当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
恋愛事情

桜井和寿と吉野美佳の出会いは合コン!馴れ初めは不倫からの略奪婚でドロドロ!

超人気ロックバンド「Mr.children」のボーカル・桜井和寿さん。

ミスチルの愛称で親しまれ、1990年代を代表する音楽グループとなりましたよね。

そんな桜井和寿さんですが、妻の吉野美佳さんとの馴れ初めが話題になっているようです。

今回は、桜井和寿さんと吉野美佳さんの馴れ初めについて調査しました!

ぜひ最後まで御覧ください。

桜井和寿と吉野美佳は不倫からの略奪婚でドロドロ!

フライデー

桜井和寿さんと吉野美佳さんは不倫からの略奪婚でした。

ミスチルは1992年5月10日、ミニアルバム「EVERYTHING」でメジャーデビューしています。

1993年にリリースの4thシングル「CROSS ROAD」がミリオンセラーとなり、翌年には5thシングル「innocent world」でオリコン1位を獲得しました。

一躍人気アーティストとなったこの年に、桜井和寿さんは最初の結婚をしています。

当時、所属事務所「トイズファクトリー」の元社員だった「ゆかり」さんと結婚し、その年の10月に第一子となる長女が誕生しました。

ゆかりさんは、ミスチルの売れない時代を支えてくれた恩人のような存在だそうです。

しかしその後、桜井和寿さんは元グラビアタレントの吉野美香さん不倫の末、再婚しています。

吉野美佳さんはグラビアアイドル5人組グループの「ギリギリガールズ」として活動し、セクシー担当をしていました。

ギリギリガールズ自体はそこそこブレイクしたそうで、当時大人の男性の間で人気を集めていました。

吉野美佳さんは桜井和寿さんとの結婚を機に、芸能界を引退しています。

ツイッター

「ギリギリガールズ」時代は、「ギルガメッシュないと」「人生は上々だ」といったバラエティ番組に出演していました。

もともとレースクイーンをしており、17歳の時には雑誌で吉野美佳さんの特集が組まれるほど、抜群の美貌を武器にしていました。

桜井和寿さんは1994年に前妻のゆかりさんと結婚するも、合コンで知り合った吉野美佳さんに一目惚れしてしまいます。

ゆかりさんとは公私共に一緒にいすぎたこともあり、家に帰っても心の安らぎはなかったのでは?と言われています。

2人の間に長女が誕生し、ほどなくして吉野美佳さんとの不倫がスクープされます。

2000年にはゆかりさんとの離婚が成立し、翌月に美佳さんと再婚しています。

不倫の末にスピード再婚したことで、当時桜井和寿さんはかなりのバッシングを受けていました。

元嫁のゆかりさんは売れない時代のミスチルを支えた方だったので、ファンはゆかりさんに励ましの手紙をたくさん送ったといいます。




桜井和寿と吉野美佳の馴れ初めを詳しく!

桜井和寿さんと吉野美佳さんの馴れ初めについて、順番に見ていきましょう。

馴れ初め

フライデー

桜井和寿さんと吉野美佳さんは、合コンがきっかけで出会いました。

当時吉野美佳さんは、ミスチルのマネージャーを務めていたゆかりさんと結婚していましたが、その生活はかなり息苦しいものだったそうです。

立場が立場だけに、家でも仕事の話をすることが多く、公私混交のバランスが崩れてしまったそう。

ゆかりさんはミスチルをメジャーデビューする前からマネージャーとして支えており、バンドの成功に貢献しました。

デビュー曲をもって多くの企業に挨拶回りし、タイアップを獲得した手腕の持ち主です。

そんなゆかりさんを差しおえ、吉野美佳さんと合コンで知り合ったということですね。

どちらからアプローチしたかは不明ですが、桜井和寿さんは吉野美佳さんの家に通いつめ、マンションから一緒に出てくるところをスクープされています

フライデー

吉野美佳さんが所属していた「ギリギリガールズ」は、1990年代にモーニング娘。の二番煎じで登場したアイドルグループでした。

吉野美佳さんは成人男性からの支持が強く、セクシー系アイドルが流行っていたこともあり、それなりに成功していたそうです。

もともと吉野美佳さんは、桜井和寿さん以外にも岡村隆史さんら有名人を合コンで狙っていたという噂がありました。

ギリギリガールズの仲間たちも、「昔から人のものを欲しがる子」と言っていたそうで、かなり世間のイメージが悪くなってしまったようです。

不倫スクープ

フライデー

結婚してすぐに吉野美佳さんと不倫関係となった、桜井和寿さん。

当時は週刊誌の餌食となり、かなりのバッシングを受けていました。

ファンの中には、父の帰りを待つゆかりさんと長女を心配して、ゆかりさんへ手紙を送っていた方もいたそうです。

桜井和寿さんは取材に対し「僕は、いい人なんかじゃない。自分のやっていることはわかってるつもり」と答えています。

しかし、吉野美佳さんへの思いは強く、「僕が帰る家は、彼女と一緒の家です。これからもずっと」と宣言しています。

自身の不倫騒動に関しては、周囲に迷惑をかけてることを気にしている様子でした。

「車を出て“全部話しますから彼女は勘弁してほしい。僕がいくらでも対応しますから”と、嵐のなかTシャツがビショビショの状態で頭を下げられたんですね。不倫をするのは男としてよくないことだと思いますが、その姿は悔しいけどカッコよく映ったんです」
(芸トピより引用)

悪いことは悪いと認めて、逃げも隠れもしないのが男気ということでしょうか。

吉野美佳さん側は特に何も語らず、そのまま芸能界を引退しています。

その後、ゆかりさんとの離婚が2000年に成立し、その一か月後に吉野美佳さんと再婚しています。

はやすぎる再婚に、またもや世間から批判を集めることとなりました。

豪邸建設

フライデー

桜井和寿さんは吉野美佳さんと再婚し、第二子が誕生した2003年、田園調布に豪邸を購入されていました。

その額なんと、7億円!敷地面積もかなりの広さだそうです。

第三子が誕生した2008年には、一度すべて解体し、改装して新築にしたそうです。

そこには、レコーディングスタジオや露天風呂もあるそうですよ。

さらに、2005年には吉野美佳さんの実家がある茅ヶ崎に、高級マンションを買っています。

3LDKのテラス付きでお値段は5000万。

吉野美佳さんの両親にプレゼントしたようで、すっかり愛妻家ですね。

また、山形県鶴岡市にも別荘を建設し、その値段なんと3億円!

そこにも、レコーディングスタジオが完備されているそうです。

2002年に桜井和寿さんがうつ病を発症した際は、その別荘で療養していたそうです。

また、2018年には世田谷区成城に新居を構えています。

お子さんたちが和光系列の学校に通っているので、通学の便を考慮したのかもしれませんね。




桜井和寿と吉野美佳の子供は?

ツイッター

桜井和寿さんには4人のお子さんがおり、うち3人が吉野美佳さんとのお子さんです。

  • 長女・優歌(ゆうか):1994年10月生まれ(29歳)
  • 長男・海音(かいと):2001年6月生まれ(22歳)
  • 次男・愛音(まなと):2003年4月生まれ(20歳)
  • 三男・奏音(そら) :2008年3月生まれ(15歳)

お子さんの名前に「歌」や「音」が入っているのは、桜井和寿さんの音楽への熱い思いなのかもしれません。

長女・優歌

フライデー

長女の優歌さんは、年齢的にすでに社会人になっていると思います。

しかし、一般人なので職業は不明でした。

優歌さんは母・ゆかりさんに引き取られていますが、旧姓には戻さず「櫻井」姓を名乗っています。

桜井和寿さんが不倫をしてる間、優歌さんはとても寂しい想いをしたそうです。

優歌さんはお父さんが帰って来なかった時に、ずっと「パパはどこ?」と聞いて回っていたそうです。

桜井和寿さんは優歌さんのことをとても気にかけており、2001年に「my sweet heart」という曲をリリースしています。

桜井和寿さんは娘さんとの面会日を「デート」と表現して、毎回楽しみにしていたそうですよ。

歌詞の内容を見てると、彼女っぽいフレーズもありながら、「お母さん」「知らない友達」というワードも出てきます。

また、ミスチルの名曲「優しい歌」も娘さんへの歌だそうです。

歌詞には、間接的に懺悔のようなメッセージが含まれています。

桜井和寿さんは、今でもMr.childrenのライブに優歌さんを招待しているそうですよ。

長男:海音

ツイッター

桜井和寿さんの長男・海音さんは、吉野美香さんの長男として生まれました。

2019年に芸能界に入り、俳優やアーティスト、モデルとして活動しています。

「海音」という名前は穏やかな波の音をイメージし、桜井和寿さんが名付けたそうです。

桜井和寿さんの才能を受け継ぎ、「インナージャーニー」というバンドでドラムを担当していました。

俳優としては、NHK朝の連続テレビ小説「エール」「アオハライド」などにも出演しています。

特技はサッカーで、桜井和寿さんの影響で幼い頃から東京ヴェルディのジュニアコースに所属していたそうです。

いつか親子共演が見てみたいですね!

次男・愛音、三男・奏音

フライデー

櫻井和寿さんの次男と三男については、ほとんど情報がありませんでした。

おそらく長男の海音さんと同じ、私立和光学園に通っていると思われます。



まとめ

今回は、桜井和寿さんと吉野美佳さんの熱愛について紹介しました。

不倫からの略奪婚で世間からバッシングを受けていますが、お子さん3人に恵まれるなどとても良好な関係のようです。

元妻との間に授かった長女とも時折面会しているようで、親子関係は決して悪くないようですね。

最後まで御覧いただきありがとうございました。