芸能人

森七菜が苦手な人は多い?嫌いだと言われてしまう理由を徹底調査!

女優としてさまざまな作品に出演している森七菜さん。歌手や声優としても活躍しており、若手の中でも知名度は抜群ですよね。

そんな森七菜さんですが、「苦手」「嫌い」という声が多いようなんです。

今回は、森七菜さんが苦手という声について、調査しました!

森七菜が苦手な人は多い?

森七菜さんが「苦手」という声がどれくらいあるのか、ネット上で調査してみました!

やはりTwitterでは「苦手」「イライラする」「嫌い」という声が散見されますね。

森七菜さんはまだ若いということもあり、少し天然っぽくて天真爛漫なところが魅力ではありますね。

バラエティー番組などで素の森七菜さんを見ているうちに、だんだん嫌いになってしまった、という人も多いようです。

世間はいったい森七菜さんのどのようなところに、苦手意識を感じているのでしょうか?

森七菜が嫌いだと言われてしまう理由を徹底調査!

森七菜さんが嫌いと言われる理由について、1つずつ見ていきましょう!

1.あざとい

苦手という声の中で、最も多かったのが、「あざとい」という理由でした。

あざといといのは、「計算高い」「ずる賢い」「小悪魔」といった意味があります。


森七菜さんは少々天然っぽいように見えますが、それが変に伝わってぶりっ子に見えてしまうのかもしれませんね。

例えば、クリーム系の食べ物を食べると、必ず口の周りに何かつけたり・・・

食べ方は豪快なように見えますが、カメラ目線をしているところにあざとさを感じている人が多かったようです。

また、クセなのかもしれませんが、舌をペロっと出すしぐさが多いようです。

自身のインスタグラムにも、口元に食べ物をわざと付けているかのような写真をアップしていました。

天然なだけなのか計算なのか・・・わかりませんが、無意識に女性からは敵対視されているのでしょうね。

実際、かわいいからこそ出来る顔ですよね。森七菜さんがSNSで大バッシングの理由は、この2つから来ているのではないでしょうか。

2.男性受けが良いので嫉妬

森七菜さんのあざとい行動や可愛さは、男性受けが抜群です。

本人も、自分がかわいいと自覚して行動しているかもしれませんが、結果的に女性から嫉妬の目で見られてしまうのですね。

「あざとい」「ぶりっ子」といった声があがるのは、可愛くてモテるからというのもあるとおもいます。

実際、「あざとくても可愛いからおっけー!」という声もあります。

嫌いな理由に「あざとい」が1番多くあがっていましたが、逆もしかりで、そのあざとさが可愛いということですね。

3.話し方が苦手

最近はバラエティ番組に多く出演していたので、森七菜さんの話し方にもツッコミが入っているようです。

以前「しゃべくり007」で堀内健さんとの即興ドラマを繰り広げたときは、予測不能なツッコミにキレ気味に「なんっスか、パワハラっすよ!」と激しく言い返していました。

その荒っぽい言葉づかいに、「生意気」「大声でドヤしてるのが素なんだろうな」と、ドン引きした声があがっていました。


バラエティ番組のノリに合わせたのかもしれませんが、話し方がちょっと幼いというか、失礼に感じる人が多かったようですね。

4.ごり押し感がすごい

森七菜さんはここ数年、急にドラマや映画への出演が増えたような気がしますよね。

しかもほとんどが主演で、急に露出が触えると、「ごり押し感がすごい」と批判されてしまうようです。

森七菜さんに限らず、若手女優が急にテレビに出ると、あまり良い印象を与えないようです。

ただ、森七菜さんの演技力は業界内でも評判が良く、数々のオーディションを勝ち抜いた実力派でもあります。

5.演技が苦手

森七菜さんは実力派若手女優、と言われていますが、演技が「苦手」「下手」という意見も多いようです。

森七菜さんは高校生など明るく元気な役なら「ぴったり!」なのですが、ちょっとシリアスな役は似合わないのかもしれませんね。

ただ、オロナミンCのCMは、テンションが高すぎて歌声やキャラが嫌い、という意見もあるようです。万人受けするのは難しいですね。

6.歌が下手

森七菜さんは歌手活動もしており、ミュージックステーションにも出演したことがあります。

やはり本格的な歌手ではないからか、ちょっと歌唱力に欠けるようですね。明るくて元気のある声だとは思いますが・・・

女優が歌手活動をすると、どうしてもハードルが上がってしまうんですよね。共演者の福山雅治さんは、「非常に透き通った歌声」と褒めています。

よほど歌唱力がある方でない限り、歌を人前で歌うのはリスキーですね。

7.田舎っぽい

森七菜さんは、とても素朴で天真爛漫、ピュアなところが魅力の女優さんですよね。

しかしその一方で、田舎っぽい芋女と言われることもあります。

そんな田舎っぽさがある子が、芸能界でここまで成功していることに、疑問を抱く人が多いようですね。

ただ、一般人にいそうな、親近感があるところが貴重という意見もあります。

森七菜さん本人は、バラエティー番組で「田舎ものじゃないです」と否定している一幕もあったようです。

8.食べ方が汚い

森七菜さんは、食べ方が苦手と言われることが多いようです。

アイスクリームを横から食べたり、サーモンのサクをそのまま手掴みで食べたり・・・

おいしそうに食べるのはよいと思いますが、その結果口に食べ物をつけていて、あざといと言われてしまうのですね。




まとめ

今回は、森七菜さんが苦手という声について、紹介しました。

やはりあざといという理由が一番多かったのですが、ほかにも演技や歌、食べ方について気になる人が多かったようです。

若手女優ということで色眼鏡で見られがちだと思いますが、批判に負けず頑張ってほしいです。

今後の活動にも注目ですね!