芸能人

【動画】松下洸平の歌が微妙だと言われてしまうのはナゼ?本当に下手なのか動画で徹底解明!

今や俳優として台活躍中の、松下洸平さん。様々な作品に出演していますが、実は歌手としても活躍しています。

もともと松下洸平さんは歌手志望だったということですが、歌が微妙という噂は本当なのでしょうか?

今回は、松下洸平さんの歌唱力について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

【動画】松下洸平の歌は微妙?

松下洸平さんは母親が画家で、幼い時から芸術と音楽に慣れ親しんできました。

高校は美術系の学校に進学したのですが、音楽に目覚めて、音楽の専門学校へ進学します。

そして、2008年には曲に合わせて絵を描きながら歌う「ペインティング・シンガーソングライター」として活動をスタートしました。

「洸平」名義でライブ活動を行い、「STAND UP!」でCDデビューを果たしています。

2009年までは歌手活動をしていたのですが、2009年にBROADWAY MUSICAL『GLORY DAYS』に出演したことで、お芝居の楽しさに目覚めます。

そして、歌手活動を一度休止し、舞台をメインに活動していました。

その後、2021年から再び歌手活動をスタートさせたのです。

世間でも、「歌上手い」「声がかっこいい」と、松下洸平さんの歌は絶賛されているようですね。

俳優ではなく、歌手が先だったことは、あまり知られていなかったようですね。

バラードが多いようですが、「KISS」のように、ポップで軽快なリズムの曲も得意のようです。

また、もともとピアノはやっていなかったのですが、音楽劇「魔都夜曲」のために練習したことで、習得したそうです。

やはり音楽の才能があるのですね!

【動画】松下洸平の歌が微妙だと言われてしまう理由

松下洸平さんの歌はぜっさされていますが、中には「微妙」という声もあるようです。

2021年に歌手活動を再開し、8月には「つよがり」を発表し、ビターな大人の色気を醸し出していますが・・・

歌手だったことを知らず、松下洸平さんをあまり好いていない人が、「下手」と言っている印象でした。

ファンでも歌だけは・・・という意見もあるので、好みの問題でしょうが・・・

また、「音程が外れている」「声量が無い」という声もあがっているようです。

松下洸平さんが歌っているのは、難しい曲がゆえに、生歌だと音程が外れているように聞こえてしまうかもしれません。

甘くささやくような歌声なので、その歌い方が「声量がない」と感じる人がいるかもしれません。

ミュージカルにも出演していたので、声量がないということはあり得ないと思いますが・・・

甘い声がゆえに、「声が小さくてキレがない」という意見もありました。そのささやくような歌声は、好き嫌いが分かれるようですね。

しかし、いざライブとなると、キレキレの歌声やダンスを披露しているそうです。このギャップが、ファンからするとたまらないのでしょうね。




【動画】松下洸平の歌が本当に微妙なのか動画でチェック!

松下洸平さんの声はとても心地よく、透き通っている甘い歌声だと思います。

感情が込められているのも伝わってきますし、ずっと聞いていたくなりますね。

バラエティー番組で歌うときは、音程が外れてしまうこともあるようですが、基本的にはとても歌が上手だと思います。

松下洸平さんの、ストレートで一生懸命な歌い方も、とても好感が持てますね。

松下洸平さんの歌はバラードが多いのですが、歌い方もずっと同じ音量で、あまり抑揚が無いようです。

松下洸平さんは幼少期から、芸術に慣れ親しみ、高校3年生の時に「天使にラブソングを2」に触発され、本格的に歌を始めたようです。

高校卒業後は「東京ミュージックアンドメディアアーツ尚美」に進学し、ヴォーカル学科を専攻していました。

また、井の頭公園で路上ライブをしていたこともあったそうですよ。

「誰が聴くんだよこの歌」と、くすぶっていたこともあったそうですが、今では立派に歌手活動を再開しています。

「松下洸平は歌が下手」というのは、好みの問題で、「歌がうまい」という評価のほうが多く存在しました。



まとめ

今回は、松下洸平さんの歌唱力について、紹介しました。

甘くささやくような心地よい歌声で、聞く人を癒してくれる魅力的な歌手であることが分かりました。

好みによって評価は分かれるようですが、「歌が上手い」という意見のほうが多いようです。

これからの活躍にも注目ですね。最後まで御覧いただきありがとうございました。