芸能人

篠原涼子の離婚歴|親権放棄した本当の理由や不倫疑惑について徹底調査

おしどり夫婦として知られていた篠原涼子さんと市村正親さん。2021年に離婚し、世間を驚かせましたね。

篠原涼子さんが親権を放棄したことでも話題を集めていましたが、その理由は何なのでしょうか?

今回は、篠原涼子さんの離婚について、調査しました!

篠原涼子が離婚したのは市村正親

篠原涼子さんと市村正親さんは、2021年に離婚を発表しました。

2人は舞台「ハムレット」で出会い、2003年に熱愛が発覚し、当時市村正親さんが既婚者だったので、不倫関係からのスタートでした。

年齢差が24歳もあったため、大きな注目を集めていましたね。

市村正親さんは、劇団四季の女優・八重沢真美さんと最初の結婚をしています。

1984年に結婚し、20年以上連れ添ったものの、2005年に離婚が成立しています。2人の間に子供はおらず、八重沢真美さんは「独身に戻る気がして子供を作らなかった」と振り返っています。

篠原涼子さんも15歳年上のヘアメイクアーティストと同棲していたので、お互い禁断の関係での始まりだったのです。

篠原涼子さんの父親は、ずっと2人の結婚に反対しており、男手ひとつで育てた大事な娘を、自分と同世代の男に取られたくなかったのでしょうね。

その後、「早く子どもをつくること」を条件として、結婚を認められ、2005年12月8日に2人は結婚会見を開きました。

2008年5月には第一子となる長男が、2012年2月には第二子となる次男が誕生し、幸せな結婚生活を送っていました。

しかし、2020年8月には、市村正親さんと篠原涼子さんが別居しているとスクープされます。

事務所も別居を認め、新型コロナウイルス蔓延防止の観点から、別居を選択したということでした。

市村正親さんは過去に胃がんを経験しており、70代と高齢のため、重症化リスクを配慮したということです。

「昨年8月、篠原が、市村と2人の息子さんを残して家を出る形で別居していることが分かりました。篠原は車で10分ほどのところにある高級マンションを借りていま
す」
女性自身より引用

篠原涼子さんは、ドラマ「ハケンの品格」の撮影終了後には自宅に戻る、と話していたものの、結局は自宅に戻りませんでした。

離婚理由について、市村正親さんは、

「作品が続き別居が基本のスタイルとなり、夫婦、親、互いに役者として、新たなカタチを考えるようになりました。
離婚という形になったものの、同業だからこそ理解し合えること、また何より私も女優篠原涼子の一ファンとして、彼女がより一層女優として輝き、母としても生きていく道を歩ませたいという思いに至りました」
週刊文春より引用

と、あくまでも円満離婚を強調していました。

篠原涼子は略奪愛だった!?市村正親との不倫から結婚までの馴れ初めを調査!

篠原涼子 略奪愛
篠原涼子は略奪愛だった!?市村正親との不倫から結婚までの馴れ初めを調査!女優の篠原涼子さんと俳優の市村正親さんは、年の差おしどり夫婦と呼ばれていましたが、実はその馴れ初めが「略奪愛」だったと言われています。 ...

篠原涼子が親権放棄した本当の理由

1年半近く別居の末に、結婚生活15年の幕を閉じた市村正親さんと篠原涼子さん。慰謝料や財産分与はなく、円満離婚だということです。

しかし、同時に世間を驚かせたのが、息子の親権を市村正親さんが持つ、という発表でした。

市村正親さんが「父の背中を見せて育てていきたい」と強く希望したということで、篠原涼子さんも「私の願いが一致した」とつづっていました。

「人生の先輩である私の強い希望で、親権は私が持つことを受け入れてくれました。これからはそれぞれ役者として、親として、新たなカタチのパートナーとなり、子どもを支えていきたいと思います」
AERA.dotより引用

市村正親さんはお子さんたちについて、「2人ともパパみたいな役者になりたいそうで。」と、子供の希望をうれしそうに話していました。

長男、次男ともに市村正親さんのような役者を目指しているということで、全力で支えていきたいと考えているようですね。

長男は2021年10月上演の舞台「オリバー!」にて、スネイク役で初めての親子共演を果たしています。

役者になるという夢にむかって、着実に階段を駆け上がっているようですね。

ただ、篠原涼子さんが自ら親権を持たない、と放棄した可能性もあります。

市村正親さんは72歳と高齢で、長男は13歳、次男は9歳と、2人とも成人になる頃は市村正親さんが80歳を超えています。

また、過去に胃がんを経験していることもあり、なにかと不安がある市村正親さんが親権をもつことが不自然ですよね。

篠原涼子さんは、長男のお受験が一区切りし、本格的に女優復帰してから、仕事を優先させたいという思うようになったそうです。

別居していた時も、市村正親さんは息子たちの面倒もよく見ていて、篠原涼子さんは飲み歩いていたとか・・・

そのため、子供と一緒にいるより自分の自由な時間を尊重したかったのでは?といわれています。




篠原涼子の不倫疑惑について徹底調査!

篠原涼子さんは市村正親さんと離婚後、韓流グループ「SUPERNOVA」のグァンスさんとの熱愛がスクープされました。

グァンスさんが来日するたびに密会していたそうで、離婚理由は不倫だったのでは?と疑われています。

篠原は周囲の人間に《私がグァンちゃんの彼女》とあっけらかんとし、グァンスも折に触れて《彼女が、彼女が》とオープンに語ったりで、関係を隠すこともなかったという。ふたりは同じマンションの別部屋を借り、篠原は二重生活を続けながらステイホーム愛を育んだらしいのだが、不倫関係、それも芸能人でそんなことはあり得るのか。
週刊文春より引用

以前から篠原涼子さんは夜遊びの様子を報じられ、親権を持たなかったのも、不倫していたことが原因だったのでは、といわれています。

「2人の子供が成長するにつれて、篠原さんの“夜遊び”が目撃されるように。泥酔し、バーで市村さんへの愚痴をぶちまける姿や、’16年には江口洋介さん(53)との深夜焼き肉デートが報じられていました。その後も彼女は夜にカラオケに行くなど改まる様子はなく、2人の関係はどんどん冷え切っていったそうです」
週刊文春より引用

もともと市村正親さんは篠原涼子さんの仕事を尊重していましたが、「母として子供たちのそばにいてほしい」と思っていたそうです。

だんだん市村正親さんが篠原涼子さんの夜遊びを注意するようになると、「もう別れたい」「離婚する」と言い返していたそうです。

さらには、「浮気してもいいから、世間には隠してほしい」と言っていたそうで、不倫は容認していたようですね。

【真相】篠原涼子とグァンスの現在。本当に不倫してたのか馴れ初めやLine流出画像についてまとめ

【真相】篠原涼子とグァンスの現在。本当に不倫してたのか馴れ初めやLine流出画像についてまとめ篠原涼子さんといえば、おしどり夫婦といわれていた市村正親との離婚を発表し、話題になっていましたよね。 同時にK-POPグループ「SUP...

まとめ

今回は、篠原涼子さんの離婚について、紹介しました。

市村正親さんと不倫略奪愛の末に結婚したものの、15年で離婚し真剣は市村正親さんが持つこととなりました。

篠原涼子さんが自由になりたかったことや、不倫していたことが離婚理由と噂されているようですね。

今後の報道にも注目ですね!