芸能人

森本慎太郎の幼少期は子役で可愛すぎ!出演ドラマや演技力を徹底調査

SixTONES(ストーンズ) として活躍している森本慎太郎さん。

幼い頃からジャニーズJr.のエースだった森本慎太郎さんは、子役としてドラマに出演し、「エリート街道」まっしぐらだったそうです。

そんな森本慎太郎さんの子役時代が、「可愛すぎる!」と話題になっているようなんです。

今回は、SixTONES・森本慎太郎さんの子役時代について、調査しました!

森本慎太郎の可愛すぎる子役時代を紹介!

いまではイケメンでたくましい青年といった印象の森本慎太郎さんですが、実は子役時代はとってもかわいかったのです!

画像を見てみると、本当に可愛いですよね。まさに天使の笑顔です。

本人は昔から可愛い路線が嫌で、かっこいい路線を目指していたとか。そのため、長いまつげを定期的にはさみで切っていたそうですよ。もったいない・・・(笑)

森本慎太郎さんは、2006年、9歳のときにジャニーズ事務所に入所しました。

兄の森本龍太郎さんが2004年から事務所に入っていたので、KAT-TUNのコンサートでバックダンサーをするときに観戦しにいきました。

コンサート終了後、家族で食事をしていると、ジャニー喜多川さんが偶然通りかかり、兄と間違われたそうです。

このことがきっかけで、ジャニーズ事務所に入所することになりました。

当時は空手を習っていたので、電話で誘われるものの2回断っています。

3度目の正直で舞台のリハーサルを見学しに行ったところ、ダンスに魅了され、オーディションなしというVIP待遇で事務所へ入ることになりました。

いまでは体格のいい大人の男性といった雰囲気の森本慎太郎さんですが、昔とかなりギャップがあるので、「昔は可愛かった」というのがファンの間でネタになっています。

実の母親にも、『昔の慎ちゃんを返して』と言われたそうですよ(笑)

2006年10月からジャニーズ事務所入りをした森本慎太郎さんは、レッスンに打ち込み、翌年に舞台へ出演します。

「2007 謹賀新年 あけましておめでとう ジャニーズJr.大集合」で初出演を果たし、兄の龍太郎さんが所属していた「Tap Kids」に加入します。

それ以降は立て続けに舞台に出演し、どんどん活躍の場を広げていきました。

舞台出演のかたわら、子役としてドラマに出演していました。

その可愛らしい容姿に、ファンのみならず、スタッフなど大人たちにもかなり可愛がられていたそうです。

まさにエリート街道まっしぐらだった森本慎太郎さんですが、子役時代の苦悩もあったそうです。

ジャニーズ事務所入所後、一年未満でドラマへの出演が決まったのですが、まったくの未経験だった森本慎太郎さんは、かなりプレッシャーを感じていたそうです。

小学校も友達と遊べずにすぐ帰宅する日々だったので、「どんどん友達がいなくなる・・・」と、家では泣いていたそうです。

しかし、「私立バカレア高校」に出演した際、SixTONESのメンバーと共演したことで、「初めて対等に話せる仲間ができた」と話しています。

それからはコツコツと先輩たちのバックダンサーとして活動を続け、デビューまで13年以上もかかった苦労人でもあります。

SixTONES結成まで紆余曲折があったため、グループへの愛も人一倍強く、「譲れないものがあるから、5人のためだったら1人でも闘う」と語っていました。

いつもは明るくふざけている森本慎太郎さんですが、ふとしたときに真剣な表情を見せることでも知られています。

事務所から猛プッシュを受けていた時期を知っているファンは、「あの慎太郎くんがセンターじゃないなんて」という声も聞こえてきます。

しかし、あえてセンターでないというのがSixTonesの強みで、歌唱中にセンターポジションに来るときもあり、「ラスボス感」があって良いですよね。

森本慎太郎さんがあえて一番端にいるのが、SixTONESの強みで、「全員がセンター」ということですね。

センターになるレベルの森本慎太郎さんですが、音楽面で言うと、ジェシーさんと京本大我さんを中心に作っていった方が定まりやすいのかもしれませんね。

出演ドラマや演技力を調査!

森本慎太郎さんは、アドリブの演技もこなし、好評を得ています。

子供時代に多くの作品に出演し、演技力を培ってきたからでしょうね。出演作品を、時系列で見ていきましょう!

受験の神様(2007年)

森本慎太郎さんが、10歳のときに出演したドラマ「受験の神様」。

山口達也さん主演で、主人公の息子の同級生役を兄である龍太郎さんが演じていました。

さらにその弟・西園寺忠嗣役を、森本慎太郎さんが演じていたわけですね。初出演にして、兄弟出演ということで、話題になっていました。

愛くるしい弟役がばっちりハマっていましたが、その裏では演技未経験ということもあり、多くのプレッシャーを感じていたそうです。

バッテリー(2008年)

森本慎太郎さんが10歳のときに出演した、ドラマ「バッテリー」。

人気小説のドラマ化で、主演の中山優馬さん演じる原田巧の弟・原田青波役を演じていました。

病弱ながらも周りを癒す少年で、天使のような森本慎太郎さんがとっても可愛いです!

恋して悪魔~ヴァンパイア☆ボーイ~(2009年)

森本慎太郎さんが11歳のときに出演した、ドラマ「恋して悪魔」。

またもや中山優馬さんと共演し、主人公を慕っている居候先の一人息子を演じていました。

いつも元気で明るく、「ルカにぃ」と呼ぶ姿は本当に可愛かったです。

働くゴン!(2009年)

森本慎太郎さんが12歳のときに出演した、スペシャルドラマ「働くゴン!」。

篠原涼子さんが主演のキャリアウーマン役を演じ、その息子役を演じていました。

初のお兄ちゃん役だったのですが、しっかり演じていましたね。

スノープリンス 禁じられた恋のメロディ(2009年)

森本慎太郎さんが12歳のときに出演した、映画『スノープリンス 禁じられた恋のメロディ』。

オーディションを勝ち抜き、主演・原田草太役に抜擢されています。

映画初出演にして初主演をつとめ、父親役に香川照之さん、母親役が岸惠子さん、ほかにも檀れいさんや浅野忠信さんといった、豪華な俳優陣と共演しました。

昭和初期の山形県を舞台に、貧しくも必死に生きる少年を演じています。

森本慎太郎さんの澄んだ瞳が、主人公のピュアさとマッチしていたため、抜擢されたそうです。

この映画で仲良くなった愛犬・チビの子犬時代に出演した秋田犬を、撮影後にもらって実家で飼っていたそうですよ。

犬と心を通わすという難しい役どころだったんどえすが、ありのままの自分で演じていたそうです。

映画公開とともに、「スノープリンス合唱団」が結成され、主題曲も歌っています。


その後、映画「スノープリンス禁じられた恋のメロディ」初出演&初主演に大抜擢へ!!
デビューシングル「スノープリンス」をリリースし、オリコンシングルチャートで初登場5位を記録しています。

映画公開に合わせた期間限定ユニットだったのですが、森本慎太郎さんがリーダーで、合計11人で構成されていました。

ジャニーズ史上最年少ユニットで、ミュージックステーションへも出演しています。

さらに、『第60回NHK紅白歌合戦』にも、「こども紅白歌合戦」という企画で出場を果たしました。

左目探偵EYE(2010年)

森本慎太郎さんが13歳のときに出演した、ドラマ「左目探偵EYE」。

Hey! Say! JUMPの山田涼介さんが主演をつとめ、単発の第4話に出演しています。

初の学生役だったので、森本慎太郎さんもぐっと大人っぽくなりました。しかし、まだ可愛らしさも残っていますね。

この頃はジャニー喜多川さんに猛プッシュを受けていたので、テレビ出演も増えていたそうです。




まとめ

今回は、SixTONES・森本慎太郎さんの子役時代について、紹介しました。

9歳でジャニーズ事務所に入所し、いきなりドラマに出演し、子役として多数の作品に出演していました。

演技未経験だったものの、その演技力は高く評価されていたようですね。

今後の活躍も期待したいですね!