芸能人

天海祐希の宝塚時代の伝説を全部洗い出してみた!すごすぎるエピソードまとめ

天海祐希さんといえば、日本を代表する大女優ですよね。

現在も数多くの作品で主演をつとめていますが、宝塚時代には数々の伝説を残しているようなんです。

今回は、天海祐希さの宝塚時代の伝説について、調査しました!

天海祐希の宝塚時代の伝説を全部洗い出してみた!すごすぎるエピソードまとめ

天海祐希さんは、過去に誰も成し遂げなかった伝説を、数多く残しています。

ひとつずつみていきましょう。

1.宝塚音楽学校現役トップ合格

宝塚音楽学校は、かなり競争率が激しく、現役で合格できるのはほんの一握りの生徒だけです。

天海祐希さんは、現役高校生でトップ合格となっています。

その際に、歌劇団の演出家・植田紳爾氏が、天海祐希さんのお母さんに「よくぞ生んでくださった!」と、感謝したという伝説があります。

学校関係者にそんなことを言わせるなんて、よほど天海祐希さんが輝いていたのでしょう。

宝塚音楽学校は、予科(1年生)と本科(2年生)の2年制で、受験資格は15歳~18歳。

もちろん容姿端麗なだけでなく、「宝塚」の名に相応しい人物が求められます。

受験できるチャンスは一人4回までという制限もあり、毎年1,000人前後が受験します。入学できるのは40名だけと、狭き門なのです。

入学後も舞台を想定したレッスンがあり、寮生活が義務付けられています。朝から晩までレッスン漬けの日々で、礼儀作法も徹底して教育されます。

天海祐希の宝塚時代の伝説を全部洗い出してみた!すごすぎるエピソードまとめ

そんな厳しい宝塚音楽学校を、天海祐希さんは首席で卒業していますから、本当にすごいことですね。

2.入団10ヶ月で新人公演主役に抜擢

宝塚歌劇団には、「新人公演」と「本公演」があります。

「新人公演」は、入団1年目~7年目の新人だけが出演する公演で、天海祐希さんは入団わずか10ヶ月で主役に抜擢されます。

250人以上いる新人団員で、一度も主役に選ばれないメンバーもいます。そんな中、天海祐希さんが主役と発表されると、上級生は「誰?」と大騒ぎになりました。

この伝説は本当にすごいことで、いまだ天海祐希さんの記録は破られていません

その後、6年半でトップスターに就任という、異例の大出世を成し遂げました。

宝塚史上最速の出世に、「大地真央の再来か!」と騒がれたのです。




3.フィナーレで背負う大きな羽を背負わなかった

通常、宝塚の退団公演は、大きな羽を背負うことになっているのですが、天海祐希さんはこの羽を背負うのを拒否したそうです。

お客さんも、天海祐希さんが大きな羽を背負って出てくると思っているのに、それをあえて裏切るというのはさすがですね。

サヨナラ公演でつける大きな羽根は、重いものだと10kgもあるそうです。

普段から小振りの羽根を好んでいたのですが、まさかラストで無しにするとは驚きです。

また、騒然とする観客を見ず、仲間たちの方を見て、感謝するのでした。

これも天海流なのでしょうね。

4.ファンへの対応

ファンの方が一生懸命準備する、宝塚役者とのお茶会。

天海祐希さんも当然人気で、イベントは大混乱となったのですが、ファンの段取りの悪さにイライラしてしまったようです。

写真撮影にもたついていると、「てきぱき動きなさい!さっさと終わらせれば、その分たくさんお話しできる!」と怒ったとか。

愛ある激怒だと思いますが、ファンを怒れるのは天海祐希さんだけでしょうね。

もともと天海祐希さんは、ファンを差別しないというスタンスで、これを最後まで貫き通しました。

退団時にはファンクラブの融資でイベントがあるのですが、派手なイベントをおこないませんでした。

天海祐希さんは、ファンクラブ全員に、同じワイングラスをプレゼントしました。

長年ファンだった幹部クラスと、入りたての新人ファンの格差みたいなものがあったのですが、天海祐希さんは、そんなこと気にも留めませんでした。

天海祐希さんのファンなら、「彼女らしいね」と納得してくれるでしょうね。



5.ルールを変えた

宝塚には、暗黙のルールのようなものがあり、男役が外を歩くときは、髪をピンで止めるという規則がありました。

しかし、天海祐希さんはピンをたくさんつける必要がないとかんじ、ルールを変えてしまったそうです。

また、ファンの出待ちを控えるように働きかけたのも、天海祐希さんです。

公演が終わって、タカラジェンヌたちが帰るのは夜10時過ぎになります。

そんな夜更けに女性が外で待っているのは危険ですし、夜に騒ぐのは近所迷惑になりますよね。

客観的に考えて行動しているので、いつも冷静な判断ができるのですね。

6.トップスターを2年で退団

天海祐希さんは、1995年12月、28歳のときに宝塚歌劇団を退団しました。

トップスターは、だいたい5年ほど活動するのですが、わずか2年での退団となりました。

その早すぎる退団に、「いじめがあった」という憶測もありましたが、天海祐希さんが真実を語っています。

色々な要素があったんですけど…ちょうど後々こういうスケジュールになりますよ、と月組のプロデューサーの方に先々のスケジュールを見せていただいて、その時にちょうど2年後の12月がパァーと光って見えているような気がしたの。

それが自分が大好きだった、一番最初に大きな役をいただいた『ミー・アンド・マイガール 』というミュージカルを再演しようと思うと言っていただいて、あっ、コレだ。コレで私はやめようと思って、私コレで辞めますと言ったら、プロデューサーが、「はっ?」ここで辞めますと!

徹子の部屋HPより引用

さすが天海祐希さん。天からの思し召しを受け取って、ピーンときて潔くやめたのですね。

7.ファンが天海祐希についていった

今の宝塚ファンたちの間では、あまり天海祐希さんのファンだった人を見かけないそうです。

ファンは贔屓が退団すると、次の贔屓に乗り換えるのが普通ですが、天海祐希さんのファンはそのままについて行き、宝塚自体のファンをやめてしまったようです

サヨナラ公演の見送りには、5,000人が集まったというので、その伝説的な人気は計り知れませんね。

まとめ

今回は、天海祐希手さんの宝塚時代の伝説について、紹介しました。

今でもトップクラスの女優として活躍していますが、宝塚時代も数多くの伝説を残していました。

宝塚音楽学校入学から、トップスターになるまで、常に1番で誰も彼女を超えることができなかったのですね。

今後の活躍も楽しみですね!