芸能人

高橋恭平の歯並びが気になる!滑舌も悪いって本当?ガタガタなのに矯正しない理由を徹底調査!

デビュー1周年を迎え、ますますその人気に火がついている、なにわ男子。

デビューツアーも終え、新曲も好調と、とにかく絶好調。そんななにわ男子のイケメン担当、高橋恭平さんは、長身で小顔、圧倒的なビジュアルを誇っています。

そんな高橋恭平さんですが、歯並びや滑舌が指摘されているようなんです。

今回は、高橋恭平さんの歯並びについて、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

高橋恭平の歯並びが気になる!

YouTubeやテレビなど、今や様々な媒体でなにわ男子メンバーを見る機会がありますね。

そんな中、顔をアップで見ることもあり、高橋恭平さんの歯並びの悪さが気になる!という声があがっています。

上の歯は全体的にガタガタしていますし、左前歯が出ているのが気になってしまいますね。

また、笑うと下の歯がはっきり見えるので、かなりガタガタしている印象です。

小顔なので、顎が小さく、歯がきれいに並びきらずにガタガタになってしまったかもしれないです。

実際、高橋恭平さんは小顔すぎるので、歯をきれいにおさめるためには、歯を何本か抜かなければならないようです。




高橋恭平は滑舌も悪い?動画で検証!

天然キャラで、少しおバカなところもある、高橋恭平さん。

実は歯並びのみならず、話し方も気になるという声が上がっています。

たしかに少し舌っ足らずで、聞き取りづらい話し方をしているように思えますね。

ファンからは、「滑舌が悪いところもかわいい。」「そんなところも好き。」という声があがっています。

滑舌が悪い原因が、全て歯並びというわけではないのですが、少なからず関係してくるようです。

とくに「さ行」は、歯をすり合わせて発音しますし、「ま行」も唇をくっつけて発音するので、歯並びが影響するようです。

高橋恭平さんは今後、俳優としても意欲的に活動したいと思っているようなので、歯並びは早めに改善したほうがいいですね。

歯並びは見た目の印象だけではなく、舌や唇の動きや、あごの動かし方にも影響するので、滑舌が悪くなることもあるようです。




高橋恭平が矯正しない理由は?

高橋恭平さんは、デビュー以降も歯列矯正しないでいました。

高橋恭平さんは顔の大きさが縦20cm、横14.5cmの超小顔で、驚異の8等身と言われる抜群のスタイル。

顔も整っていてかっこいいので、『歯列矯正したらもっと完璧』と、もったいないという声も聞こえていました。

ただなにわ男子は全員が多忙すぎますし、歯列矯正に通うことは難しかったのかもしれません。

高橋恭平さんは「ありのままの自分が大好き」で、メイクもしないほどなので、歯列矯正もしなかったのでしょう。

ファンの間でも、顔が小さくて歯がきれいに収まりきらないところも、魅力的というファンがいます。

そんな中、高橋恭平さんが歯列矯正を始めたという噂が浮上しています。

なんと、マウスピース矯正のインビザラインを始めたようです。

芸能人なので、表側のワイヤー矯正だと目立ってしまいますし、マウスピースが正解でしょうね。

マウスピース矯正は、透明なマウスピース装置を使うので、最近流行りの矯正方法です。

透明なので、周囲に気づかれにくいのも特徴です。基本的に1日20時間以上装着することが必要ですが、外したいときに外せるというのも、メリットですね。

オーダーメイドのマウスピースを一定期間装着し、次のマウスピースに交換していくので、通院回数が少ないのも良いそうです。

ただ、治療にかかる費用は一般的な方法より高くなり、期間は2~3年から1年半程度のようです。

高橋恭平さんは、2022年9月頃から歯列矯正を始めているので、完了するのは2024年頃になりそうですね。

すでに高橋恭平さんの歯並びは改善されているようで、そのうち完全体となった状態を拝むことができそうです。



まとめ

今回は、高橋恭平さんの歯並びについて、紹介しました。

高橋恭平さんの歯並びは以前から指摘されており、歯並びが原因で滑舌が悪くなることもあるようです。

また、ついに歯列矯正を始めたようで、きれいにそろった歯を見るのが楽しみですね。

これからの情報にも注目ですね。最後まで御覧いただきありがとうございました。