芸能人

吉沢亮の高校時代は黒歴史だと言われる理由!中学時代のモテっぷりはヤバかった!

吉沢亮さんといえば、多くのドラマや映画に出演しており、その演技力とイケメンっぷりが絶賛されていますよね。

しかし意外にも、高校時代が黒歴史と言われているようなんです!

今回は、吉沢亮さんの高校時代について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

吉沢亮の高校時代が黒歴史なのはなぜ?

吉沢亮さんは中学生までモテていたのですが、高校で一気にモテなくなってしまったそうです。

高校は中学時代の友達がいない学校に進学したそうで、もともと人見知りだったこともあり、友人が2、3人しかいなかったとか。

しかし、「どうしてもモテたい」という気持ちが強く、目立つために学園祭で女装することに。

ギャルにメイクをしてもらって、すね毛を剃ってスカートをはいたそうです。

しかし、膝から上は筋肉質な太ももをしており、その毛を剃っていなかったので、中途半端で気持ち悪い女装になってしまったとか。

「リアクションは良かったんじゃないの?」と聞かれると吉沢は「誰も見てなくて仲良い3人ぐらいで盛り上がっていました」と仲間内だけで盛り上がる女装になってしまったと話した。
モデルプレスより引用

吉沢亮さんは東京都立府中高校出身で、芸能活動の関係で、2011年に日出高校芸能コースに転校しています。

17歳のときに、「仮面ライダーフォーゼ」へ出演したことで、芸能活動が多忙になったのですね。

高校入学時は成績も良く、学年6位くらいだったのですが、燃え尽きてしまったことで、一気に最下位まで落ちてしまったそうです。

意外にもスクールカーストの底辺にいた吉沢亮さんは、リア充に嫉妬し、『アイツ調子に乗ってんな』と、陰口を言いあう日々だったといいます。

その結果、女装するという行動に及んだそうですが、「あれは黒歴史です」と振り返っていました。

転校先の日出高校には、同級生に竹内涼真さんや、ENERATIONSの白濱亜嵐がいたそうです。とっても豪華ですね!

吉沢亮の中学時代のモテっぷりがヤバイ!

吉沢亮さんは昭島市立多摩辺中学校出身で、当時はかなりモテたそうです。

幼少期から内向的でおとなしい性格だった吉沢亮さんは、よく一人で遊んでいました。

母に言われて、小学1年生~9年間、剣道をしていたそうで、中学生ですでに二段の腕前でした。

関東大会では優秀賞に選ばれるほどでしたが、本人は剣道が嫌いで、母が怖いので仕方なく続けていたそうですよ。

中学時代は並行してバスケットボール部に入部し、キャプテンも務めていました。

イケメンでバスケ部のキャプテンとなると、モテるに決まっていますよね。

体育祭の応援団長や、合唱コンクールのリーダーをつとめたりと、クラスの中心的存在だった、吉沢亮さん。

中学入学後、わずか3日で告白され、学年の女子3分の1から告白されたそうです。また、卒業式には第2ボタンどころか、学ランごと女子たちに奪われてしまったとか。

自分でも「伝説くらいモテた」と回顧するほど、かなりのモテっぷりだったそうですよ。




吉沢亮の学生時代の画像まとめ

吉沢亮さんの学生時代を、写真で振り返っていきましょう。

中学・高校ともに、卒アル画像は無いですが、かなりイケメンであることが分かります。

吉沢亮さんは前述したように、ずっと剣道を習っていたのですが、お母さんがかなり厳しい方で、嫌々通っていました。

その反動からか、「部活くらいは好きなことをしよう!」と、バスケットボール部に入部したようです。

「中学まではどっちかというとイケイケというか。なんか、モテたくてしょうがないみたいな」と告白。
モデルプレスより引用

かなり目立つ存在だった吉沢亮さんですが、当時は親友の彼女に片思いをしていたため、告白はすべて断っていたそうです。



まとめ

今回は、吉沢亮さんの高校時代について、紹介しました。

中学時代は伝説級にモテた吉沢亮さんですが、高校時代は陰キャで黒歴史と自虐気味に語っていました。

剣道を習いつつバスケットボール部のキャプテンを務めていたそうで、モテないはずがないですね!

これからの情報にも注目ですね。最後まで御覧いただきありがとうございました。