芸能人

成田凌は美容師免許を持っていた!美容学校はどこ?美容師としての腕前についても調べてみた

最近ドラマや映画、CMなどで引っ張りだことなっている俳優・成田凌さん。

高身長で目鼻立ちが整ったイケメン。どこかミステリアスな雰囲気もありますよね。

そんな成田凌さんですが、実は美容師免許を持っているようなんです。

今回は、成田凌さんの美容師時代について、調査しました!

成田凌は美容師免許を持っていた!

成田凌さんは芸能界入りをする前に、美容師を目指していました。

美容室で働く前に芸能界に入っていたため、実際にお店に立った経験は無いそうです。

以前、「人は見た目が100パーセント」というドラマに出演した際、売れっ子美容師役を演じていた成田凌さん。

18歳のころ思い描いていた姿を、実際に体験できるというのは、非常にうれしいことですね。

「本当は子どもの頃からなりたいって思ってたのかもしれないんですけど、目立ちたがり屋だしジャニーズ好きだったし、女優さんとかよりも男の人たちが好きだったな~。僕がそれをやることによって作品が面白くなるかどうか、ですね」
ナタリーWEBより引用

もともと人前にたつことが好きだった成田凌さん。

美容専門学校に通った理由は意外にも、仲の良い友達が進学するから、というノリと勢いだったようです。

「人は見た目が100パーセント」以外にも、木村拓哉さん主演ドラマ『ビューティフルライフ』のように、主役で美容師役をやりたいとの意欲を見せていました。

成田凌が通っていた美容学校はどこ?

成田凌さんは高校卒業後、「日本美容専門学校」に進学しました。

都内有数の美容専門学校で、卒業生の8割が人気エリアのサロンに就職しています。

ほかにもヘアメイクアップアーティストなど、芸能界で裏方として仕事をしている人も多いようです。

成田凌さんは高校時代、何も将来を考えておらず、普通の大学に進学するつもりもありませんでした。

そこで仲の良い友人に卒業後の進路を聞いた際、美容専門学校に行くということでしたので、成田凌さんも同じ道を歩むことになりました。

軽い気持ちで入ったものの、在学中は熱心にスキルアップし、コンテストで入賞した経験もあります。

当時は実習に悪戦苦闘しており、練習用のマネキンが家にありすぎて、捨てても捨ててもまだ30個くらいあるそうです。

通称「日美」といわれるこの専門学校は、ヘアメイクや美容師など、美容関係の仕事に就くため多くの生徒が入学しています。

成田凌さんは、主にヘアメイクを学んでいました。美容師免許の合格率も高く、就職率も良いことで知られています。

2年コースと3年コースがあり、成田凌さんは2年コースに入りました。

成田凌さんは専門学生時代、2週間に1度髪型を変えて、かなりおしゃれに気をくなっていました。

また、原宿の古着屋「dude」でアルバイトをしており、お店のブログにモデルとして登場していました。

当時から高長身でイケメンだったので、女性客から人気を集めていたそうですよ。

専門学校2年生のときには、ファッション雑誌『MEN’S NON-NO』のオーディションを受けることとなります。

当時就活中だったのですが、同居していた友人が同じサロンに就職したいと知り、真似したと思われるのが嫌だったそうです。

就職活動をしているときに、このままでは簡単に夢が叶(かな)ってしまう気がして、それではつまらないと思ったんです。あと、当時一緒に住んでいた友人が自分と同じサロンを就活で受けると聞いたので、“もうやめた!”って。それでメンズノンノに応募して事務所に入りました。
週刊女性PRIMEより引用

美容師がモデルになるというのも、夢のある話ですね。もともと雑誌『ChokiChoki(チョキチョキ)』に、読者モデルとして登場していたので、芸能界に入る素質はあったのでしょうね。

芸能界に入るのは家族に猛反対され、特に母とは「2年で芽が出なかった辞める」と約束を交わしました。

就活中に複数のサロンからオファーがあったそうですが、すべて断り、芸能界で挑戦することを決めました。

その後、雑誌「MEN’S NON-NO」のオーディションに見事合格し、専門学校在学中からモデルとして活動を開始しています。

オーディションでは審査員に対し、「俳優になりたいので手伝ってほしい」と、お願いしていたそうですよ。




成田凌の美容師としての腕前は?

俳優になる前は美容師を目指していたという成田凌さん。

サロンで勤務した経験は無いものの、美容専門学生時代はコンテストで入賞するなど、なかなかの実力を持っていたようです。

桐谷美玲さん主演のドラマ「人は見た目が100パーセント」では、初となる美容師役に挑戦していました。

この作品は、女子力を捨てた理系女子(リケジョ)・城之内純を中心に、「美の特別研究」に挑戦する女子を描いています。

成田凌さんは、純が恋するイケメン美容師・榊圭一役を演じました。

ドラマの中で、見事なカットシーンを演じた成田凌さん。「今からでも美容師いけるのでは?」なんて声が上がるほどでした。

成田凌さんは、表参道にある美容室【HAIR ANDREY】が行きつけのようです。

美容専門学校時代から個性的な髪型をしておて、2週間に一度髪色を変えたり、カットやパーマをしていたとか。

学生時代からモデルをしていたのですが、当時の写真はほとんど髪型が違うようですね。

スタイリングが終了すると番組スタッフが成田を担当した美容師に「いつもあんな感じなんですか?」と質問。美容師は「いつもあんな感じで……」と言い、独特な注文については「全然分からないです」とぶっちゃけていた。
成田は「現場とかも入れると1週間に1回ぐらい切ってもらってます」と明かし、スタジオからは驚きの声が上がっていた。
モデルプレスより引用

現在も髪型にはこだわりを持っているようで、5日くらいで「めっちゃ髪伸びたなぁ」と思うそうです。

いまは俳優として活躍していますが、その独特の感性はモデル時代に活かされていたのですね。



まとめ

今回は、成田凌さんが美容師時代について、紹介しました。

日本美容専門学校時代はかなり成績優秀で、美容師免許も取得していました。

その腕前はかなりのものだったようですが、美容師にはならずに俳優の道に進んだようですね。

今後の活躍にも注目ですね!