芸能人

眞栄田郷敦の母親は元芸妓!名前は玉美で画像はある?現在の様子や親子の仲良しエピソード

俳優として様々な作品に出演している、眞栄田郷敦さん。父は千葉真一さん、兄は新田真剣佑さんというサラブレットですね。

そんな眞栄田郷敦さんですが、母親についても注目を集めています。

今回は、眞栄田郷敦さんの母親について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

眞栄田郷敦の母親は元芸妓!

眞栄田郷敦さんの父親は、名優・千葉真一さんですね。

千葉真一さんは野際陽子さんと最初の結婚をしており、長女をさずかっています。

離婚後、元芸妓のタマミ・チバさんと1996年に再婚しています。

当時、千葉真一さんが57歳、タマミ・チバさんが29歳という歳の差婚で話題になりました。

さらに、往年の大スターが、一般女性と結婚したということでも、大変注目されました。

眞栄田郷敦さんの母・タマミ・チバさんは、当時、京都でトップクラスの芸妓さんでした。

その界隈では有名な方で、千葉真一さんとは撮影で京都に行った際に、出会ったようですね。

仕事の合間や接待で出会い、当時超売れっ子だったタマミ・チバさんにぞっこんだったそうです。

その後、タマミ・チバさんは、千葉真一さんとの間に2人の息子をさずかります。

眞栄田郷敦さんは、2000年1月9日、アメリカのカルフォルニア州ロサンゼルスにて生まれました。

玉美さんは沖縄県出身という噂がありましたが、京都府出身です。

眞栄田郷敦さんは、本名が「前田」というのですが、漢字を変えて「眞栄田」と名乗っています。

沖縄に「真栄田」という苗字が多いことから、母が沖縄出身という噂が広まったようです。

タマミ・チバさんは、千葉真一さんの借金や女性問題に悩んだ末、2016年11月に離婚を決意します。

2015年に、千葉真一さんが女子大生と不倫していたことを報じられたのが、決めてとなったようですね。

離婚したことにより、新田真剣佑さんの親権は千葉真一さん、眞栄田郷敦さんの親権はタマミ・チバさんが持つことになりました。

眞栄田郷敦さんは、どちらかというと、母のタマミ・チバさんによく似ています。

眞栄田郷敦さんは、その彫りの深い目元から、しばしば「ハーフではないか?」と言われることがあります。

しかし、母親のタマミ・チバさんは純粋な日本人ですし、ハーフやクウォーターではないですね。

千葉真一さんも濃い顔だちをしていますし、タマミ・チバさんもハーフっぽい顔立ちなので、眞栄田郷敦さんはよりハーフっぽくなったようですね。

眞栄田郷敦の母親玉美の現在は?

離婚後、タマミ・チバさんは、眞栄田郷敦さんを連れて京都の実家に戻りました。

しかし、一般人だったタマミ・チバさんは、シングルマザーとして眞栄田郷敦さんを育てるのに、かなり苦労したようです。

千葉真一さんは昭和のスターらしく、常に破天荒で金遣いも荒く、映画製作のために莫大な借金を抱えていました。

1970年にジャパンアクションクラブ(JAC)を設立し、真田広之さんなどを輩出した実績があります。

しかしその後、俳優養成学校を開校したものの、金銭トラブルが絶えませんでした。

それから、日米合作映画製作のために、数億円の融資を受けていますが、映画製作が頓挫したため、莫大な借金を抱えました。

「再婚後、千葉さんは米ロスに拠点を移したものの、借金を重ねて映画製作などにカネを注ぎ込み、家にお金を全く入れなくなった。でも、幼子2人を抱える玉美さんは働きに出ることもできず、生活を切り詰めるなど大変な苦労をした」
女性自身より引用

生活が成り立たなくなり、帰国したタマミ・チバさんは、実家に戻り、パチンコ店でアルバイトして生計を立てていました。

千葉真一さんは、なかなか離婚に同意しなかったそうです。「また4人で一緒に暮らしたい」と言っていたとか。

しかし、タマミ・チバさんと離婚後、一度破局した54歳年下の恋人と、復縁しています。

新田真剣佑さんや眞栄田郷敦さんは、父が復縁したことに驚き、怒鳴り合いの喧嘩をすることもあったようです。

千葉真一さんの借金のせいで、タマミ・チバさんはまともに養育費をもらえていなかったみたいですね。

苦労しながら、幼い子供を懸命に育ててきたタマミ・チバさん。

眞栄田郷敦さんは、中学からアルトサックスでの才能を開花させており、高校は岡山県の有名私学・明誠学院に進学しています。

学費もかなりかかっていたと思いますが、タマミ・チバさんは、眞栄田郷敦さんを育てるべく、必死に働いていたのですね。




眞栄田郷敦の親子の仲良しエピソード

タマミ・チバさんはとても料理上手で、眞栄田郷敦さんも新田真剣佑さんも、手料理が大好きだといいます。

眞栄田郷敦さんは母に負担をかけないよう、食事は一日一食にしていたそうですよ。

母はとても苦労して眞栄田郷敦さんを育ててきたので、間近で見ていたからこそ何か力になりたい、と思ったのでしょう。

母親とはいまでも仲良しで、料理を食べるために、京都に帰ることもあるといいます。

アメリカに住んでいたころは、千葉真一さんが「外食にいこう」と誘っても、眞栄田郷敦さんらは「母のあら汁」が食べたいと言っていたそうです。

外食よりも、「ママレストラン」だったのですね。

タマミ・チバさんは、アメリカで12年生活していましたが、英語がまったく話せなかったそうです。

そんな中、日本から遠く離れた場所で、息子たちを育ててくれたことを、大変感謝しているそうですよ。

アメリカでの子育ては、大変な思いをしていたと思います。

新田真剣佑さんも、母にとても感謝しており、弟の眞栄田郷敦さんも大変可愛がっています。

今でも兄弟仲がよく、月1回のペースでご飯に行くこともあるそうですよ。

しかし俳優面では、「兄には負けたくない」と闘志を燃やしているそうです。



まとめ

今回は、眞栄田郷敦さんの母親について、紹介しました。

京都でトップクラスの芸妓だったタマミ・チバさん。千葉真一さんと離婚後は、京都で眞栄田郷敦さんを女手一つで育て、大変苦労されたそうです。

眞栄田郷敦さんは母にとても感謝しており、今でも手料理を食べに京都に帰るそうですよ。

これからの活躍にも注目ですね。最後まで御覧いただきありがとうございました。