芸能人

森本慎太郎は演技が上手い!世間の評判は?子役時代から演技力が高かった!

森本慎太郎さんといえば、人気ジャニーズアイドルグループ・SixTONESのメンバーとして活躍していますよね。

俳優としても活動しており、さまざまなドラマに出演しています。

そんな森本慎太郎さんですが、その演技力が高く評価されているようなんです。

今回は、森本慎太郎さんの演技力について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

森本慎太郎は演技が上手い!

森本慎太郎さんは、SixTonesの中では明るいムードメーカー的存在ですが、実は演技派俳優なんです。

幼少期から空手を習っており、アクロバットお得意で、体格がよく、現在放送中の「ナンバMG5」でもアクションシーンを披露しています。

過去に出演した作品も、時代劇や警察ドラマ、コメディといった、幅広い役をこなしていますね。

アイドルでありながらも、コメディもシリアスもしっかりと魅せてくれています。

森本慎太郎さんの演技力については、世間でも高評価のようですね。

森本慎太郎さんが出演していた『監察医 朝顔』では、風間俊介さん演じる刑事・桑原真也の同僚の森本琢磨役を演じていました。

その前には『部活、好きじゃなきゃダメですか?』で、熱血漢の副キャプテン・一色を好演していました。

演じるキャラがいつもバラバラなのも、森本慎太郎さんの演技力が幅広いため、といえますね。

森本慎太郎は子役時代から演技力が高かった!

森本慎太郎さんは、普段からアドリブの演技もこなし、好評を得ています。

子役供時代から多くの作品に出演し、その演技力を磨いてきたのが大きいでしょう。

森本慎太郎さんは、小学3年生のときにスカウトされてジャニーズに入所しています。

12歳で『スノープリンス 禁じられた恋のメロディ』の主演に抜てきされ、俳優としてのキャリアは長いんですね。

『スノープリンス 禁じられた恋のメロディ』では、オーディションを勝ち抜き、見事主演の座をつかんでいます。

映画初出演にして初主演をつとめ、貧しくも必死に生きる少年を熱演しています。

犬と心を通わすという難しい役だったのですが、ありのままの自分で演じ、好評を得ていました。

その後も、『私立バカレア高校』『幽かな彼女』『GTO』などの学園ドラマに出演し、等身大の演技を披露してきました。

子役時代から、その演技力には定評があったようですね。

デビュー作品は、山口達也さん主演の「受験の神様」で、主人公の息子の友人役を演じていました。

この作品には兄の龍太郎さんも出演しており、兄弟出演ということでも話題になっていました。

愛くるしい弟役を好演していましたが、実は演技が未経験ということもあり、かなりプレッシャーを感じていたそうです。

その後は「バッテリー」「恋して悪魔~ヴァンパイア☆ボーイ~」「恋して悪魔」などに出演し、演技力を磨いていきます。

当時はジャニー喜多川さんのちょう愛を受け、猛プッシュされて、テレビ出演も増えていたそうです。

子役時代は、何より「可愛いらしい天使」という見た目から、演技力はあまり問われていなかったようです。

しかし、次々とオファーがきたり、オーディションに合格しているという点からも、演技力も評価されていたのでしょう。




森本慎太郎の幼少期は子役で可愛すぎ!出演ドラマや演技力を徹底調査SixTONES(ストーンズ) として活躍している森本慎太郎さん。 幼い頃からジャニーズJr.のエースだった森本慎太郎さんは、子役とし...

まとめ

今回は、森本慎太郎さんの演技力について、紹介しました。

幼少期から子役として活躍しており、その演技力はかなり高く評価されていました。

ワイルドな役からシリアスな役まで、演技の幅が広い俳優さんなんですね。

これからの活躍にも注目ですね。最後まで御覧いただきありがとうございました。