯並びがきれいになった!いつから歯科矯正したのか時系列で調査!

朝ドラ「べっぴんさん」のヒロイン役で注目を集め、高い演技力が評価されている芳根京子さん。

最近もよくドラマや映画に出演し、テレビで見ない日はないくらいの売れっ子女優さんですね。

そんな芳根京子さんですが、歯並びがキレイになったと言われているようなんです。

今回は、芳根京子さんの歯並びについて、調査しました!

芳根京子の歯並びがきれいになった!いつから歯科矯正したのか時系列で調査!

芳根京子さんはもともととても綺麗な前歯をしており、上の歯はまったく問題ありませんでした。

若干ビーバー歯気味の中切歯(中央の2本の歯)ですが、笑顔が可愛く気にならないレベルです。

ただ、下の歯並びは少し乱れているようで、大きく口を開けると目立ちますが、実際のところ下の歯はそこまで目立たないですね。

上の歯がキレイな分、下の歯並びが乱れているのが少し気になるかなあと思います。

下の歯並びは大きな口で笑わないとハッキリ見えないため、大して問題ではないですけどね。

下の歯の2本が、うしろに後退して生えているのですが、下の歯の前歯は意外と歯並びが悪くなりがちな箇所でもあります。

芳根京子さん程度の歯並びであれば、さほど問題はないのですが、歯が重なってしまう部分は汚れがたまりやすくなります。

歯が重なっていると、歯ブラシが届きにくいため、磨き残しが出やすいんですよね。

これが原因となって、虫歯や歯周トラブルに発展してしまいます。

しかし、「下の前歯」とは虫歯になりづらい歯だそうです。歯の裏側に「唾液腺(だえきせん)」があるため、再石灰化効果自浄作用が働きます。

ただ、虫歯の心配は少なくても着色汚れについては、どうしても起こりやすくなります。

他の歯と同じように磨いていても、歯並びが悪い箇所は歯垢が残りやすくなります。

コーヒーやカレーなど色素が強い食べ物を摂取すると沈着してしまいがちです。

とくに前歯の場合は、笑ったときに着色汚れも目立ちやすいので、注意が必要です。

その後、朝ドラ『べっぴんさん』のヒロインを務めた際には、下の歯もキレイに揃っていました。

そのため、2015年~2016年にかけて、に下の歯並びを矯正した可能性はありますね。

現在の写真をみても、とてもきれいな歯並びをしています。セラミックをしたのかな?と思うほど真っ白の歯です。

芳根京子さんは2014年2月に自身のブログにて、「本当何年ぶり?!ってくらい久々に歯医者さんへ言ったら健康な歯って言われてホッとしましたー。あーよかった!」と報告していました。

歯医者さんに行って褒められるほどの歯ということは、もともとキレイな歯だったのでしょうね。

歯ぐきも綺麗ですし、タバコを吸っているような形跡も見当たりませんし、小さい頃からきちんと歯磨きをしていたのでしょう。

目立った補綴物(治療したあと)も見られませんので、ずっと健康な歯を保ってきたのでしょうね。

芳根京子さんは下の前歯の歯並びにやや気になる点がありましたが、全体的にはよく手入れされていて、清潔感のある歯だといえますね!

まとめ

今回は、芳根京子さんの歯並びについて、紹介しました。

もともとそこまで気になる歯並びではなかったのですが、下の歯だけ少し後ろに後退して生えていたようですね。

朝ドラ「べっぴんさん」のヒロインを務めたころには歯並びが治っていますので、2016年ころに歯科矯正をした可能性はありますね。

これからの活躍も楽しみですね!