芸能人

重岡大毅は性格が悪そうで嫌いだという人が続出!?なぜ評判が悪いのか徹底調査!

ジャニーズWESTの重岡大毅さんといえば、その屈託のない笑顔から、いつも明るく優しいイメージがありますよね。

自称・『ニコニコ天使ちゃん』という重岡大毅さんですが、その性格については「悪い」という噂もあるようなんです。

今回は、重岡大毅さんの性格について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

重岡大毅は性格が悪そうで嫌いだという人が続出!?

重岡大毅さんの性格についてですが、「悪そう」「嫌い」という意見はほとんどありませんでした。

ジャニーズWESTのメンバーからも、「素直」「真面目」「ボケもできるセンター」と、高く評価されています。

いつも明るく笑顔いっぱいなので、センターとしての信頼感も強いようですね。

そして、自称『ニコニコ天使ちゃん』ですが、その言葉どおりいつも明るくニコニコしているので、見ている方も癒されますよね。

2014年放送のドラマ『ごめんね青春!』では、先輩である錦戸亮さんも重岡大毅さんに癒されたそうです。

このドラマでは、錦戸亮さんが黒板の板書からピアノ演奏まで、自ら腕を磨いていたとか。

重岡大毅さんが錦戸亮さんに、大変な仕事の中でも「笑顔の秘訣は何か?」と尋ねると、「目の前に笑顔の重岡大毅がいるから」と答えていました。

それくらい、周りに活力をみなぎらせる笑顔の持ち主なんですね!

重岡大毅さんはその笑顔のイメージどおり、いつもポジティブで明るい性格のようです。また、誰に対しても気さくに話しかけることができます。

人見知りしない性格ということから、ジャニーズの先輩からも可愛がられているそうですよ。

やはり関西出身で、お笑い体質であることも関係してるかもしれませんね。

グループの中でも、ボケもツッコミもできるムードメーカー的な存在ですから、まさに太陽のような存在ですね。

実は、重岡大毅さんはダンスや歌などまったくの未経験から、ジャニーズ事務所に入所しています。

そのため、人一倍努力を積み重ね、事務所のレッスンから帰宅後も、公園で自主トレをしたり、コンサート内容もメンバーとケンカするほど熱い意見をぶつけ合っていたそうですよ。

デビューするまで、かなりの努力をしてきたという、ストイックな性格なんです。

真面目で、メンバーや先輩に対しても信頼が厚いという面からも、性格が悪いはずはないでしょう。

重岡大毅はなぜ評判が悪いのか徹底調査!

重岡大毅さんは性格が良いことが分かりましたが、なぜか悪い評判もあるようです。

その理由について、1つずつみていきましょう。

いたずら好き

重岡大毅さんは、大のいたずら好きなことで知られています。

ジャニーズWESTのメンバーや、先輩後輩、ファンに対してもしょっちゅういたずらを仕掛けてくるとか。

  • 藤井流星が楽しみにしていたスイーツを食べてしまう(席を立った一瞬のすきにに)
  • 桐山照史のかばんを冷蔵庫に隠した
  • 鞄の中にはネズミやゴキブリなどのおもちゃを仕込んだ

このように、かなりレベルの高いいたずらを仕掛けてしまうようですね。

よくターゲットにされるのは中間淳太で、例えば開けっ放しの中間のかばんを発見すると、重岡は早速ガムテープで口を塞ぎ、誰にもとられないようにとテーブルにガムテープでべったりと接着。
後からブログに「一発ぶん殴っていいですか?」と中間からコメントが来たのだという。
モデルプレスより引用

たまに仕掛けるなら笑える範囲と思うのですが、仕掛けまくるとさすがに度が過ぎている・・・と、引いてしまう人もいるようですね。

何事もほどほどにしておけば、子供っぽくて可愛いレベルになると思いますが、やりすぎるのでバッド評価になってしまうようです。

しかし、ジャニーズWESTのメンバーは慣れているようですね。

調子に乗りすぎ?

重岡大毅さんがバラエティ番組「パパジャニWEST」に出演した際、「良いパパ」を目指して家事などに挑戦するという企画がありました。

その中で、重岡大毅さんがメンバーにビンタしたり、強めのツッコミをしていたのが話題になったことがありました。

関西のノリでふざけていただけなのですが、「性格が悪い」「調子に乗りすぎ」と視聴者が心配した回もあったそうえす。

関西人のツッコミは激しすぎて、他県からすると言い争っているように感じるかもしれません。

ジャニーズWESTのメンバーは仲良しなので、余計にで重岡大毅さんも調子に乗ってしまったのかもしれませんね。

重岡大毅さんはしばしば『おふざけしげちゃん』と呼ばれ、話すのが『ブァーッ』、ふざけるのが『ウァーッ』という擬音で知られているとか。

ちなみに、その後は静かになるのですが、『スッ』というスイッチが切れる擬音を使ってくるそうです。独特ですね(笑)

麒麟の川島明さんも、重岡大毅さんとクイズ番組で共演した際に、スイッチが切れて大人しい真面目モードに入ってしまった、と話していました。

さらに、クイズの正解がわからないときは、すべて川島明さんに丸投げしてきたとか。

しかしそのあと、『兄さ~ん』と甘えてきたそうで、こういうところが憎めない部分なのでしょうね。

演じた役が怖い

重岡大毅さんは、「第17回コンフィデンスアワードドラマ賞新人賞」に輝いたことがあるほど、演技力が評価されています。

NHK『これは経費で落ちません!』での好演が認められたときも、キャスティングの時点で、主演の多部未華子さんが重岡大毅さんを推薦したそうですよ。

そんな中、2020年に出演したドラマ『知らなくていいコト』では、「人間のクズ」と言われるほどの役に挑戦していました。

主演の吉高由里子さんを振り回す「ゲス男」を熱演し、「キモい」とネット上で話題になったほどです。

そんな重岡大毅さんを、ファンは見たくない!とまで言っていたようですね。それほど演技が怖かったようです。

この役のイメージがついてしまい、性格が悪いという印象になってしまったのかもしれませんね・・・

重岡大毅さんの本当の性格については、基本的には明るくて人懐っこく、人に嫌われるような性格ではないようです。

自己中だった?

重岡大毅さんが「性格悪い」とされるのは、「自己中」だったという噂からです。

実は、重岡大毅さん自身が、インタビューで「昔は自己中だった」と話しています。

「同学生時代を振り返った重岡は、『勉強もできなければモテもしない、優しくなくて自分のことばっかり考えてた』と発言。さらに、『ジャニーズ事務所に入っていなかったら、どうなってたんやろうって思います』とも語りました。」
ENTAメガより引用

「自分のことばっかり考えてた」と、認めていることが分かりました。

そのため、「重岡大毅は性格が悪い」と思われてしまったのかもしれません。

小学生時代も、クラスメイトといたずらをする際、怒られたくないために自ら率先してやらなかったとか。

誰かがやるのに乗っかる「スネ夫タイプ」で、ずるい子どもだったそうですよ。

現在重岡大毅さんが「皆を楽しませたい」と考えているのは、学生時代の反省からなのかもしれませんね。




まとめ

今回は、重岡大毅さんの性格について、紹介しました。

真面目でストイック、皆のムードメーカーである重岡大毅さんは、周りから愛される性格の良い方であることが分かりました。

いたずら好きでやりすぎてしまうことから、性格が悪いと言われることもあるようですね。

これからの活躍にも注目ですね。最後まで御覧いただきありがとうございました。