芸能人

杉野遥亮の高校時代がかっこいい!バスケ部のイケメン画像や偏差値を調査!

杉野遥亮さんといえば、「2020年の顔」として注目を集め、2021年もドラマやCM、映画と引っ張りだことなっていますね。

モデルから俳優に転進し、その抜群のルックスと存在感で、ブレイク中の俳優さんです。

そんな杉野遥亮さんですが、高校時代がかっこいい!と話題になっていたようなんです。

今回は、杉野遥亮さんの高校時代について調査しました!

杉野遥亮の高校時代がかっこいい!

千葉県出身の杉野遥亮さんは、中学卒業後、千葉県佐倉高校に進学しています。

この高校は江戸時代の藩校をルーツにしており、県内屈指の進学校です。偏差値はなんと脅威の71!

推薦入試がなく、一般受験でしか入学できない学校なので、杉野遥亮さんはかなり頭がよかったのですね。

杉野遥亮さんは小学校時代からバスケットボールをしており、高校時代もバスケットボール部に所属しています。

杉野遥亮さんは小学生のときから、地元の八千代市にあるミニバスケットボールチーム「ブラックローズ」に入っていたそうです。

まさに文武両道で、模範的な生徒だったようですよ。バスケットボール部の顧問がかなり厳しかったそうで、メンタルも鍛えられました。

「自分のプレーが「何もかもうまくいきすぎる」試合があったんです。集中力が途切れることなく、誰にも負ける気がしなくて、どんな体勢からでもシュートが面白いように何本も決まる。プロのスポーツ選手が「ゾーン」と呼ぶような状態でプレーをできたことが忘れられない思い出です」
Myojyoより引用

杉野遥亮さんは高校1年生のときに、理系を選択していますが、「人生で唯一後悔している」と話していました。

もともと文系だったのですが、友達がみんな理系だったので、理系を選択することにしました。

しかし、理系科目がまったくできず、ショックを受けてしまったそうです。

そして、杉野遥亮さんは、小学校のときに片思いをしていた女子に再度告白したのですが、あえなくフラれてしまいます。

その女の子がギャルに成長していたことで、惚れ直して再度アタックしたそうです。

「高校入学早々、小学生のころから片思いをしていた子に告白し、フラれました……。当時、「恋って何? 好きって何?」と、恋愛自体がよく分からなくなってしまったんです」
モデルプレスより引用

いまや人気俳優の杉野遥亮さんを振るなんて、逃した魚は大きいですね・・・

杉野遥亮さんはこの経験がトラウマになってしまい、その後彼女ができても、周りから「似合わない」と言われて、別れてしまったといいます。

高校時代は部活に打ち込んでいたため、あまり成績があがらず、だんだんと気持ちも後ろ向きになって不登校だった時期がありました。

毎日学校に行って、おなじような日々を送ることに、違和感を感じるようになっていったそうです。

「実際、高校時代はその気持ち(反発心)が爆発して、どうしても学校に通えない時期もありました。全然、問題を起こすような生徒ではなかったんですけど、しばら
くルールに沿って、規則正しい生活を送っていると、プチンと気持ちが切れちゃう瞬間があって…」
モデルプレスより引用

杉野遥亮さんは高校時代、俳優に興味はなく、建築家になることが夢だったそうです。

また当時を振り返り、もっと遊んだり恋愛すればよかったと後悔しているといいます。

バスケ部のイケメン画像や偏差値を調査!

杉野遥亮さんは千葉県立佐倉高等学校出身で、高校時代は毎日バスケ漬けだったそうです。

当時の画像を見ると、なんと坊主なんですね!坊主でもイケメンってことは、真のイケメンですね!

杉野遥亮さんは2018年公開の映画「春待つ僕ら」にて、バスケットボール部のキャプテンを演じていました。

さすが経験者、キレッキレの動きを見せていて、杉野遥亮さんのかっこよさが際立っていましたね。

杉野遥亮さんのイケメンっぷりは高校時代からで、他校にファンクラブもできていたそうです。

バスケットボール部の試合になると、他校の女子生徒が杉野遥亮さん見たさに押しかけてきたそうですよ。

また、杉野遥亮さんの乗っている電車を調べて、通学のときに待ち伏せしていた女子もいたそうです。

イケメンで有名進学校に通っており、文武両道という完璧すぎる杉野遥亮さんですから、モテるのは当然ですよね。

しかし、高校時代は、同じ高校の女子からは全くモテなかったそうです。

かなりの進学校ですから、スポーツができる人より勉強ができる人の方がモテた可能性はありますね。

もしくは、恋愛に消極的な女子が多かったのかもしれません。杉野遥亮さんにひそかに恋していた女の子は、絶対いましたよね!

杉野は芸能界のバスケ経験者&バスケ好きが集まった「チームバスケットボール」の一員として出演。バスケ歴は小5~高3の8年間で、ポジションはパワーフォワード。
番組ではそんな杉野について「他校に“杉野プチファンクラブ”ができて、女の子が集まったり応援したりしていた」というエピソードを紹介。

杉野が「クラスの女子から『杉野のことやんややんや言ってたよ』っていうのを聞いて、『あっ、俺ってモテるんだな』って…」と自覚があったことを明かすと、嵐のメンバーを含むスタジオから一斉に「いいね~!」と羨む声が漏れた。

モデルプレスより引用

バスケのユニフォームを着こなして活躍する姿に、Twitterでは「杉野くん」がトレンド入りしていました。

ファンクラブがあったというのも、「そりゃそうだ」と納得する人が大半でした。

杉野遥亮さんは高校卒業後、法政大学社会学部(偏差値55~57)に進学しています。

もともと第一志望が理系大学だったのですが、そこは落ちてしまったそうです。

もとから自分のことを「サラリーマンに向かない」と考えており、第一志望の大学に受からなかったことからも、勉強に身が入らなくなってしまいます。

そして、アルバイト漬けの日々をすごし、大学2年生のときに、ファッション誌「FINEBOYS」の専属モデルオーディションを受けたことで、人生が変わります

「大学受験で第一希望校に入れなかったことと、とくにサークルに入るわけでもなく、つまらない日々を過ごしていて。昔から周りに『やってみれば?』って言われ
ていたこともあって、ふと、じゃあ挑戦してみようかな?という軽い感じで友達と一緒にオーディションを受けたんです」
ライブドアニュースより引用

そして、見事グランプリを獲得し、「FINEBOYS」の専属モデルとしてデビューすることとなりました。

3年生のときに大学を中退し、その後は俳優に専念しています。




まとめ

今回は、杉野遥亮さんの高校時代について、紹介しました。

幼い頃から優秀で文武両道だった杉野遥亮さんは、偏差値71の佐倉高校出身だったのですね。

バスケットボール部時代は坊主だったのですが、イケメンですからとっても似合っていました。

これからもますます活躍していってほしいですね!