芸能人

和田アキ子の目が変な理由は眼瞼下垂で手術失敗したから!?再手術の経緯や現在の病状を調べてみた

芸能界のご意見番として知られている和田アキ子さん。

「アッコにおまかせ!」などのMCでも活躍していますが、最近「目が変」と言われているようなんです。

実は眼瞼下垂で、過去に2度手術を受けていることがわかりました。

今回は、和田アキ子さんの目が変な理由について、調査しました!

和田アキ子の目が変な理由は眼瞼下垂で手術失敗したから!?


2018年4月9日、和田アキ子さんは、「名医のTHE太鼓判!」に出演し、目の違和感について公表しています。

和田アキ子さんはドライアイにかなり悩んでいたそうで、涙の量が異常に少なく、ホルモンバランスも崩れていたみたいです。

ただ、ドライアイだからといって、目が極端に小さくなることはないですよね。

和田アキ子さんはかなりアルコール摂取量が多いのと、ヘビースモーカーであることも影響し、眼瞼下垂になってしまったようです

そして、2018年12月1日には、『アッコのいいかげんに1000回』にて、手術を受けたことを告白しています。

以前から病院から手術を薦められていたのですが、テレビで顔を出すときに抵抗があるので、断っていたそうです。

「実は約2週間前に眼瞼下垂の手術をしました」「まぶたが垂れ下がってきて、視野が狭いというか、見えづらいと思っていた」
「目を大きく開けることを意識しすぎたせいもあって、今度は頭痛が止まらなくなった」
サンケイスポーツより引用

そのため、手術を決意した和田アキ子さん。眼瞼下垂のみならず、眉毛が下がってくる眉毛下垂という診断もされました。

2018年12月2日には、生放送「アッコにおまかせ!」で術後の目を見せており、ちょっとその状態に違和感がありました。


ただ、瞼がぱっちりしたことで、「可愛らしくなった!」という声もあがっていました。

眼瞼下垂の手術は保険適応なので、医療手術になるのですね。

和田アキ子さんは手術後、「視野が広くなった」と言っていたので、成功だったようですね。

以前は目が細くて、視野が狭まっていたようで、視界が開けて良かったですね。

2018年12月12日『FNS歌謡祭』では、さらに目が開き、「アイプチをしたのか?」という声があがっていました。

手術直後は少し目が腫れていたのが、だんだん自然になってきたのだと思います。

黒目の割合が増えたことで、違和感を感じる人もいたと思いますが、黒目が大きくなったわけはないので、ごく自然だと思います。

和田アキ子は再手術をしていた!現在の病状は?

2019年6月18日、和田アキ子さんは術後の不満をこぼしていました。

そして、「アッコにおまかせ」で、眼瞼下垂の修正手術を行うことを告白していました。

和田は、昨年11月にまぶたが垂れて視野が狭くなり、頭痛などの原因になるという眼瞼下垂と診断されて手術し、12月2日の同番組で手術を受けたことを明かしていた。しかしその後、自身のラジオ番組などで術後の悩みを明かし、再手術の可能性も示唆していた。

こうしたことから、この日の番組では「去年やったんですが、自分の目が嫌でずっと落ち込んでおりました。本当に病気になりそうだったんで、これを機会に修正手術、違う病院で受けたいと思います」と明かした。
その上で「再来週は、だから元気な笑顔でお送りしたいと思います」と話していた。
毎日新聞より引用

術後の自分の目が嫌で、病気になりそうなくらい落ち込んでいたそうです。

思っていたのとちがう変な目になってしまい、整形しようとも考えていたそうです。

さらに、黄斑変性症も発症していたことを明かしています。

黄斑変性症は、目の網膜に血液と水がたまってしまい、視界が狭くなる病気です。

笑福亭鶴瓶さんは、「いつでもワロタ目してるから、本心がわからへん。前はもっと(目が)丸かったよ。視野狭いやろ?」と、和田アキ子さんに眼瞼下垂を改善する手術を勧めていました。
『Mr.サンデー』より引用

周りが見ても、目に違和感があったようですね。

和田アキ子さんは、目の見た目が不満で、家に帰ってからはずっと気持ちが落ち込んでしまったそうです。

なんと、メンタルトレーニングに通っていたくらいですから、かなりの落ち込みようですね。

たしかにテレビに出演して顔を全面に出すわけですから、目に違和感があったらテレビ恐怖症になってしまいそうですよね。

大御所である和田アキ子さんであっても、精神的に不安を抱えることがあるのですね。

そして、2019年10月19日に『アッコのいいかげんに1000回』に出演し、修正手術が完了したことを明かしていました。

修正手術後は、腫れもなく、ごく自然な目元になりましたね。今回の修正手術は大成功だったのでしょう。

眼瞼下垂はまぶたが垂れ下がってしまい、目をぱっちり開くのが難しくなる症状です。

先天的、後天的と分れるそうですが、和田アキ子さんは年齢を重ねてから発症したので、後天性のものでしょう。

手術は視界が明るくなり、気持ちも前向きになったそうです。目を大きく開く必要がなくなり、頭痛も肩こりも改善されたそうですよ。

現在も経過は良好のようで、手術が成功して本当に良かったですね。




まとめ

今回は、和田アキ子さんの目が変な理由について、紹介しました。

眼瞼下垂を患っていたようで、1度手術をうけるも、術後の見た目に不満を抱き、再手術していました。

メンタルもかなりやられていたみたいですが、無事手術が成功して良かったですね。

今後の活躍も楽しみですね。