芸能人

市川海老蔵の隠し子顔画像と名前を調査!隠し子の母親は誰で結婚しなかった理由は?

故・小林麻央さんとの間に2人のお子さんを授かっている、市川海老蔵さん。

妻亡きあとは、シングルファザーとして懸命に子育てをしている様子が、世間でも称賛されていますね。

そんな市川海老蔵さんですが、過去には隠し子騒動がありましたよね。

今回は、市川海老蔵さんの隠し子について、調査しました!

市川海老蔵の隠し子顔画像と名前を調査!

市川海老蔵さんは幼いころから歌舞伎の英才教育を受け、若くして人気役者となっていました。

そんな中、2001年に隠し子騒動で世間を騒がせたのです。

市川海老蔵さんの隠し子の母親は、歌手の日置明子さん。彼女と交際をスタートさせたのは、まだ市川海老蔵さんが17歳のときでした。

その後、高校卒業と同時に真剣交際となり、4年後の2001年に彼女の妊娠が発覚します。

2人は1995年に共通の知人を通じて出会い、グループ交際のような状態だったそうです。

日置明子さんは、1995年から歌手活動をしていて、市川海老蔵さんと付き合い始めたときは21歳でした。

女性誌『an・an』でモデルをしたり、シングルやアルバムも複数発表しています。

隠し子は女の子で、2021年時点で19歳になります。高校を卒業し、大学進学したか、社会人になっているのでしょうか?

年齢的には今どきの若者なので、Twitterやインスタグラムなど、SNSをやっている可能性はありますよね。

写真をアップしている可能性も十分にあると思いますが、残念ながら顔写真は出回っていませんでした。

市川海老蔵さんのお子さんですから、かなりの美形になっているのではないでしょうか。

また、日置明子さんは身長168cmで、海老蔵さんは身長178cmということで、スタイルも良さそうです。

芸能界デビューもあり得そうですが、歌舞伎界から阻止されそうですよね・・・

歌舞伎界では隠し子がいるのは珍しくなく、片岡愛之助さんや市川染五郎さんも、隠し子がいることが分かっています。

ドラマなどでも人気の歌舞伎役者さんでさえ、隠し子がいることが分かっているのですから、ごく当たり前のような感じなのでしょうね。

市川海老蔵さんが小林麻央さんと結婚をしたのは、2010年。そのときにはもう、日置明子さんとの子供は誕生していたのですね。

隠し子は2002年1月に誕生しており、2003年にそのことが発覚し、市川海老蔵さんは会見を開きました。

市川海老蔵の隠し子の母親は誰で結婚しなかった理由は?

日置明子さんが妊娠したことを市川海老蔵さんに打ち明けたところ、「結婚は出来ないが認知はする」と伝えました。

会見で市川海老蔵さんは、隠し子がいることを素直に認めました。高校時代から数えると6年も真剣に交際していましたが、結婚することが叶いませんでした。

その理由については不明ですが、家柄の問題だと思います。

日置明子さんの父親は産婦人科医ということで、決して障害はないと思いますが、市川海老蔵さんの両親から反対されたようです。

日置明子:「お腹に子供がいます」
海老蔵さん:「あそうですか」
日置明子:「私は産みたいのですが」
海老蔵さん:「あそうですか」
海老蔵さん:「産んでもかまいませんよ、、ですが僕はまだ結婚は考えられませんがそれでもいいですか?」
日置明子:「それでもいいです」
海老蔵さん:「あそうですか」
海老蔵さん:「じゃあ僕が全て責任を負います」
週刊現代より引用

なんだかとても淡々としたやり取りですね。

2人の間に生まれた女の子は、自分が隠し子であることを分かっており、麗禾ちゃんと勧玄くんが異母兄弟なことも認識しています。

女の子には月100万円の養育費を送って認知もしたという噂ですが、当時は市川海老蔵さんもまだ七代目市川新之助と新米のとき。

おそらく市川海老蔵さんの両親が、日置明子さんにお金を渡していたのでは?と言われています。

日置明子さんは、妊娠が発覚した2001年で芸能活動を休止しています。

市川海老蔵さんは会見で、生まれた子どもについて責任を負うことを約束した、と明かしていました。

今でも月100万円ほどの養育費を払い続けていると言われていますが、母子2人に払う額としては、かなり大きいですよね。

お子さんが生まれた当初は、隠し子の娘ということもあり、交流はありませんでした。

その後、市川海老蔵さんが小林麻央さんと結婚し、子どもが誕生したことで、一緒に暮らせない娘についても思うようになったそうです。

現在では、娘の力になれるように、月に1回ほど会うようになったそうですよ。

万が一、生まれてきた子どもが男の子であれば、世継ぎのために結婚となったかもしれません。

市川海老蔵さんと小林麻央さんが結婚をした際に、日置明子さんは祝福のメッセージを送っています。

そして、娘に、麗禾ちゃんと勧玄くんがきょうだいであることを教えました。

おさない頃は、東京郊外に母子2人で住んでいるという情報がありましたが、現在は一切表に顔を出さないため、詳細は不明です。

最近、麗禾ちゃんが市川ぼたんを襲名し、ドラマ『二月の勝者―絶対合格の教室―』に出演したことで、市川海老蔵さんの“もう1人の娘”を巡り心配の声があがっています。

「海老蔵は2003年2月に、CMモデル・日置明子との間に生まれた女児の存在を週刊誌にスクープされています。海老蔵は記者会見で『そりゃビックリしましたよ。苦悩の日々でした』などと語りましたが、どこか他人事のようで当時、猛批判を受けました。この長女は麻央さんが妊娠したときに、『お母さんは違うけど弟妹なんだ』と喜んだといいます。現在19歳になりますが、海老蔵からの愛情を一身に受けて俳優デビューしたぼたんをみて、複雑な気持ちになっているのではないでしょうか」
週刊新潮より引用

「その子は俳優デビューしないのか?」という声もありますが、母とともに一般人として生活していくのではないでしょうか。




まとめ

今回は、市川海老蔵さんの隠し子について、紹介しました。

歌手の日置明子さんとの間にできた女の子で、残念ながら顔写真や名前などは明かされていませんでした。

市川海老蔵さんは認知をして養育費も支払っており、現在はたまに会ったりと交流もあるようです。

それぞれ別々の道を歩んでいますが、お互い幸せに暮らしていってほしいですね。