芸能人

前田敦子は演技が上手くなった!?映画監督から絶賛される理由や世間の評価まとめてみた

AKB48時代は、不動のセンターとして君臨していた、前田敦子さん。

卒業後は、女優としてさまざまな作品に出演していますよね。

アイドル時代と比較して、演技が上手くなっている!という声が多くあがっているようです。

今回は、前田敦子さんの演技力について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

前田敦子は演技が上手くなった!?

アイドル時代には、お世辞にも演技が上手いとは言えなかったと酷評される、前田敦子さん。

2011年に出演した、「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011」は、かなり批判されていましたね。

前作が堀北真希さん主演で大ヒットしたこともあり、比較されてビジュアルまで酷評されていました。

「やっぱり演技下手」「アイドルだから演技力は無い」などと言われていました。

また、声やセリフ回しが嫌い、苦手という声もあり、前田敦子さんは演技が下手、と言われていた時代です。

ところが、アイドル卒業後は、その評価がうなぎのぼりとなっています。

映画「イニシエーション・ラブ」

2015年公開の映画「イニシエーション・ラブ」。

小説がもととなっており、恋愛ストーリーでありながらも、どんでん返し具合がミステリー、とも言われている作品です。

この作品で前田敦子さんは、主人公の恋人役を演じています。

これまでの演技が不評だったので、公開前は「前田敦子かあ・・・」と、散々ないわれようでした。

しかし、いざ公開されてみると、手のひら返しのように高評価を得たのです。

本作ではラブシーンにも挑戦しており、体当たりの演技も高く評価されました。イメージを見事に脱却した、作品ですね。

ちなみに、非喫煙者だったものの、役作りでたばこを吸い始め、堤幸彦監督から「本当に吸ってるんじゃないか」と言われるほどだったそうですよ。

ドラマ「イチケイのカラス」

前田敦子さんがゲスト出演した、竹野内豊さん主演のドラマ「イチケイのカラス」。

1歳半の娘を持つ母親を演じ、我が子が泣き止まないことで激しく揺さぶりケガを負わせる、という傷害事件を起こすという難役でした。

前田敦子さんはこのオファーアが来た際、やるべきかどうか悩んだそうですが、見事な演技でした。

「目の演技がうますぎる」と、賞賛の声が挙がっていましたね。




前田敦子は演技が映画監督から絶賛される理由

前田敦さんは、映画監督からも演技力を絶賛されています。

三木聡監督

成田凌さん主演の映画「コンビニエンス・ストーリー」。

スランプ中の若手脚本家・加藤(成田)が、なんでも見つかるコンビニに迷い込み、怪しい人妻と出会うというストーリー。

人妻・惠子役を演じた前田敦子さんは、監督から、「芝居をやらせると本質にスパーンとたどり着く」と絶賛していました。

また、日本女優として規格外で、“世界のマエアツ”と、かなりの高評価だったそうです。

大根仁監督

「恋の渦」などで知られる大根仁監督は、映画「苦役列車」の前田敦子さんを見て、「原田知世が登場した時のようなインパクト」「映画女優の誕生」と絶賛しています。

廣木隆一監督

映画『さよなら歌舞伎町』の廣木隆一監督。

歌舞伎町のラブホテルでの1日を描いた群像劇で、「強さと弱さの両極を持ってる。カメラが近くにあっても、動じない凄さがある」と評価しています。

黒沢清監督

黒沢清監督作品の常連である、前田敦子さん。

『Seventh Code』『散歩する侵略者』などに出演し、「女優になってくれてよかった。女優に興味がないといわれたら、日本の映画界の大損失だった」と絶賛されていました。

また、前田敦子さんは、多いときに月40本以上も映画を鑑賞するそうで、その努力が演技力に結びついているのですね。

堤幸彦監督

映画『もらとりあむタマ子』で、『苦役列車』に続き、2年連続日本映画プロフェッショナル大賞を受賞した、前田敦子さん。

堤監督は前田敦子さんについて、「この人は女優として最終兵器!」と絶賛されていました。

監督にとって前田敦子さんは、「変に演技しない」のが、稀有な存在のようですね。

どんなに演技の技術を磨いても「普通っぽさ」を出すことは難しいので、それこそが強みということですね。

ほかにも、犬童一心監督や山下敦弘監督、中田秀夫監督らが、前田敦子さんを高く評価しています。




前田敦子の演技について世間の評価

 

前田敦子さんの演技については、世間でも高く評価されていました。

以前のアイドルのような演技ではなく、幅広い役を演じることができる、素敵な女優さんになってきているのでしょうね。

 



まとめ

今回は、前田敦子さんの演技力について、紹介しました。

前田敦子さんはAKB48時代、演技が酷評されていましたが、近年の評価はうなぎのぼりのようです。

いい意味で「普通っぽさ」を演じることができるので、映画界では希少な存在のようですね。

これからの情報にも注目ですね。最後まで御覧いただきありがとうございました。