ヘアースタイル

【エルピス】長澤まさみのセンター分けショートが素敵!真似するオーダー方法やセット方法

女優の長澤まさみさんといえば、黒髪ショートヘアが神がかっていて可愛い!と話題ですよね。

ドラマ「エルピス―希望、あるいは災い―」で主演を務めることが発表され、再び長澤まさみさんのショートヘアに注目が集まっています。

今回は、長澤まさみさんの髪型について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

【エルピス】長澤まさみのセンター分けショートが素敵!

長澤まさみさんは、10代・20代のころはロング~ミディアムヘアのときもありましたが、現在はショートヘアのイメージが強いですよね。

「エルピス」で披露する髪型も、前髪センター分けのショートカットのようです。

バッサリと大胆にカットされており、小顔な長澤まさみさんにぴったりです。

長澤まさみさんの前髪は、基本的にセンター分けですが、左右どちらに分けても違和感ないようにカットされています。

ボーイッシュになりがちなショートヘアですが、長澤まさみさんの場合は、女性らしくてセクシーな印象です。

長澤まさみさんのような、ツヤ感のある黒髪ショートは、ぜひ真似したいですよね。

真似する際は、前髪の分け目をジグザグにして、頭皮が透けないようにすると、こなれ感が出てきます。

髪型で人の印象は大きく変わりますが、やはり重要なのが前髪ですよね。

長澤まさみさんはナチュラルな分け目で、ザ・センター分けとは違い、かっちりしている印象ではないです。

程よい抜け感があるのが、この髪型の特徴ですね。

長澤まさみのショートヘアが可愛い!モテキ、コンフィデンスマン、ドラゴン桜の髪型を真似するオーダー方法を徹底解説女優の長澤まさみさんといえば、そのショートヘアスタイルがとっても可愛い!と話題ですよね。 特に黒髪ショートはファンの間でも評判で、真似...

【エルピス】長澤まさみのセンター分けショートを真似するオーダー方法

長澤まさみさんのショートヘアは、前髪を目に届くくらい長めにカットし、センター分けにしているのがポイントです。

毛量は多めで、かきあげやすい前髪になっており、大人っぽく見えるシルエットになっています。

サイドはボリュームを出して、耳たぶあたりでカットしています。

後ろは襟足が見えるまでカットしており、頭の形に合わせて丸いシルエットになっています。

長澤まさみさんはエアリー感がでる絶妙なくせっ毛をしており、ナチュラルで重たくないのも特徴です。

長澤まさみさんの「ワンレン×黒髪ショート」は、「ハンサムショート」とも呼ばれており、大人っぽい印象を与えます。

トップの髪の毛が短すぎず、耳にかけられるショートなので、変幻自在にアレンジもできます。

前髪を長めに残すと、基本的に誰にでも似合うショートヘアになるので、男性ウケも良く真似しやすいです。

オーダーする際は、

  • 前髪の長さを目にかかるくらい長めにカット
  • サイドは、耳たぶあたりでカットしてボリュームを出す
  • バックは、襟足が見えるくらいカットする
  • ヘアカラーは黒かラベンダー系、グレージュ系

この辺をおさえていれば、長澤まさみさんのショートヘアに近づけるでしょう。

大人っぽくてクールなイメージの、黒に近いブラウンに染めるのも、素敵ですね。




【エルピス】長澤まさみのセンター分けショートのセット方法

長澤まさみさんのショートヘアのセットは、なんといっても前髪が重要です。

真ん中に近いセンターパートで分けるのが特徴です。

前髪はぺたっとさせるより、少し立ち上げるのがオシャレですね。

ドライヤーでブローするよりお、アイロンで軽く巻くほうが楽ちんです。

もし完全に真ん中で分けるセンターパートに抵抗がある場合は、左右どちらかで分けると良いでしょう。

センター分けは、モード感が強すぎたり、極端に地味な印象になることもあります。

完全に真ん中ではないほうが、こなれ感やお洒落さを演出できあす。

そして、髪の質感も重要です。長澤まさみさんのショートヘアは、濡れているかのようなウェットヘアが特徴です。

ここ数年はツヤ感のあるウェットヘアがトレンドとなっており、簡単に艶髪になれるスタイリング剤が販売されています。

黒髪はウェット系のスタイリング剤と相性抜群ですから、揉み込むだけで、お風呂上がりのような濡れ髪に変身できます。

スタイリング剤は、ワックスタイプかオイルタイプを使うと良いでしょう。



まとめ

今回は、長澤まさみさんの髪型について、紹介しました。

センター分けの黒髪ショートは、長澤まさみさんのシンボルのような髪型ですね。

ショートはハードルが高いように思えますが、しっかりオーダーしてセットすると、意外に真似しやすくなっています。

これからの活躍にも注目ですね。最後まで御覧いただきありがとうございました。