芸能人

池田エライザは歌が上手い?世間の声や動画で検証!歌が上手いと言われる理由についても調べてみた

女優やモデルとして活躍している池田エライザさん。

様々差なく品に出演していますが、最近は歌手としてもデビューするなど、マルチに活躍しています。

そんな池田エライザさんの歌唱力ですが、どのように評価されているのでしょうか?

今回は、池田エライザさんの歌唱力について、調査しました!

池田エライザは歌が上手い?世間の声は?

女優やモデル、映画監督、そして最近は歌手としても活躍している池田エライザさん。

歌手デビューする前から、歌番組でカバー曲を披露していたので、むしろ今まで歌手デビューしていなかったんだ!と、驚く人も多かったでしょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ELAIZA IKEDA(@elaiza_ikd)がシェアした投稿

今後はカバーだけでなく、池田エライザさんオリジナル作品もリリースされるということですね。

歌手活動はELAIZA名義でおこなうそうで、デビュー曲「Close to you」は9月6日に配信リリースしています。

歌唱力はもともと素晴らしかったのですが、ゆったりしたビートの80年代を想起させるような曲でした。

さらに、11月にはアルバム『失楽園』がリリースされました。

YouTubeチャンネルとファンクラブも開設され、精力的に活動していくようですね。

ネット上では、池田エライザさんの歌唱力に、賞賛の声があがっています

やはり、皆さん池田エライザさんの歌声を聞いて、「上手い!」と絶賛していました。

池田エライザさんは、米津玄師さんのアルバム「BOOTLEG」に、歌唱ゲストとして参加しています。

米津玄師さんは池田エライザさんの歌声をSNSで聴いて、「いつか一緒に何か出来たら」と考えていたそうです。

「fogbound」の独特の世界感や、曖昧な雰囲気が、池田エライザさんの透き通る歌声にマッチしていますね。

米津玄師さんは一緒に仕事をして、「歌声が完璧にマッチしている」と、絶賛していました。

あの米津玄師さんをそこまで言わしめるなんて、さすが池田エライザさんですね。

池田エライザは本当に歌が上手いのか動画で検証!

池田エライザさんの歌声は、すこしハスキーでセクシーな大人の魅力たっぷりという感じですよね。

女優から歌手デビューされた方は、柴咲コウさんや上白石萌音さんら、わずかな人しか成功していないので、かなりハードルが高いと言われています。

しかし池田エライザさんは、「歌が下手」という声がほとんどなく、「歌が上手」と絶賛されています。

池田エライザさんはよくカバー曲を歌っていて、その昭和レトロでアンニュイな雰囲気も、マッチしているんですよね。

「FNS歌謡祭夏」で、親友である上白石萌音さん「I believe」をデュエットした際は、抜群のハーモニーに賞賛の声が上がっていました。

その後に、中島みゆきの「時代」をギターで弾き語りをして、こちらも絶賛されています。

池田エライザさんがこのように、歌番組で披露してきた曲は非常に高評価で、歌手として今後の活躍に期待する声が多いです。

その一方で、オリジナル曲のリリースを心配する声もあったようですね。

確かにカバー曲は非常に評価が高いですが、プロのアーティストとなると、また厳しい目で見られるでしょう。

池田エライザさんは、モデル、女優としても多忙なので、音楽活動をどれくらい精力的にできるかが気になりますね。




池田エライザは歌が上手いと言われる理由

池田エライザさんは、どうして歌が上手なのでしょうか?

実は、その歌唱力は、母親譲りと言われているようです。

池田エライザさんの母・エリザベスさんは、フィリピン人で元歌手・モデルです。

日本人男性と結婚し、誕生したのが池田エライザさんなので、フィリピン人ハーフということですね。

エリザベスさんがステージに立ったときの姿をみると、池田エライザさんを彷彿とさせますよね。

また、池田エライザさんの父はギターが趣味だったので、その影響で中学3年生のころにギターを始めました。

最初はすぐに挫折してしまったのですが、高校進学時に授業でギターを習い、一人で練習していたら上手になっていったそうです。

ギター歴はだいたい8年くらいで、いまではたくさんのギターをコレクションしています。

ギブソンのギターは、なんと50万円もする高価なもの。総額100万円はくだらないとか・・・さすがです。



まとめ

今回は、池田エライザさんの歌唱力について、紹介しました。

2021年より歌手として始動し、カバー曲も歌っていて、その歌唱力は絶賛されていました。

母が元歌手で家にギターがあったという環境からも、池田エライザさんの歌唱力が身についたのかもしれません。

今後の活躍にも注目ですね!