芸能人

永野芽郁は父親がいなくて母子家庭育ち!?母親はどんな人?兄はかなりのイケメンだった!

数々のドラマや映画に出演している女優、永野芽郁さん。朝ドラでヒロインを務めてからは、またたくまにブレイクしましたよね。

いつも明るい笑顔で人気の永野芽郁さんですが、家族構成が気になっている方も多いと思います。

今回は、永野芽郁さんの家族について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

永野芽郁は母子家庭育ち?

永野芽郁の実家は、東京都西東京市と言われています。

実家の家族構成は、お母さんとお兄さんの3人のようです。永野芽郁さんはお父さんについて言及していないので、母子家庭だと思われます。

そんな永野芽郁さんの実家についてですが、お金持ちだという噂があるようです。

4歳~5歳のときに、海外に長期滞在をしたことがあったとか。また、お兄さんがアメリカに留学していたことなどもあり、「お金持ち」と言われているようですね。

アメリカ留学にはかなりの費用がかかりますから、学費や渡航費、住居費、生活費などを含めると、年間400万円~1000万円ほどかかるという情報がありました。

永野芽郁さんは小学生から芸能活動をしていますので、その分の収入もあったでしょうね。

永野芽郁さんが母子家庭ではないか?と言われる理由については、ほかにもあります。

ママはすごく強くて、でもその強さが心配になる時もあって。
私よりも何倍も何十倍も大変なのに、手を抜かずに全力で頑張ってて、めっちゃかっこよくてやっぱり私の憧れの人。
永野芽郁オフィシャルブログより引用

ほかにも、「ママの負担が減るように」「顔見るだけで涙出てきちゃう」という発言から、母子家庭なのでは?と思われたようです。

母や兄については話しても、父親について語ることが無いのも、その証拠ですね。

また、2022年7月1日に「A-Studio+」に出演した際も、永野芽郁さん本人が「母子家庭なんで」とお話ししていたようです。

永野芽郁の母親はどんな人?

永野芽郁さんが尊敬してやまないお母さんは、ドラマなどに出演すると、毎回楽しみに見てくれるそうです。

放送開始3分前になると、必ず『これから始まるよ!』という連絡があるそうですよ。

また、放送後は電話がかかってきて、反省会を開いているそうです。

『仕事は、やると決めたなら最後までやり遂げなさい。仕事が全部終わった状態で辞めたいのなら、いつでもやめていい。でも始めたなら途中で投げ出しちゃダメ』
クランクイン!より引用

このように、仕事をする上でとても大切なことを、母が教えてくれたそうです。

いつも応援してくれているお母さんは、永野芽郁さんが落ち込んでいるときは、『大丈夫、行こうか?』と励ましてくれるそうです。

お母さんはとても強くて、全力で頑張っているそうで、人としても女性としても尊敬しているそうです。

永野芽郁さんはスカウトがきっかけで芸能界に入ったのですが、最初はお母さんに反対されたそうです。

「この仕事をやる必要ない。簡単な世界じゃない」と、猛反対さえたのですが、現在は良き理解者として、支えてくれているようですね。

母親とも大変仲が良く、撮影でもらった花をあげたり、頻繁に連絡を取り合っているそうです。




永野芽郁の兄はかなりのイケメン!

永野芽郁さんには3歳年上のお兄さんがいるのですが、とってもイケメン!と話題になっています。

3代目J SOUL BROTHERSの登坂広臣さんに似ている!と、もっぱらの噂になっています。

永野芽郁さんが美人なので当たり前だと思いますが、お兄さんも目鼻立ちがはっきりしていて、とってもイケメンです!

お兄さんは「りょうじ」さんというそうで、2015年~2020年まで、アメリカに留学していました。

お兄さんと永野芽郁さんはとても仲良しで、アメリカから一時帰国した際は、一緒に食事をして話を聞いてくれるそうですよ。

また、クリスマスにはサプライズ帰国してくれたり、お揃いの服を着たりと、かなり仲良しのようです。

5年間アメリカ留学をしていたお兄さんですが、現在は帰国しているので、就職している可能性はありますね。

大学院2年で修士課程と、3年で博士課程を取得したのではないか?と言われています。

5年間も留学していたということは、きっと英語はぺらぺらなのでしょうね。

お兄さんは昔はやんちゃだったそうですが、今では結婚しているそうです。もしかしたら、お子さんも誕生しているかもしれませんね!



まとめ

今回は、永野芽郁さんの家族について、紹介しました。

永野芽郁さんはお母さんとお兄さんの3人家族で育ったようで、母子家庭であることが分かりました。

家族仲は大変良好で、お兄さんもとてもイケメンであることが分かりました。

これからの活躍にも注目ですね。最後まで御覧いただきありがとうございました。