芸能人

【動画】神宮寺勇太の歌が上手くなった!いつから上手くなったのか動画で比較検証!

King&Princeといえば、『シンデレラガール』でデビューするやいなや、爆発的な人気を獲得していますよね。

キンプリの中でもしっかり者のイメージがある神宮寺勇太さんですが、歌が上手くなったともっぱらの話題です。

今回は、神宮寺勇太さんの歌が上手くなったという噂について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

神宮寺勇太は歌がうまくなった!

もともと歌にコンプレックスがあった神宮寺勇太さん。最近は歌がうまくなった!と話題のようです。

苦手な歌を克服するために、自費でボイストレーニングに通っていたほどで、かなりの努力家なんですね。

神宮寺勇太さんの声は高すぎず低すぎず、とても透明感あふれるキレイな歌声をしています。

舞台への出演や、肉体改造のおかげで、声量もあると思います。

キンプリのメンバーは、皆それぞれ声に特徴があるのですが、神宮寺勇太さんはそれをうまくまとめている印象です。

しかし、神宮寺勇太さんに限らずなのですが、生歌のときは少々不安定で、ひやひやすることもあるようです。

しかし、ボイトレに通っていた効果もあってか、デビュー当時より歌が遥かにうまくなったのはわかります。

やはり努力と向上心は、裏切らないんですね!

キンプリは、リーダーの岸優太さんが歌唱力を絶賛され、次いで平野紫耀さん、その次に神宮寺勇太さんと言われています。

キンプリ自体が他のジャニーズアイドルと比べても、歌が上手なメンバーが多く、歌うまランキングはファンでも意見が割れがちだそうです。

そのため、最終的には好みの問題になるようですね。

また、神宮寺勇太さんはラップが非常に得意で、「ドリームボーイズ」で培った声出しが武器です。

神宮寺勇太が歌が上手くなったのはいつ?

神宮寺勇太さんの歌が上手くなった過程を、動画で見ていきましょう。

デビュー時

2018年にデビューしたKing&Prince。

デビュー曲では、神宮寺勇太さんも音程を外してしまうことが目立っていたようです。

ただ、ジュニア時代からボイトレに通ったりと努力していたので、最初から上手い!という意見もありました。

歌番組に出ると度々登場するのが、「口パク疑惑」ですが、キンプリはほとんど聞こえてきません。

口と音源がずれていたり、口元がアップになると「歌っていないのでは?」と思う人が多いみたいで、メンバー全員が生歌とはたしかに限りません。

しかし、神宮寺勇太さんを含め、皆さん歌が上手いですよね。

2019年

神宮寺勇太さんのソロ曲です。とても優しい声で、高音もキレイに声がでています。

向上心と行動力が備わっている神宮寺勇太さんですから、デビュー当時よりもかなり歌が上手くなっています。

楽曲にあわせて、力強く歌う時もあり、優しく歌うときもあり・・・・気持ちがとてもこもっていますね。

2020年

神宮寺勇太さんが歌が上手くなったと言われるようになったのは、2020年頃のようです。

歌番組に出演する機会も増え、数をこなしたことも関係しているのでしょうね。

2021年の紅白歌合戦でも、生歌を披露していましたが、最近のキンプリは全員口パクのときもあるようです。

音源より少し音程がずれているかな?というときは生歌のようですね。

現在

デビュー当時から比べると、ずいぶん歌が上手くなった印象ですね。

生歌だとやはり音程が安定しないときもあるようですが、緊張しやすいということもあるかもしれません。

現在では歌い出しなど、重要な歌割りを任せられたり、確実に成長しているようですね。

キンプリのコンサートは、神宮寺勇太さんが演出を担当しているそうで、そのプロデュース力も魅力です。

King&Princeの中ではラップパートを担当することが多く、しっかり見せ場を作るところもかっこいいですね。




まとめ

今回は、神宮寺勇太さんの歌が上手くなったという噂について、紹介しました。

デビュー時は音程が安定しないことも多かったようですが、最近はみるみる上手になっています。

自費でボイトレに通ったりと努力家な一面もあり、その努力が実ったのでしょうね。

これからの活躍にも注目ですね。最後まで御覧いただきありがとうございました。