芸能人

原田知世の若い頃が可愛すぎ!デビュー当時からの画像を時系列でまとめ

女優・歌手として活躍している原田知世さん。

若い頃からその可愛さで人気を集め、今も美貌が衰えず、多くの人に支持されていますよね。

そんな原田知世さんですが、若いころが可愛すぎる!と話題になっているようなんです。

今回は、原田知世さんの若い頃について、調査しました!

原田知世のデビュー当時からの画像を時系列でまとめ

10代から芸能界入りを果たした原田知世さん。デビュー当時からを、可愛い画像とともに振り返っていきましょう。

1.1982年:デビュー当時(14歳)

原田知世さんは、14歳のときに「角川映画大型新人女優募集」と題した映画『伊賀忍法帖』のオーディションにて、特別賞を受賞します。

同年放送されたドラマ「セーラー服と機関銃」で、主演にえらばれて華々しく女優デビューしました。

デビュー作でいきなり主演に選ばれたというのは、それだけ原田知世さんに光るものがあったのでしょうね。

それと同時に、主題歌「悲しいくらいほんとの話」では、歌手デビューも果たしています。

2.1983年:時をかける少女(16歳)

原田知世さんはデビュー時からいきなり注目を集め、翌年には大林信彦監督の映画『時をかける少女』で主演を務めることとなりました。

記者会見では初々しい笑顔をみせた原田知世さん。まだ少女なのですが、どこか大人の女性のオーラも醸し出していますよね。

その透明感とキュート笑顔で、まさに美少女!という印象です。芸能界の中でも、根強いファンが多いのも納得ですね。

この作品では高い演技力が評価され、『日本アカデミー賞』『ブルーリボン賞』など、多くの名誉ある新人賞を受賞しています。

原田知世さんはこのときも、主題歌「時をかける少女」を担当し、58万枚のヒットとなりました。oriconシングルでは2位となり、自身最大のヒット作となりました。

実は、この「時をかける少女」は、原田知世さんの引退作となる予定だったそうです。

なぜかというと、初主演映画で大型新人女優としてブレイクした原田知世さんは、同時に主題歌である『悲しいくらいほんとの話』も歌いました。

プロデューサーの角川春樹さんと大林宣彦監督は、「こんな育ちの良い美少女を、芸能界においておくわけにはいかない」と考えたそうです。

穢れの無い美少女のままでいてほしい、と、引退プレゼントにする予定だったといいます。

原田知世さんがおばあちゃんになったときに、家で鑑賞できるプレゼントにしようという思いだったそうです。

結局は女優をつづけることになったのですが、大御所2人からそこまで思われるなんて、原田知世さんのポテンシャルがすごすぎるということですよね。

原田知世さんは、このエピソードを大人になってから知ったそうですよ。

3.1984年:天国にいちばん近い島(17歳)、1985年:早春物語(18歳)

原田知世さんは、デビューしてから毎年主演映画が公開され、主題歌も担当していました。

「天国にいちばん近い島」では、自身初のオリコン1位も記録しています。

そして、「早春物語」では、第36回NHK紅白歌合戦に出場し、初の紅白となりました。

このときから、全国に原田知世さんの名前が知られるようになります。

4.1987年:私をスキーに連れてって(20歳)

原田知世さんは、19歳のときに角川事務所から独立し、個人事務所を設立しました。

10代で個人事務所を設立したというのはすごいことですね・・・!

角川社長の薬物使用が原因で、独立したと噂されていましたが、真相は不明でした。

原田知世さんの代表作ともいえる映画『私をスキーに連れてって』では、『第11回日本アカデミー賞』の話題賞・俳優部門を受賞しました。

ユーミンの主題歌と共に、映画が大ヒットとなってスキーブームが巻き起こりましたね。

当時、どこのゲレンデでもこの主題歌がかかっていたといいます。

10代のときと比べて、かなり大人っぽくなっていますよね。

もちろんこのときから十分美少女なのですが、何年経っても変わらないその美貌には驚くばかりですね。

このように、原田知世さんが出演をつとめたドラマや映画は、軒並み大ヒットとなりました。

不動の人気女優となった原田知世さんですが、20代以降はこの順調なレールから完全に降りることになります。

5.1992年:アルバム『GARDEN』(24歳)

原田知世さんは20代になると、女優よりい歌手活動を優先させるようになりました。

20代の頃は、徐々に大人っぽくなり、可愛さと両方を兼ね揃ていますよね。

28歳でアルバム『clover』、29歳でシングル『ロマンス』をリリースし、いずれもスマッシュヒットとなっています。

20代は髪型が頻繁に変わっていたようですが、ショートでもロングでもずっと可愛いですよね。

渡欧したり、バンドを組んだりと、唐突な行動が多かった印象ですが、これが新たなファン層を獲得するきっかけとなったようですね。

6.1995年:味の素AGFコーヒー「ブレンディ」のCM(28歳)

原田知世さんは28歳のころ、「ブレンディ」のCMに出演し、現在にいたるまで20年以上出演しつづけています。

原田知世さんの柔らかい雰囲気と、「ブレンディ~♪」のCM曲がとてもよく合っていますよね。

同じブランドでテレビCM出演時間が日本一という記録も持っており、未だに誰にも破られていないようですよ。

7.2005年:『サヨナラCOLOR』(38歳)

原田知世さんは30代となって、また徐々に女優業をこなすようになりました。

このときに、イラストレーターのエドツワキ氏と結婚しています。

意外にもこの年まで結婚していなかったのですね。仕事が第一優先だったのでしょうか。

原田知世さんはショートヘアのイメージが強いですが、ロングヘアの原田知世さんもとってもかわいいです!

8.現在

現在なんと54歳になった原田知世さん。ありえないくらい美しさをキープしていますよね・・・!

ドラマ「あなたの番です」では久しぶりに民法ドラマの主演をつとめ、劇場版にも出演しています。

W主演をつとめた田中圭さんと並んでも、全然違和感ないですよね。17歳も年の差がある用には思えないです。

原田知世さんは若さの秘訣を、『いいと思ったものを試してみる』と話していました。いつでも新しい事に挑戦する姿勢が、若さの秘訣なのかもしれませんね。

まとめ

 

今回は、原田知世さんの若い頃について、紹介しました。

若いころはとびきりの美少女で、透明感あふれるオーラを放っていた原田知世さん。

50代となった現在も、変わらぬ可愛さを保ち続けており、いつまでも憧れてしまいます。

今後も活躍し続け、ファンを喜ばせてほしいですね。