芸能人

森愁斗の出身高校や大学はどこ?デビューのきっかけや経歴、プロフィールまとめ

TikTokを中心に、若者から人気を集めている、森愁斗さん。

ダンス&ボーカルグループ「BUDDiiS」のメンバーで、兄の森英寿さんとのYouTubeチャンネル「もーりー【アホと弟】」も人気ですね。

そんな森愁斗さんですが、どのような学生時代を過ごしてきたのでしょうか?

今回は、森愁斗さんの学歴について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

森愁斗の出身高校や大学はどこ?

森愁斗さんの出身高校は、現時点で公表されてないようです。

森愁斗さんは東京都出身なので、都内の高校に通っていたと思われます。

2021年3月17日、「BUDDiiS」の公式ブログにて、高校を卒業したことを報告しています。

先日!高校の卒業式がありました!いやー3年間短かったな
卒業生の方はもう卒業式終わっているのかな?まだの方もいるのかな?
今年度卒業生の方も卒業おめでとうございます!
またここからひとりひとり歩く道は違うと思うけど頑張って行こうね!
「BUDDiiS」公式ブログより引用

卒業式はスーツでばっちりキメおり、アクセサリーなども身に着けていることから、校則は緩めで私立の高校だった可能性がありますね。

森愁斗さんは「BUDDiiS」で、ローマ字の「SHOOT」名義で活動しています。

この「SHOOT」は、サッカーが好きで、中学・高校時代にサッカー部だったことから、名付けたそうです。

リフティングは苦手なのですが、特技もサッカーと公言しています!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

森 愁斗 SHOOT / BUDDiiS(@shoot_mori_official)がシェアした投稿

高校卒業後、大学に進学したという情報がないので、森愁斗さんは大学には進学せずに、芸能の仕事の専念していると思われます。

森愁斗さんは高校時代から「BUDDiiS」としてデビューしていますし、TikTokやYouTubeなども忙しく、学業と仕事の両立はとても大変だったでしょう。

森愁斗のデビューのきっかけ

森愁斗さんは2020年9月、スカウトされたことがきっかけで、ダンス&ボーカルグループ「BUDDiiS」としてデビューしています。

先に芸能活動をしていた兄・英寿さんのライブを見て、芸能界に次第に興味がわきます。

そして、高校2年生のときに兄に誘われ、一緒にダンスレッスンに通いました。

兄弟でダンスの練習をしているところを、TikTokに投稿したことがきっかけで、スカウトされたそうです。

2018年に自分でオーディションを受けて芸能活動を始めるまでは、美容師を志望していました。

直感で動く天然なお兄さんに対し、森愁斗さんは大人しく、人前に出るのは苦手なタイプだったそうですよ。

しかし、お兄さんに影響され、少しずつ行動力が上がったそうです。

高校2年生となると、進路を決める時期でもあるので、芸能界に入るかどうかはとても迷ったそうです。

やるからにはそれなりの覚悟がいる。ダンスや歌が好きだったので(グループに)入ることを決めたんですが、最初はすごく不安でした。
モデルプレスより引用

覚悟を決め芸能界に入ることを決めたのは、勇気ある決断でしたね。




森愁斗の経歴、プロフィールまとめ

  • 名前  :森愁斗(もり・しゅうと)
  • 生年月日:2002年9月18日(20歳)
  • 出身地 :東京都
  • 身長  :167cm
  • 血液型 :O型
  • 事務所 :スターダストプロモーション
  • 趣味  :ジーンズ、ギター、カメラ

スカウトがきっかけで芸能界入りを果たした森愁斗さんは、2020年9月に「BUDDiiS」のメンバーとなります。

森愁斗さんはダンス、ボーカルを担当しています。

2021年1月には、兄・英寿さんと一緒にYouTubeチャンネル「もーりー【アホと弟】を開設しました。

同年4月には、「ダウンタウンDX」に兄VTR出演し、6月にはEテレ「沼にハマってきいてみた」に出演します。

「もーりーしゅーと」は、兄のもーりーの天然ぶりや、弟しゅーとの冷静ぶりがウケ、TikTokで大人気となりました。

その後、「2021年TikTok上半期トレンドクリエーター部門」で大賞を受賞し、俳優としても活動を開始します。

2022年10月スタートのTBS火曜ドラマ「君の花になる」では、桧山竜星役でドラマ初出演を果たしました。

BUDDiisは11人組の男性ユニットで、ライブではオリジナルの楽曲も披露しています。



まとめ

今回は、森愁斗さんの学歴について、紹介しました。

高校時代から芸能活動を開始し、卒業後は大学に進学せず、芸能界に専念しているようです。

TikTokやYoutubeも人気を集めており、次世代のインフルエンサーとしての顔も持っています。

これからの情報にも注目ですね。最後まで御覧いただきありがとうございました。