音楽

3年A組の主題歌クロマニヨンズ「生きる」がドラマの内容と合ってなさすぎて笑える?歌詞の意味や解釈は?

クロマニヨンズ「生きる」 3年A組主題歌

2019年1月6日からスタートした菅田将暉さん主演のドラマ「3年A組~皆さん今日から、人質です」

第一話から最終回のようなストーリー展開に大反響!

ですが、ラストシーンの後に流れる主題歌が

ドラマと合ってない!

ギャップがありすぎる!

と話題になっています!

「3年A組」主題歌はクロマニヨンズの「生きる」

「3年A組」の主題歌「生きる」は、ものすごいアップテンポの曲

生徒が1人殺されて、シリアスなシーンで終わって、このアップテンポの曲が流れる…

確かにギャップがありすぎて笑ってしまいます(笑)

 

「3年A組」第一話の簡単なあらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

3年A組 ネタバレあらすじ感想
【3年A組】第一話ネタバレ感想!永野芽郁と上白石萌歌の百合物語だった?!2019年冬ドラマ「3年A組~今から皆さんは、人質です」が1月6日からいよいよ始まります! 鳴り響く爆発音。騒然とする生徒たち。...

3年A組の主題歌はクロマニヨンズ「生きる」歌詞の内容はドラマと合ってる?

クロマニヨンズの「生きる」はアップテンポすぎてドラマに合ってないけど、歌詞の内容がドラマに合っているんじゃないでしょうか?!

クロマニヨンズ「生きる」の歌詞の内容を見てみると、

ストーリーが進んでいくに連れて、どんどんわかってくる真実に

「探している答えは必ず見つかる」というメッセージが込められているような気がします。

それは、「自殺の真相」なのか「生徒たちが変わっていく未来」なのか…

 

また、「死がテーマになっているドラマ」なので、

前向きな「生をテーマにした主題歌」にしたのも意味があるような気がします。

 

ラストシーンが終わって、いきなり明るい曲が流れるのは確かにギャップがありますが

生徒たちが本当は仲がいい写真で演出されていて

そのギャップは心地良ギャップだと思いました!

クロマニヨンズ「生きる」の歌詞を見てみる

スポンサーリンク