芸能人

中村倫也がかっこよくないと言われてしまう4つの理由!人気の秘訣は雰囲気イケメンだから!?

落ち着いた大人の雰囲気と、人懐っこい可愛らしさを兼ねそろている俳優、中村倫也さん。

イケメン俳優として人気を博していますが、その一方で「カッコよくない」という意見もあるようなんです。

今回は、中村倫也さんがかっこよくないと言われる理由について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

中村倫也がかっこよくないと言われてしまう4つの理由!

中村倫也さんが「かっこよくない」と言われる理由について、大きく分けて4つありました。順番に見ていきましょう。

理由①塩顔が苦手

さわやかな塩顔イケメンと言われている中村倫也さん。

顔のタイプはどうしても好き嫌いが別れるので、一概には言えないですね。

ここ近年人気の「塩顔イケメン」であることは間違いないですが、そもそも「塩顔が苦手」「タイプではない」という人も一定数いるのですね。

いわゆる一般的なイケメン俳優というと、目がキリっとしていて目鼻立ちがくっきりしているような、王道のイケメンが多いですよね。

中村倫也さんの場合は、目がタレていてあっさりとした塩顔なので、王道イケメン俳優とは異なるかもしれません。

しかし、反対に中村倫也さんのあっさりした顔が、好みという人も多いです。

一般人にもいそうな顔立ちに見えるかもしれませんが、実物を見たらとってもかっこいいでしょうね。

そのため、中村倫也さんがかっこよくないというよりは、「塩顔が苦手」というだけではははないでしょうか。

中村倫也さんの自体は苦手ではないけども、「塩顔=かっこよくない」という意識がある人は、濃い顔が特徴の「ソース顔」「醤油顔」が好きなんでしょうね。

理由②頭が大きい

中村倫也さんは、「頭が大きく見える」という意見があるようです。

以前、中村倫也さんは身長が168cmから170cmに伸びたことを告白していたのですが、その割には頭が大きく見える、という意見がありました。

ただ、中村倫也さんの全身写真を見てみても、頭が大きいようには見えず、むしろスタイルが良いように見えます。

中村倫也さんはおでこの面積が広いので、髪型によっては頭が大きく見えてしまうのかもしれません。

主演をつとめたドラマ「美食探偵 明智五郎」の明智五郎役では、おでこを出して前髪にボリュームのある髪型をしていました。

そのことから、余計に顔と頭が大きく見えて、スタイルが悪く見えたのかもしれません。

また、芸能人は顔が小さくてスタイルが良い人ばかりですから、中村倫也さんのスタイルが悪く見えて、「かっこよくない」と言われたのかもしれません。

前髪を下ろして髪の毛をボリュームダウンすれば、頭の大きさはそこまで気になりません。

写真の写り方や髪型によるもの、ということでしょうね。

理由③毛深い

中村倫也さんは塩顔イケメンといわれていますが、実は見かけによらず毛深いようですね。

ドラマで見せたすね毛が印象的だったり、ひげを生やした際にかなりワイルドな印象だったのです。

毛深いことで清潔感が感じられず、そこから「かっこよくない」という声につながったのかもしれませんね。

中村倫也さんが毛深いのをあまり好みではない人たちから、そのような意見があがったかもしれません

理由④目が小さい

中村倫也さんは目がタレ気味の印象ですが、「目が小さくて細い」という意見もあがっていたようです。

また、「目が離れ気味」という意見があり、そこからかっこよくない、という意見につながったようですね。

たしかに王道イケメン俳優のみなさんは、みなさん目がクリっとしていますよね。

「目が小さい、細い」という特徴は、塩顔イケメンが好きではない人からすると、苦手なのかもしれません。

中村倫也がかっこよくないと言われても人気なのはなぜ?

人気が上がるにつれて、メディアへの露出が増えている中村倫也さん。

「イケメン!」という声や、「かっこよくない」という声があり、意見が割れているようですね。

しかし、中村倫也さんの人気はずっとうなぎのびぼりです。その人気の理由も、調査してみました!

理由①声がかっこいい

中村倫也さんは俳優業のみならず、テレビ番組のナレーションや、映画の吹き替えもこなしています。

2021年公開のディズニー映画「アラジン」では、主人公のアラジンの吹き替えを担当していました。

カメレオン俳優として名高い中村倫也さんですが、声の表現だけでもそれを実現させているのには、驚きですね。

誰もを魅了させるイケメンボイス、通称「イケボ」なところが、中村倫也さんの魅力の一つです。

理由②塩顔イケメン

「かっこよくない理由」とまったく同じですが、近年の「塩顔イケメンブーム」に乗っかり、そのあっさりとしている顔が人気を集めているようです。

塩顔とは、目は一重か奥二重ですっきりとしており、鼻が高く、色白で輪郭がシャープという特徴があります。

クールでミステリアスなイメージが強いですね。

一見近寄りがたい印象なのですが、中村倫也さんのようにくしゃっと笑う笑顔に、ギャップ萌えする女性が多いようです。

中村倫也さんはすっきりとした奥二重で、鼻が高く、シャープな輪郭をしていて、まさに「塩顔イケメン」ですね。

理由③演技力

中村倫也さんは、どんな役も演じ切る「カメレオン俳優」として人気を博していますね。

その演技力は、見ている人を引き込むたしかなものがあります。

タイプの違うモテ男に、超変わり者の探偵や秘密を抱えた珈琲店主といったクセ者でも、それぞれのキャラクターを確立させてきた。
exciteニュースより引用

「中村倫也はイケメンかそうではないか」という論争は長く続いていますが、それでも人気なのは、やはり確かな演技力でしょう。

また、演技に対しても非常にまじめで、とてもストイックな役作りをしているのだそうです。

なんと1ヶ月に7キロも減量したこともあったそうです。毎日ランニングをして、体重を落としたそうですよ。

中村倫也さんは飽き性な性格が故、ランニングが30分も続かなかったので、続けるためにあえて知らない道で迷子になりながら、つづけたそうです。

その方法は“迷子走法”というもので、まず遠くの目印に向かって走り、目印に到着した後はあえて知らない道を選んで迷子になることで、帰れるまで強制的にランニングするという状況を作り出すことだと明かされた。
TALENTBANKより引用

そんな努力家なところも、人気の秘密なんですね。

理由④ゆるふわキャラが可愛い

中村倫也さんは作品の中で、ゆるくてふわっとした役もよく演じていますね。

2018年放送のNHK朝の連続テレビ小説「半分、青い。」では、主人公を翻弄する小悪魔的男子・朝井正人役を演じていました。

2019年放送のドラマ「凪のお暇」でも、ヒロインを振り回す「メンヘラメーカー」であるゴン役は演じていました。

そんな女性を虜にするゆるふわなキャラクターが、中村倫也さんの雰囲気にマッチしていたのですね。

一部では、「中村倫也さんがイケメン過ぎないのがいい」と、親しみを持ちやすいという意見がありました。

自然と近づきたくなるような、ふわっとした雰囲気が人気の理由なのでしょうね。




中村倫也はやっぱりイケメン!

中村倫也さんについては、やはりイケメンという意見が多くあがっていました!



まとめ

今回は、中村倫也さんがかっこよくないと言われている理由について、紹介しました。

塩顔なところや頭が大きく見えた点から、「かっこよくない」という意見もにつながったようです。

しかし実際はイケメンで魅力的という声が圧倒的に多く、人気の高さがうかがえました。

これからの活躍にも注目ですね。最後まで御覧いただきありがとうございました。