音楽

ディーンフジオカ「Maybe Tomorrow」歌詞の意味を解釈!Mステ2時間SPで初披露!(僕キミ主題歌)

ディーンフジオカ MaybeTomorrow 僕キミ主題歌 Mステ

ディーン・フジオカさんの新曲「Mayby Tomorrow」

2019年1月スタートのテレ朝系ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」の主題歌になっています。

「Maybe Tomorrow」はディーン・フジオカさんがドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」のために書き下ろした曲

2019年1月18日のMステ2時間SPで「Maybe Tomorrow」を初披露されることでも話題になっています!

ディーン・フジオカさんの「Maybe Tomorrow」にの歌詞の意味を解釈してみました!

ディーンフジオカ「Maybe Tomorrow」曲が聞きたい!

「Maybe Tomorrow」は、フルの楽曲はまだ発表されていません。

2019年1月30日に発売されるディーンフジオカさんのニューアルバム『History In The Making』に収録されています。

 

ディーンフジオカさんは「Maybe Tomorrow」の曲調に関して

実は最初はバラードっぽい曲を作っていたのですが、それを一度白紙に戻して作り直して、こういった形になりました。跳ねた、スウィングするようなリズムで、生きていく強さを表現しています

余命短い男の子とそれを支える女の子の物語という若者の恋愛がテーマなんですが、暗くならない方が良く、何かしらの“天国感”を出したいなと考え、ブラスがガッツリ入って、スウィングしているビッグバンドっぽいサウンドにしてみました

とコメントしています!

 

こちらで一部試聴することができます!

スポンサーリンク


ディーンフジオカ「Maybe Tomorrow」歌詞の意味を解釈

ディーンフジオカ「Maybe Tomorrow」の歌詞はまだ公開になっていません

ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」のために書き下ろされた曲なので、ドラマのストーリーや主人公たちのの境遇に関係する王な内容になっているのではないかと思います。

「僕の初恋をキミに捧ぐ」の原作は漫画で、ストーリーは、20歳まで生きられない少年とその少年を全身全霊で愛する少女の物語

2009年に井上真央さん岡田将生さん主演で映画化されています。

 

ディーンフジオカさんは

二十歳までしか生きられないと言われた青年と、その運命に一緒に立ち向かった女の子。そんな、切なくも命の輝きを放つ物語の主題歌として“Maybe Tomorrow”を書き下ろしました。

力強く生きていく意思をイメージしたスイングのリズムに、夢の中の世界か現実の未来か、もしくは死後の世界か? その境目が分からなくなるようなユーフォリックなトラック。

『明日になったら、もしかしたら???』という、人生の意外性と可能性をテーマ にした楽曲です。

ドラマ本編とこの楽曲の世界観が掛け合わさり、より大きな感動を生み出すことが出来ればうれしいです

と語っています。

タイトルである「Maybe tomorrow」は、「明日になったら」「恐らく明日には」というような未来をイメージしたタイトルになっていて

限りのある未来を悲しむのではなく、前向きに生きたい、と思う主人公たちの気持ちを表しているのではないでしょうか。

スポンサーリンク



ディーンフジオカ「Maybe Tomorrow」をMステで初披露(動画)

2019年1月18日のMステ2時間SPで、「Maybe Tomorrow」をテレビ初披露されます!

応援のため、「僕の初恋をキミに捧ぐ」主演の野村周平さん、桜田日奈子さんが応援に駆けつけることになっています!

放送され次第追記していきたいと思います!

 

ディーンフジオカさんの生歌に関しては、こちらもどうぞ!

ディーンフジオカ 歌下手 Mステ
【動画】ディーンフジオカ歌下手すぎ?!テレビ出演動画で聴き比べてみた!日本だけでなく海外でも活躍している逆輸入俳優の先駆者でもあるディーンフジオカさん ドラマや映画などに多数出演している俳優ですが、実...

ディーンフジオカ「Maybe Tomorrow」みんなの声は?

スポンサーリンク



まとめ

ディーンフジオカ「Maybe Tomorrow」の歌詞の意味を解釈してみました!

Mステで初披露も楽しみです!

スポンサーリンク


 

公開日:2019年1月18日