音楽

ワンオク「C.h.a.o.s.m.y.t.h.」の意味が泣ける!最後のhは三浦春馬だった!

ワンオク カオスミス 三浦春馬

2020年7月18日、俳優・三浦春馬さんが自宅で亡くなっているという悲しいニュースが飛び込んできました。

Twitterなどでは驚きと悲しみの声が相次いでおり、まだこの事実を受け止めきれない人が多いことでしょう。

そんな中、ONE OK ROCKのTakaさんが作詞を手掛けた曲「C.h.a.o.s.m.y.t.h(カオスミス)」が注目されているようです。

今回は「C.h.a.o.s.m.y.t.h」の意味と、三浦春馬さんとの関係について紹介します!

ワンオク「C.h.a.o.s.m.y.t.h.」の読み方と意味は?

「C.h.a.o.s.m.y.t.h.」は「カオスミス」と読み、2011年にリリースされたONE OK ROCKの曲です。

このアルファベットは有名人の名前の頭文字を1つずつ合わせているそうです。

「chaos=カオス」というのは「混沌」「無秩序」という意味で、「myth」は神話という意味になるそうです。

この2つを繋げると「無秩序神話」ということになり、当時まだTakaさんが社会人になる仲間へ向けて制作した伝説的曲なんですよね。

C.h.a.o.s.m.y.t.h.は誰を指している?

この「C.h.a.o.s.m.y.t.h.」の「h」は三浦春馬さんを指しているそうです!

  • C⇒ken call
  • H⇒H.ikeda
  • A⇒Atushi
  • O⇒Osamu mukai(向井理) 
  • S⇒Shouhei Miura(三浦翔平)
  • M⇒Momo
  • Y⇒Sintaro Yamada(山田親太朗)
  • T⇒Takeru Sato(佐藤健)
  • H⇒Haruma miura(三浦春馬)

このようにそうそうたるメンバーが含まれているのですが、Takaさんは非常に交友関係が広いことで有名です。

俳優、アーティストの仲間が多くいますので、そんな仲間たちのために作られた曲なんですね。

「C.h.a.o.s.m.y.t.h.」のPVに手の映像が映し出されますが、アルファベット順に本人たちの手が並んでいるかもしれませんね。

「h」は一番最後なので、一番右が三浦春馬さんかもしれません。

2011年はTakaさんが22歳~23歳、三浦春馬さんが20歳~21歳くらいの年齢ですね。

三浦春馬さんは堀越高校に通っており、Takaさんは「慶應義塾湘南藤沢高等学部」に通っていました。

高校を中退して音楽学校に行き、メジャーデビューを果たしています。

年齢的にも同級生では無い2人ですが、芸能界つながりで仲良くなったのかもしれませんね。




C.h.a.o.s.m.y.t.h.の歌詞と意味を解釈

『C.h.a.o.s.m.y.t.h.』(カオスミス)は、社会人になる友人に向けてのメッセージが込められています。

まるで手紙の書き出しのような出だしで、かつてお互いの夢を語り合った仲間たちが社会人になってなかなか会えなくなった・・・という風な始まりです。

夢を叶えても帰ってくる場所はここにある、離れていても仲間であることは変わらないというメッセージが込められています。

毎日全力で生きた、かつては夢もたわいもない話もすべて語り合い、すべてを共有し合った。

忙しくなってなかなか会えないけど、歌っていれば、僕の声が届く。僕の声=夢の象徴ともいえますね。

夢見るだけでなく、日々後悔がないように全力で生き、それぞれの道を歩んでいます。

別々の道に進むのはとても寂しいけど、夢を追い求める姿はとても素晴らしいものがある。

そんな若かりし頃のTakaさんの思いがひしひしと伝わってきますね!

 

まとめ

今回はONE OK ROCKのTakaさんが作詞した「C.h.a.o.s.m.y.t.h」と三浦春馬さんの関係について紹介しました。

社会人になる友達へ向けた曲「C.h.a.o.s.m.y.t.h」の「h」は三浦春馬さんのことだったようですね。

とても仲が良かった2人ですから、三浦春馬さんがこの世を去ったことは大変ショックだったことでしょう・・・

今後Takaさんも何かコメントするかもしれませんね。
本当にショックですが、心よりご冥福をお祈りしております。