芸能人

井川遥は在日韓国人だった!韓国籍を公表した理由がヤバい!経緯をくわしくまとめ

井川遥さんといえば、ドラマやCMなどで引っ張りだこの女優さんですよね。

癒し系女優として人気が高い井川遥さんですが、実は在日韓国人であることをカミングアウトしているのです。

今回は、井川遥さんが在日朝鮮人という情報について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

井川遥は在日韓国人

井川遥さんは2007年、祖父が「在日韓国人1世」で、ご自身が「在日韓国人3世」であることを明かしています。

井川遥さんの家族構成は、両親とお兄さん、お姉さんの5人です。

3人きょうだいの末っ子として生まれた井川遥さんは、父に厳しくしつけられて育ちました。

食事のマナーや、話し方もかなり厳しい方で、所作やマナーは父の影響を強く受けたようですね。

井川遥さんが読者モデルやグラビアをしていたときは、本名の「趙秀恵(ちょうよしえ)」名義で活動していたようです。

日本語読みだと「ちょうよしえ」なのですが、韓国読みだと「チョ・スへ」になります。

もともと韓国人であることを特別隠していたわけではないのですが、2012年に改めてカミングアウトしているようです。

井川遥が韓国籍であったことを公開した理由

井川遥さんはプライベートでは、2006年にファッションデザイナーの松本与さんと結婚しています。

その後、2009年6月28日に第一子である長女を、2012年7月に第二子である長男を出産しています。

第二子が誕生したタイミングで、子供の将来を考えて早めにカミングアウトしたようですね。

読者モデル時代に趙秀恵名義で活動していたため、ファンの間では在日韓国人ということは知られていました。

女優として知名度が高くなったので、在日韓国人であることを隠していたとしても、いずれはバレていたでしょう。

それよりは、自らカミングアウトしたほうが、世間に与える印象はかなり良くなりますよね。

週刊誌で報じられて話題にされれば、子供がからかわれたりいじめの標的になることもあり得るので、カミングアウトを決めたようですね。

旦那の松本与さんは、祖父が大手音響メーカー「パイオニア」の創業者、松本望さんという筋金入りのお金持ち。

そして、お母さんが岩倉具視を高祖父に持つ、名家育ちだったため、結婚の際は猛反対されたようです。

井川遥さんが在日韓国人だったことも、反対された理由のようですね。




井川遥が韓国籍であると公表した経緯をまとめ

井川遥さんは、読者モデル時代にインタビューに答えていますが、その際本名の「趙秀恵」として登場しています。

2012年7月、第二子となる長男を出産していますが、子供の将来を考えて早めに在日韓国人だとカミングアウトしました。

「事実を隠したまま生活していくのは良くない」と、考えたようですね。

井川遥さんと旦那さんは、知人の食事会を通じて出会い、結婚。現在は渋谷区の一等地にある、4億円の新築マンションで生活しています。

井川遥さんが在日というのは、昔から知られていましたが、本人が自ら話していたのですね。

井川遥さんは在日3世なので、祖父が韓国人ということになります。

そのため、クオーターということになり、顔の雰囲気もあまり韓国人ぽくないですよね。

子供のアイデンティティ-にも関わる問題ですし、井川遥さんもかなり考えた上でカミングアウトしたのでしょう。

井川遥さんの家族は一般人なので、詳細な情報は公開されていません。

両親は共働きで、いたって平凡な家庭だったそうです。

墨田区で生まれて練馬区で育った井川遥さんは、幼少期は内気な性格をしていましたが、明るい姉の影響で、自分も明るくなっていったそうです。

両親が共働きで不在がちだったことから、井川遥さんは幼稚園生のときから積極的に家事を手伝っていました。

幼稚園時代からすでに身長が高く、背の順で並ぶと一番最後だったことから、クラスの男子に「化け物」とからかわれていたそうです。

しかし、女子のリーダー的存在だったので、いじめっこの男子に制裁をしていたそうですよ。

練馬区内の小学校~中学校を卒業後、石神井の高校へ進学した井川遥さんは、東横学園女子短期大学に入学します。

大学卒業後は、OLとして会社勤めをしていたのですが、短大時代から読者モデルをしていたこともあり、半年で会社を退職し、再びモデルになっています。

その際に、本名ではなく「井川遥」の芸名をつけたようですね。



まとめ

今回は、井川遥さんが在日朝鮮人という情報について、紹介しました。

祖父が韓国人で、井川遥さん自身は在日3世ということになるようです。

第二子が誕生したタイミングで、子供の将来を考えてカミングアウトしたようですね。

これからの活躍にも注目ですね。最後まで御覧いただきありがとうございました。