芸能人

西畑大吾の演技力は高評価!演技が上手いと言われる4つの理由を徹底解説!

大人気ジャニーズアイドルグループ「なにわ男子」のセンターである、西畑大吾さん。

ジャニーズJr.時代から俳優として活躍しており、多くの作品で高い評価を受けています。

西畑大吾さんですが、その演技力が絶賛されているようなんです!

今回は、西畑大吾さんの演技力ついて、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

西畑大吾の演技力は高評価!

西畑大吾さんは、まだジャニーズJr.だった17歳のときに、俳優デビューを果たしました。

しかもデビュー作がいきなり朝ドラ「ごちそうさん」で、その2年後にまたもや朝ドラに出演しています。

ジャニーズJr.で2度も朝ドラに出演した人は、西畑大吾さんだけだそうですよ。

西畑大吾さんは尊敬する先輩として、二宮和也さんの名前をあげており、好きな四文字熟語も「二宮和也」と話しています。

きっかけは、二宮和也さんが主演をつとめたドラマ『流星の絆』でした。

それ以降も大ファンであることを公言しており、「二宮教の信者」と呼ばれています。

西畑大吾さんは映画『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』と、日清オイリオグループのCMで、二宮和也さんと共演を果たしています。

二宮和也さんは、俳優としての自分を語る際には、「俳優である前にアイドル」と語っていました。

俳優としての演技力が認められているにもかかわらず、あくまで『アイドル』というスタンスなんですね。

実は西畑大吾さんも、まったく同じスタンスだそうで、ポスト二宮和也と言われている理由になっています。

西畑大吾さんは演技力が高く評価されていますが、2014年の俳優デビュー以降、出演作品はドラマ・映画で15本足らずと、あまり多くはありません。

ファンからは「もっと演技が見たい」という声もあがっていますが、あくまでアイドル活動を優先しているのかもしれませんね。

泣きの演技や、サイコパスな演技、コミカルな役まで、幅広い演技ができるのも、高評価につながっているのでしょう。

西畑大吾の演技が上手いと言われる4つの理由!

西畑大吾さんの演技が上手いと言われる理由について、順番に見ていきましょう。

演技初挑戦から上手い

西畑大吾さんのデビュー作となったのが、NHK朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」です。

西畑大吾さんは、ヒロインの杏さん演じる卯野め以子と、東出昌大さん演じる西門悠太郎の間に生まれた次男で、料理人を目指す西門活男役を演じていました。

西畑大吾は海軍で料理修行をするため、家族の反対を押し切り入隊するのですが、最終的に戦死してしまうという悲しい役でした。

演技初挑戦だった西畑大吾さんですが、その演技力に、視聴者から高い評価を得ています。

西畑大吾さんは当時まだジャニーズJr.で、知名度も低かったのですが、幅広い年齢層に知られることとなりました。

「兵隊さんのごちそうさんになりたい」と、泣きながら入隊するシーンは、もらい泣きした人も多いと思います。

この演技が素晴らしすぎて、『ごちそうさん』をきっかけに、西畑大吾さんのファンになったという視聴者もいたほどです。

泣きの演技が上手い

西畑大吾さんは、2021年4月5日放送の「教えてもらう前と後 2時間スペシャル」に出演した際、即興で魅せた泣きの演技が上手い!と話題になっていました。

この番組の中で、期待のジャニーズたちが紹介され、西畑大吾さんは「演技力が注目されているジャニーズ」として紹介されています。

「怒っている時」「悲しい時」「大好きだよ」「いつもありがとう」というカードの中から選び、組み合わせて演技をするというコーナーがありました。

西畑大吾さんが引いたのは、「悲しい時の」「いつもありがとう」という組み合わせで、すぐに涙をうかばせながら演技を披露します。

その演技力に、スタジオからも驚きの声があがっていました。このとき西畑大吾さんは、悲しい演技をするため、ジャニーさんとお別れしたときを思い浮かべたそうですよ。

即興でこれほどの演技ができるというのは、天才肌といってもいいかもしれないですね。

業界関係者からの評価が高い

二宮和也さんと共演した「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」では、天皇の料理番の調理助手・鎌田正太郎役として出演していました。

滝田洋二郎監督は西畑大吾さんについて、「すごくすごく勘がいい」「まっすぐでいい芝居をする」と、絶賛していました。

共演者の西島秀俊さんも「リハの時から号泣していてすごい」「料理の勉強もずっとやっている」「集中力がすごい」と、べた褒めしていました。

『映画 少年たち』の本木克英監督も、「勘が良い」「目力がすごい」と、その演技力と、目の魅力について絶賛していました。

このように、プロの目から見ても、西畑大吾さんの演技力は優れているということですね。

サイコパスな演技もできる

2021年1月3日、4日に放送された木村拓哉さん主演ドラマ『教場2』。

西畑大吾さんは、風間公親教官に指導を受ける警察学校の生徒・樫村卓実役を演じていまうす。

明るい笑顔と裏腹に、サイコパスな一面を持つ生徒で、不気味な笑顔はまさにサイコパスそのものでした。

これだけふり幅が広い西畑大吾さんは、サイコパスな役を演じる際、「あまり特別なことははせず、その場の作り上げていった」と語っています。

まさに天才肌で、ポテンシャルが高すぎますね・・・!

普段はアイドルとして可愛い笑顔の西畑大吾さんですが、演じるときは別人で、視聴者からは絶賛の声が上がっていました。

ドラマのプロデューサー・西坂瑞城さんからも、「”人をとりこにする”才能を感じました」と、評価しています。

目の動きや表情で、どんな役でもこなすことができるのですね。




西畑大吾の演技力についてネットの声は?

西畑大吾さんの演技力については、ネット上でも高評価のようです!



まとめ

今回は、西畑大吾さんの演技力について、紹介しました。

デビュー時からその演技力が絶賛されており、どんな役でもこなせる天才肌のようです。

西畑大吾さんは「ポスト二宮和也」と呼ばれており、演技が上手く将来が楽しみですね!

これからの活躍にも注目ですね。最後まで御覧いただきありがとうございました。