芸能人

【2022最新】現在が悲惨な子役ランキング!消えてしまった理由が衝撃

みなさんの中にも、「あの子役は今どうしているのだろ?」と思う子供たちがいると思います。

かわいらしさを存分に発揮していたはずですが、最近見かけないなあ・・・という子も多いでしょう。

今回は、現在が悲惨な子役一覧について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

現在が悲惨な子役一覧まとめ!消えてしまった理由が衝撃的

それではさっそく、現在が悲惨な子役について、順番に見ていきましょう。

第10位:黒田勇樹(くろだ ゆうき)

  • 生年月日:1982年4月23日(40歳)
  • 出身地 :東京都世田谷区
  • 身長 :171 cm
  • 代表作 :『人間・失格~たとえばぼくが死んだら』『セカンド・チャンス』『ひとつ屋根の下2』

黒田勇樹さんは、1歳からモデルをはじめ、CMや雑誌に出演していました。

1988年にNHK大河ドラマ『武田信玄』にて、武田信勝役をつとめ、俳優デビューしています。

ミュージカル『オリバー!』では見事主役をつかみとり、8歳という帝国劇場最年少主役となりました。

ドラマ『人間失格』では怪演をみせ、実力派子役として認知され、数々の賞を受賞しています。

2007年に体調不良で舞台をドタキャンし、その後仕事は激減してしまったようです。

28歳のときに芸能活動を一時休止し、コールセンターや引っ越しのアルバイトをして生活していました。

その後、2014年ごろに俳優業に復帰し、現在は舞台を中心に演出家としても活動しています。

第9位:斉藤祥太・慶太(さいとうしょうた・けいた)

  • 生年月日:1985年11月18日(36歳)
  • 出身地 :神奈川県横浜市
  • 身長  :170cm
  • 代表作 :『キッズウォー』『ホットマン』『タッチ』

斉藤祥太・慶太兄弟は双子の俳優として、かなり有名でしたよね。

井上真央さん主演のドラマ「キッズ・ウォー」に、2人そろって出演して、一気に知名度を高めていました。

しかも当初、双子であることが公表されていなかったので、一人二役かと思われていましたね。

双子のイケメンというのはかなり珍しく、同世代の女子から圧倒的な支持を集めていました。

しかし、双子はなかなか起用しづらいこともあり、成長するにつれだんだん仕事が減っていったようです。

現在は俳優業をこなしつつ、地元の友人からの紹介で、解体業や塗装業、ガス配管などの仕事もしているようですね。

2019年からは2人のYoutubeチャンネルも開設し、新たなことにチャレンジしています。

第8位:鈴木杏(すずき あん)

  • 生年月日:1987年4月27日(35歳)
  • 出身地   :東京都世田谷区
  • 身長  :163cm
  • 代表作 :『六番目の小夜子』『Stand Up!!』『がんばっていきまっしょい』『花燃ゆ』『リターナー』『花とアリス』

ポカリスエットのCMで一躍有名になったのが、鈴木杏さんですね。

まだ少女だった当時から、透明感が素晴らしく、まさに可憐な美少女でした。

鈴木杏さんはその後も、ドラマや映画、舞台とさまざまな作品に出演していました。しかし、だんだんテレビでは見かけなくなりましたね。

学生ということもあり、10代後半~20代にかけて、仕事をセーブしていたようです。

現在も女優として活動しており、舞台に積極的に出演しています。子役時代より少し太った感じがしますが、その演技力は健在です。

第7位:加藤清史郎(かとう せいしろう)

  • 生年月日:2001年8月4日(20歳)
  • 出身地 :神奈川県
  • 身長  :162cm
  • 代表作 :『座頭市 THE LAST』『忍たま乱太郎』『暗殺教室』『天地人』『任侠ヘルパー』『ドラゴン桜』

加藤清史郎さんは、2009年にトヨタのCMに出演し「こども店長」として一躍人気となりましたね。

母が人見知りを全くしなかい性格を活かそうと、生後2ヶ月で劇団ひまわりに登録させます。デビューはわずか1歳1ヶ月でした。

しばらく映画やドラマに引っ張りだこだったのですが、学業を優先するため、しばらく芸能界から離れていました。

そして、イギリスに留学し、立教英国学院高校に通っていたそうです。

2020年より本格的に芸能活動を再開し、大学に通いながら俳優業をこなしています。

「ドラゴン桜」で、久しぶりに子ども店長を見た!という人も多いでしょう。

昔の可愛さはなくなってしまいましたが、さすがの演技力で味がある大人の男性になりましたね。

第6位:美山加恋(みやま かれん)

  • 生年月日:1996年12月12日(25歳)
  • 出身地 :東京都
  • 身長  :152cm
  • 代表作 :『僕と彼女と彼女の生きる道』『純情きらり』『ちびまる子ちゃん』

深山加恋さんは、2004年放送のドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」に出演し、可愛すぎる!と話題になりましたね。

シリアスな演技もこなせる、すごい子役でしたね。

現在もドラマや映画などに出演していますが、かなり印象が違うので、美山加恋さんだと気付かない人も多いと思います。

当時は学業優先だったので、だんだんメディアに登場しなくなったのですね。

また、アニメ作品に強い関心を持っており、声優としても活躍しています。

今後も、女優と声優の2本の柱で続けていきたい、と話していました。

第5位:小林星蘭(こばやし せいらん)

  • 生年月日:2004年9月25日(17歳)
  • 出身地 :東京都
  • 身長  :150cm
  • 代表作 :『夏の恋は虹色に輝く』『名前をなくした女神』

小林星蘭さんは、長澤まさみさんと共演したカルピスのCMや、ドラマ「名前をなくした女神」で注目を集めましたね。

歌手・声優としてもデビューしており、現在も活動を続けています。

ただ高校生ということもあり、学業優先なのか、あまり目立った活動はしていないですね。

昔はあどけなくて可愛かった小林星蘭さんですが、だんだん劣化した?とも言われるようになりました。

容姿がかなり大人っぽくなっていますので、あどけなさがなくなったことが理由でしょうか。

第4位:谷花音(たに かのん)

  • 生年月日:2004年5月4日 (17歳)
  • 出生地 :埼玉県
  • 身長  :154 cm
  • 代表作 :『名前をなくした女神』『全開ガール』『パパドル!』

3歳頃から芸能活動をスタートした、谷花音さん。「名前をなくした女神」に出演した際は、「可愛すぎる!」と話題になっていましたね。

2012年4月からは、『beポンキッキーズ』で、鈴木福さんとMCを務めていました。小林星蘭さんと音楽ユニット「すたーふらわー」で、歌手デビューもしています。

また、2016年公開の映画『君の名は。』で、宮水三葉の妹・四葉役をつとめています。

現在高校生の谷花音さんですが、アメリカの高校に語学留学していたそうです。

最近の写真を見てみると、少々太ったような気がしますね・・・あの可憐な少女の面影があまりないようです。

成長期ですから、これからどんどん大人の女性になっていくのでしょうね。

第3位:えなりかずき

  • 生年月日:1984年11月9日(37歳)
  • 出身地 :東京都世田谷
  • 身長 :167cm
  • 代表作 :『渡る世間は鬼ばかり』

えなりかずきさんといえば、『渡る世間は鬼ばかり』ですよね。5歳の時に長男・眞役を射止め、お茶の間の人気者となりました。

通称「渡鬼」は、1990年に第1シリーズが放送され、2011年まで続く長寿番組となりました。

当初5歳だった眞も、「橋田ファミリー」の主要メンバーとしてブレイクします。

2017年のスペシャル版では、仕事と子育ての両立をする一児の父へと成長しました。

最近でもドラマや舞台、声優など、幅広く活躍しています。

最近の人には認知度は低いですが、ある意味変わらない姿が魅力なのかもしれませんね。

第2位:間下このみ(ました このみ)

  • 生年月日:1978年4月27日(43歳)
  • 出身地 :東京都葛飾区
  • 代表作 :『スクール☆ウォーズ』『所さんのただものではない!』

間下このみさんは、4歳でキッコーマンのCM「ガンバレ!玄さん」に出演し、一躍人気子役となりました。

「このみちゃん」の愛称で親しまれ、1980年代にドラマ・バラエティ・CM・舞台と、幅広く活躍しています。

しかし、中学入学後に学業を優先するため、芸能活動を休止し、2004年からはふたたび、女優、タレントおよび写真家として活動しています。

当時の子役としては、珍しくバラエティ番組に多数レギュラー出演していました。

現在は結婚して、お子さんも誕生しているようですね。さすがに30年以上の月日が経っているので、昔の面影はありません。

第1位:大橋のぞみ(おおはし のぞみ)

  • 生年月日:1999年5月9日(22歳)
  • 出身地 :東京都
  • 代表作 :『崖の上のポニョ』

大橋のぞみさんといえば、2007年公開の映画「崖の上のポニョ」で主題歌を歌い、素朴な声や見た目で大人気となりました。

3歳でドラマにデビューし、2008年には紅白歌合戦に9歳という史上最年少で出場しました。

大人気となった大橋のぞみさんですが、小学校卒業と同時に、芸能界を引退しています。

子役をしていた祖父からの助言もあり、学業に専念するためだったそうです。

現在は保育士を目指して大学に通っている、という噂がありました。すでに一般人となっているため、定かではありません。

今後も、芸能界復帰は無さそうですね。

まとめ

今回は、現在が悲惨な子役一覧について、紹介しました。

まだ芸能活動をしている方も多いですが、子役時代で引退している人も多いですね。

やはり可愛らしいイメージが強いので、成長して見た目が変わってしまうと、起用しづらいという点もあると思います。

これからの活躍にも注目ですね。最後まで御覧いただきありがとうございました。