芸能人

【画像】小芝風花が垢抜けて可愛くなった!いつから垢抜けたのかその過程を時系列でまとめ

女優として様々な作品に出演している、小芝風花さん。

10代のころから活躍し、可愛らしい印象が強い小芝風花さんですが、最近さらに「垢抜けた」「可愛くなった」と話題になっているようなんです。

今回は、小芝風花さんが可愛くなったという噂について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

小芝風花は垢抜けて可愛くなった!

小芝風花さんは、14歳の時にオーディションでグランプリを獲得し、芸能界デビューをしています。

最近その時と比較して、「顔が変わった」「可愛くなった」という声が多くあがっているようなんです。

子役時代から、『魔女の宅急便』などの話題作に出演し、女優として活躍している、小芝風花さん。

たしかに当時の写真と比較すると、幼いイメージがすっかりなくなり、大人っぽい大人の女性になりましたよね。

成長とともにあどけない少女から、綺麗な大人の女性へなったようですね。

もともと目鼻立ちがはっきりとした顔立ちで、原石のような少女でしたよね。

整形ではなく、痩せたことやメイクをマスターし、垢抜けたという印象ですね。

小芝風花はいつから垢抜けたのかその過程を時系列まとめ

小芝風花さんはいつからあか抜けたのでしょうか?その過程を順番にみていきましょう。

デビュー時

2011年11月13日、小芝風花さんが14歳のときに、『イオン×オスカープロモーション ガールズオーディション2011』に出場しました。

そこで見事グランプリを受賞し、晴れて芸能界デビューを果たします。

応募総数3万5000人という激選を勝ち抜き、グランプリを獲った小芝風花さん。武井咲さんとツーショットを撮っています。

とっても可愛らしいですが、まだあどけなくてこれからが期待される少女、という感じですね。

2014年「魔女の宅急便」(16歳)

2014年3月1日公開の映画『魔女の宅急便』で、主演のキキ役を演じた小芝風花さん。

当時はまだ高校生ということもあり、まだあどけない少女という感じですね。

清水監督は、「キキは野生児っぽい女の子にしたい」という要望があり、小芝風花さんはその言葉どおりに元気でエネルギッシュに演じていました。

デビューからわずか3年で主演をつとめた緒の作品で、「第57回ブルーリボン賞新人賞」「第24回日本映画批評家大賞新人女優賞」を受賞しました。

2016年「あさが来た」(18歳)

2016年に放送された、NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』。

このドラマで主人公の娘役を演じた、小芝風花さん。

一人の少女が大人の女性へと成長する演技を見せており、「朝ドラのもう一人のヒロイン」と言われていました。

小芝風花さんは、昔から演技力に定評がありましたが、いまいちブレイクし切れませんでした。

このときも抜群の演技力だったのですが、ディーン・フジオカさんの「五代さまブーム」や、吉岡里帆さんが注目を集め、小芝風花さんがブレイクするきっかけにはなりませんでした。

デビュー時と比較すると大人っぽくなっていますが、やはり現在のほうが垢抜けて可愛くなっていますね。

2020年「美食探偵 明智五郎」(23歳)

2020年4月12日~ドラマ『美食探偵 明智五郎』に出演していた、小芝風花さん。

成人を迎え、とても大人っぽくなりましたね。すでに現在の雰囲気と近く、とっても可愛いです。

「美食探偵 明智五郎」では、超変わり者の美食家探偵・明智五郎役を中村倫也さんが演じ、その相棒・小林苺役を小芝風花さんが演じていました。

デリカーを運転する移動弁当屋さん役だったので、自動車免許も取得したそうですよ。

この頃から小芝風花さんが注目され、「可愛くなった!」という声が大きくなりました。

現在(25歳)

現在の小芝風花さんです。とっても綺麗ですね!可愛さとキレイさを兼ねそろえた、魅力たっぷりの女優さんです。

髪型も大人っぽいですし、メイクもセクシーで真似したくなりますね。




小芝風花が垢抜けて可愛くなったのはメイク!?

小芝風花さんが、ここまで垢抜けて可愛くなった理由は、何のでしょうか?

やはり一番は髪型&メイクではないでしょうか。

小芝風花さんといえば、清楚な黒髪がトレードマークでしたが、2020年ごろに明るい茶髪にしています。

清純派の黒も可愛いですが、明るめの茶髪にすると、とても垢抜けた印象になりますね。

また、小芝風花さんは瞳が茶色で色素が薄いので、茶髪にして雰囲気がガラッと大人っぽくなりました。

さらに、痩せて顔がスッキリしたのも大きいでしょう。

以前は丸顔でふっくらしていた印象ですが、20歳ごろから輪郭がスッキリして、とても可愛いです。

成長とともに顔のお肉が落ちて、スッキリした感じですね。

10代のころのメイクはかなり薄めで、超ナチュラルだった小芝風花さん。

最近では赤リップを使ったり、地雷メイクだったり、トレンドを取り入れて様々なメイクをしています。

メイクで印象がかなり変わるので、小芝風花さんのメイクを真似したいという人も増えているようですね。

そして、小芝風花さんは2020年に、コスメブランド『CANMAKE』のイメージモデルに抜擢されています。

あまりメイクのイメージがなかったのですが、このことでメイクをする機会が増えたようです。

もともと、今トレンドの「色素薄い系女子」だった小芝風花さんは、メイクもあわさって流行りの顔になったのですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

小芝風花(@fuka_koshiba_official)がシェアした投稿

透明感が際立ち、血色感のあるメイクもハマり、より華やかな印象に変わりました。

小芝風花さんはInstagramで、メイクアイテムを紹介しています。今後、若い女性たちの「なりたい顔」になるのでしょうね。



まとめ

今回は、小芝風花さんが可愛くなったという噂について、紹介しました。

10代はあどけない可愛らしさがありましたが、20代になり、一気に大人の魅力的な女性に変わっていきましたね。

髪色やメイクが変わったことで、ぐっとあか抜けたのだと思います。

これからの情報にも注目ですね。最後まで御覧いただきありがとうございました。