芸能人

【超意外!?】和田アキ子の若い頃が可愛い!デビュー当時からの画像を時系列でまとめてみた

歌手やテレビ番組の司会をつとめ、幅広く活躍している和田アキ子さん。

面倒見がよく親しみやすいキャラクターで、さまざまな芸能人からも、姉御と慕われていますよね。

そんな和田アキ子さんですが、若いときは意外にも(?)超可愛い!といわれていたのです。

今回は、和田アキ子さんの若い頃について、調査しました!

和田アキ子のデビュー当時からの画像を時系列でまとめ

和田アキ子さんは現在、歌手やバラエティ番組の司会など、幅広いジャンルで活躍していますよね。

そんな和田アキ子さんのデビュー当時から、現在に至るまでの変化を時系列で見ていきましょう。

1.デビュー時:1968年『星空の孤独』(18歳)

和田アキ子さんは1968年、『星空の孤独』で歌手デビューを果たしました。

念願だったデビュー作だったのですが、期待されていたほど売り上げが伸びなかったそうです。

若い頃はとても可愛くて、石原さとみに似ているとの声もあがっていました。

高身長でスタイルも抜群、「カッコイイ女性」という表現がぴったりですね。

知らない方も多いと思いますが、和田アキ子さんは在日韓国人で、出生名は「金福子」です。

和田アキ子さんの父親は料亭を経営し、柔道の指導もしていました。

昔かたぎの職人気質で、父が家では絶対的な存在だったそうです。

子供は全員敬語で接し、和田アキ子さんは女の子だからといって、毎晩晩酌に付き合わされていました。

ずっと正座でお酌をし続けなければならず、理不尽に暴力をふるわれることも多々あったそうです。

幼い頃から柔道を習っており、中学1年生で柔道初段の腕前となった和田アキ子さんは、中学生のときからヤンキー化してしまいます。

父親に反発するようになり、中学1年生で家出をしました。

喧嘩・お酒・タバコに明け暮れていたのですが、中学生のときに英語の授業が分からず悔しい思いをしました。

そこで、レコード店で洋楽のレコードを購入し、何度も聴いて英語を覚えるようになります。

その後、私立の高校に入学したのですが、わずか3日間で父が退学届を提出し、やめることとなってしまいました。

しかし、その後ホリプロの社長にスカウトされたことで、一躍スターダムを駆け上がることになります。

2.1969年:2ndシングル『どしゃぶりの雨の中で』(19歳)

2ndシングル『どしゃぶりの雨の中で』は、17万枚のスマッシュヒットを記録し、一気に人気歌手への階段を駆け上がりました。

当時の和田アキ子さんは、「和製のリズム&ブルースの女王!」というキャッチコピーでした。

歌唱力や声量も半端なく、MISIAさんのようなゴスペルがすごかったんですよね。

当時の写真を見てみると、ドキっとするほど可愛いですよね。

しかし上京当時は生活が貧しく、社長の家に下宿し、じきじきにレッスンを受けていました。

ただ、社長に気を使ってご飯のおかわりができず、いつも空腹状態でした。

そこで、近所のすし屋で『ちらし寿司3人前を食べきったら無料』という企画にチャレンジし、吐きながら無理矢理食べきっていたそうですよ。

当時から姉御肌で、ゴッド姉ちゃんと呼ばれていた和田アキ子さん。

なんでも、歌手デビューする前は、舎弟たちを20人引き連れ、道頓堀を練り歩いていたとか。

和田アキ子さんは空手と柔道を習っていましたから、心斎橋から放り投げられた男が大勢いたとか・・すごい伝説です。

道頓堀では「ミナミのアコ」と恐れられていたのですが、一気に「リズム&ブルースの女王!」となったのはすごいですよね。

3.1970年:『笑って許して』(20歳)

1970年にリリースした『笑って許して』は、20万枚のヒットを記録し、紅白歌合戦にも出場することとなりました。

レトロな髪型がよく似合い、色気があって美しい姉御です。

4.1972年:『あの鐘を鳴らすのはあなた』(22歳)

和田アキ子さんの代表曲とも言える『あの鐘を鳴らすのはあなた』では、第14回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞します。

一躍トップアーティストの仲間入りを果たしたのですが、このときから先輩から嫌みを言われたり、いじめを受けていたとか。

わざとお茶をかけられたり、靴にマジックで「バカ」と悪口を書かれるなど、悪質ないじめだったそうです。

なんと、レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞したときの花束も、菊の花だったそうですよ。ひどすぎますね・・・

それでも和田アキ子さんは負けずに、スターの道をかけあがったのです。

5.1973年:バラエティー番組『金曜10時!うわさのチャンネル!!』(23歳)

和田アキ子さんはバラエティ番組に出演するようになり、タレントを鍛えるため企画を仕掛けていく『ゴッドねえちゃん』に扮します。

コントを繰り広げる様子がウけて、視聴率30%を超える超人気番組となりました。

『和田アキ子=乱暴者』とイメージがついたのですが、人気タレントとしての地位も確立します。

「デカい・コワい・強い」というイメージが全国区となり、姐御肌のキャラクターはたちまちウケたのです。

しかし、1979年には強引に降板を申し出、打ち切りとなってしまいました。

和田アキ子さんは、「ゴッド姉ちゃん」のイメージを嫌っていましたし、歌手活動に専念したい思いがあったようですね。

この時、レギュラー出演していたバラエティ番組も全て降板してしまったそうです

6.1974年:『古い日記』

1974年に発表された『古い日記』も、大ヒットを記録し、和田アキ子さんの代表作のひとつとなりました。

長身でスタイル抜群の和田アキ子さんは、ロングドレスがとてもよく似合っていますね。

日本人離れしたスタイルで、報道陣を魅了していました。

7.1981年:カメラマンと再婚(31歳)

和田アキ子さんはプライベートで、2度結婚をしています。

1977年にマネージャーの男性と結婚していますが、スピード離婚してしまい、1981年にカメラマンの飯塚浩司さんと再婚しました。

和田アキ子さんは子供が大好きで、子供をさずかるのを望んでいたのですが、結婚直後に子宮がんが発覚してしまいます。

そのため、子宮を全摘出と判断され、泣く泣く子供を諦めたそうです。

和田アキ子の旦那は飯塚浩司!馴れ初めや結婚までの経緯を調べてみた

和田アキ子の旦那は飯塚浩司!馴れ初めや結婚までの経緯を調べてみた歌手やテレビ番組のMCをつとめたりと、マルチに活躍している和田アキ子さん。 今ではすっかりご意見番として大御所芸能人となっていますが、...

8.現在

現在は芸能人のご意見番として、すっかり大御所タレントの貫禄をみせている和田アキ子さん。

バラエティ番組を降板した際は、テレビ局が出禁になることもありましたが、現在はすべて解決されています。

1980年代以降は、「アッコにおまかせ!」でMCをつとめ、紅白にも出場したり、歌手とタレントの仕事を両立していますね。

バラエティ番組を通じ、明石家さんまさんやダウンタウンなど、多くの大物芸人と仲良いですね。

怖いイメージのある和田アキ子さんですが、誰とでも仲良くなれる優しい方なのでしょう。

和田アキ子さんはデビュー50周年を迎え、70歳を超えるとは思えないほどのパワフルさですよね。

和田アキ子の目が変な理由は眼瞼下垂で手術失敗したから!?再手術の経緯や現在の病状を調べてみた

和田アキ子の目が変な理由は眼瞼下垂で手術失敗したから!?再手術の経緯や現在の病状を調べてみた 芸能界のご意見番として知られている和田アキ子さん。 「アッコにおまかせ!」などのMCでも活躍していますが、最近「目が変」と言われて...

まとめ

今回は、和田アキ子さんの若い頃について、紹介しました。

若い頃は可愛さとかっこよさをかねそろえており、「和製のリズム&ブルースの女王」と呼ばれていました。

昔からスタイル抜群で、パワフルな歌声で世を魅了していたのですね。

今後の活躍も楽しみですね!