芸能人

【動画】中村アンの演技が嫌い!演技が下手だと言われる理由は棒読み感や滑舌が悪いから?動画で検証!

女優、モデル、タレントと、マルチに活躍している中村アンさん。

その抜群のルックスと美ボディで、同世代の女性から絶大な支持を集めていますよね。

しかし、その演技力については、賛否両論あるようなんです。

今回は、中村アンさんの演技力について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

中村アンの演技が嫌い!

中村アンさんは2009年にモデルデビューし、その後はバラエティ番組でもタレントとして活躍していました。

2015年放送の「本当にあった怖い話 夏の特別版」に出演してからは、本格的に女優業をスタートしています。

その後、10クール連続でドラマ出演しており、売れっ子女優への階段を駆け上っています。

しかしながら、肝心の演技力については、かなり酷評されています。

中村アンさんは外見については、完璧と言えるほど絶賛されています。男女ともに、嫌いという意見が無いのがすごいです。

しかし、女優としては評価できない・・・という意見が多いようですね。

中村アンの演技が下手だと言われる理由は?

中村アンさんの演技が下手と言われる理由について、1つずつ見ていきましょう。

いつも同じ演技

中村アンさんは、似たような役が多く、いつも同じ演技をしているという意見がありました。

女性が憧れるカッコいいイメージから、秘書や助手のような役がとてもよく似合っています。

もともとモデルということもあり、見た目は完璧なのですが、演技をするとどこか違和感を感じるようです。

表情が不自然で、単調のため、どの役を演じても同じように見えるようですね。

また、日曜劇場の「日本沈没」「DCU」と出演が続いたため、視聴者からしても同じように見えてしまったのでしょうね。

台詞が棒読み

中村アンさんはセリフが棒読み、と言われているようです。

真面目でシリアスな役だと、セリフをしっかり言おうと意識するためか、棒読みになってしまうようですね。

滑舌が悪い

主演ドラマ「ラブリラン」でも多かった意見ですが、少々滑舌が悪く、声が小さいのが気になるようです。

中村アンさん自身も、自分の舌が長くて、滑舌に影響していることを告白しています。

そのため、セリフ回りがつたなく聞こえてしまうことがあるようですね。




中村アンの演技を動画で検証!

中村アンさんの演技力を、出演作品ごとに動画で見ていきましょう!

ラブリラン

『ラブリラン』で中村アンさんが演じたのは、地味で男性経験なしの30歳、という役どころでした。

もともと人気漫画のの実写化で、中村アンさんが初主演をつとめたドラマです。

ドラマの主演を務めたことが、女優としての転機になったと話しており、これ以降バラエティ番組へはほとんど出演しなくなり、女優業がメインとなりました。

中村アンさんの派手な見た目とは真逆で、地味な女性を演じるということで、役作りも苦労したようです。

「自然な演技で素敵」という意見もありましたが、「感情移入できない」「セリフ回しが下手」と、酷評されていました。

演技が少し不自然で、その世界に入りきれないと思った人が多かったようですね。

DCU

阿部寛さん主演の日曜劇場「DCU」での演技も、酷評されてしまった中村アンさん。

本作品は、海上保安庁に新設された「DCU(Deep Crime Unit)」という組織を舞台としたウォーターミステリー。

中村アンさんはメンバーの隆子を演じ、第三話では単独行動の末に殉職してしまう、という衝撃的な展開となっていました。

演技が下手なので、3回目で死亡という脚本にされたという予想までされていました。

あまり熱血漢な役は合っていないのかもしれませんね。

名も無き世界のエンドロール

映画「名も無き世界のエンドロール」は、中村アンさんの評価が一転、とても高評価でした。

岩田剛典さんと新田真剣佑さん主演の話題作で、中村アンさん自身も女優としてチャレンジした作品だったと語っています。

中村アンさんが演じたのは、政治家の娘で人気モデルのリサ。本作のカギを握ってり、迫真の演技で業界内でも評価されているようです。

自分以外はバカにする高飛車で、嫌な女の役だったのですが、ここまで感情をさらけ出す役が初めてだったそうです。

映画をみた人たちは、「すごい狂気を感じた」「クソな女の演技が上手」と、絶賛していました。

やはり、外見の美しさを強調する役のほうが、中村アンさんには合っているのですね!

お芝居を始めてから5年くらい経ちましたが、今までこんなに感情をさらけ出す役を演じたことがなかったので、すごく不安が大きかったんです。でも監督は「素直に演じれば大丈夫!」と背中を押してくれたんです。私自身、リサを演じることは自分が変わるチャンスだと強く思えて、殻を破るつもりで前向きにトライできました。
シネマカフェより引用

自分の感情を強く表現する役ということで、これまで見せたことが無い演技を見せてくれました。

最初は演技力の評価が低かった中村アンさんですが、一役演じるごとにどんどん演技が上手くなっているようですね。



まとめ

今回は、中村アンさんの演技力について、紹介しました。

セリフの棒読み具合や、いつも同じような演技に見えてしまうなどの理由で、演技が下手という意見があがっているようです。

しかし、ここ最近では演技を評価する声もあり、徐々に演技力があがっているのではないでしょうか。

これからの活躍にも注目ですね。最後まで御覧いただきありがとうございました。